映画監督の話

夜道(フリー素材)

深夜のテレビ番組で、その日の企画は怪談だったのですが、その話の中の一つに映画監督のH氏にまつわる話がありました。

ある時、H氏はスランプに陥っていました。

いくら悩んでも次回作のアイデアが全く浮かんできませんでした。

そんな中、自分宛てのファンレターの中に一つだけ目に留まった物がありました。

その内容は、「H氏の泊まっているホテルからこういう道順に進んで行けば石畳に出るから、その先に居る子供の後に着いて行けば、貴方の映画は完成する」といったものでした。

H氏は、その手紙の指示に従いました。

するとその手紙の内容通りの場所に石畳があり、その先には子供も居ました。

子供は奥のアパートの一室に入って行きました。

中に入るのに戸惑ったH氏は、窓の隙間からその部屋を覗いて見ました。

そこには子供の姿は無く、バスローブを着た女性が髪を梳かしていました。

暫くするとその女性の後ろから黒い影が現れ、刃物でその女性に襲い掛かりました。

それを見ていたH氏は急いで警察に連絡し、駆け付けた警官と共に部屋に入りました。

しかし部屋の中には誰も居らず、争った形跡もありませんでした。

警官はH氏に「映画の制作で疲れている所為で、何か見間違えたんじゃないですか?」と言い、その場を去って行きました。

数ヶ月後、H氏の映画は無事完成し、それは見事大ヒットしました。

その映画のヒットを祝うパーティーの最中に、H氏宛てのプレゼントが届きました。

何だろうと思い開けてみると、それは一本の映画のフィルムでした。

「早速、私に対する挑戦か?」と、その場に居た人達と一緒にそれを見てみました。

そこにはH氏の姿が映っていました。

『こんな映画に出た覚えはないぞ』と思いながら見ていると「はっ」と気が付きました。

「これは、ひょっとして数ヶ月前の…。そうか、まんまと騙されたという事か」

あの日の事を皆んなに話し、「監督の私が撮られている事に気が付かないとは」と笑っていた時、H氏に電話が掛かってきました。

「はい、Hですが」

「こちら○○○警察です。実はあの後、例のアパートを調べた結果、あの部屋の床下から身元不明の女性の白骨死体が出たのですが…」

関連記事

落ちていた位牌

寺の住職から聞いた話。近隣の村ですが、その村には立派な空家が一つあり、改装の必要なく住めるほど状態が良いものでした。近頃は都会の人が田舎暮らしを希望するIターンがはやり…

電車

溜まりやすい場所

高校一年生の時、電車でヤバそうなものに出会した話。当時ピカピカの新高校生だった俺は遠距離通学をしていて、2時間ある通学時間の内、殆どは電車に乗って過ごしていた。もちろん…

雑炊

妻の愛

ようやく笑い飛ばせるようになったんで、俺の死んだ嫁さんの話でも書こうか。嫁は交通事故で死んだ。ドラマみたいな話なんだが、風邪で寝込んでいた俺が夜になって「みかんの缶詰食…

観音開きの蓋

私がまだ小さかった頃に体験した話です好奇心旺盛だった私はよく馬鹿な事をして怪我をし、親に心配をかけるようなそそっかしい子供でした。その当時、私と家族は10階建ての団地の…

生き霊

母の会社の同僚の話。仮に村上さんとします。村上さんはいつからか、肩こりのようなものに悩まされていた。それまでは、そういった事に悩むような事は全く無かったそうです。若い時…

ワイン倉庫(フリー素材)

海外ホテルの心霊体験

20年くらい前かな。俺がフリーターをやっていた頃の話なんだけど、その当時ヨーロッパの方へ海外旅行に行ったんだよ。観光目的ではなく労働者ビザを取って2年くらい居たのかなあ…。 …

廃病院

廃病院での心霊体験

まだ俺が大学に居た頃だから、もう2、3年前になると思う。田舎を出て県外の大学に通っていた俺に、実家から「婆ちゃんが倒れた」と電話があった。昔から色々と面倒を見てくれてい…

死刑執行

A受刑者は、大量殺人を犯し、死刑が確定していた。それから数年。今日は、A受刑者の死刑執行日である。目隠しをしたA受刑者は、絞殺台に立たされる。「ガゴン!…

白い日傘

今から3年ぐらい前の話になります。僕は内装工事関係の仕事をしているのですが、その会社の社長と僕と同僚の計4人で仕事が暇になると、よくスキーに行ってました。僕達の会社は名…

生き人形

呪いの生き人形。稲川淳二氏が、テレビ等の心霊特集に欠かせない存在になった切っ掛けの心霊体験談がこれです。この話は稲川淳二氏自身は勿論、テレビ、雑誌、漫画等も未だに敬遠し…