映画監督の話

夜道(フリー素材)

深夜のテレビ番組で、その日の企画は怪談だったのですが、その話の中の一つに映画監督のH氏にまつわる話がありました。

ある時、H氏はスランプに陥っていました。

いくら悩んでも次回作のアイデアが全く浮かんできませんでした。

そんな中、自分宛てのファンレターの中に一つだけ目に留まった物がありました。

その内容は、「H氏の泊まっているホテルからこういう道順に進んで行けば石畳に出るから、その先に居る子供の後に着いて行けば、貴方の映画は完成する」といったものでした。

H氏は、その手紙の指示に従いました。

するとその手紙の内容通りの場所に石畳があり、その先には子供も居ました。

子供は奥のアパートの一室に入って行きました。

中に入るのに戸惑ったH氏は、窓の隙間からその部屋を覗いて見ました。

そこには子供の姿は無く、バスローブを着た女性が髪を梳かしていました。

暫くするとその女性の後ろから黒い影が現れ、刃物でその女性に襲い掛かりました。

それを見ていたH氏は急いで警察に連絡し、駆け付けた警官と共に部屋に入りました。

しかし部屋の中には誰も居らず、争った形跡もありませんでした。

警官はH氏に「映画の制作で疲れている所為で、何か見間違えたんじゃないですか?」と言い、その場を去って行きました。

数ヶ月後、H氏の映画は無事完成し、それは見事大ヒットしました。

その映画のヒットを祝うパーティーの最中に、H氏宛てのプレゼントが届きました。

何だろうと思い開けてみると、それは一本の映画のフィルムでした。

「早速、私に対する挑戦か?」と、その場に居た人達と一緒にそれを見てみました。

そこにはH氏の姿が映っていました。

『こんな映画に出た覚えはないぞ』と思いながら見ていると「はっ」と気が付きました。

「これは、ひょっとして数ヶ月前の…。そうか、まんまと騙されたという事か」

あの日の事を皆んなに話し、「監督の私が撮られている事に気が付かないとは」と笑っていた時、H氏に電話が掛かってきました。

「はい、Hですが」

「こちら○○○警察です。実はあの後、例のアパートを調べた結果、あの部屋の床下から身元不明の女性の白骨死体が出たのですが…」

関連記事

アカエ様

俺が小学校低学年の頃の話。と言っても、もう30年以上前になるけどな。東北のA県にある海沿いの町で育った俺らにとって、当然海岸近くは絶好の遊び場だった。海辺の生き物を探し…

消防隊員(フリー写真)

見知らぬお婆さん

もう15年も前の話。当時、俺は小田急線の経堂に住んでいて、夜中に城山通り沿いのコンビニまで夜食を買いに行った。自転車で城山通りを走っていて、コンビニ近くのバイク屋の前を…

小さな鍾乳洞

少し昔……と言っても15年以上前の話になる。俺の地元には小さな鍾乳洞がある。田んぼと山しかないド田舎だったので、町としても鍾乳洞を利用して観光ビジネスを興そうとしたらし…

駅(フリー写真)

ホームの下の窪み

京王線は現在、全駅禁煙になっていますが、まだ禁煙になっていなかった頃の話です。当時、府中駅の近くで働いていて、残業やら何やらで終電に乗る事になったんですよ。喫煙場所でタ…

狐の嫁入り

俺の実家は山と湖に囲まれた田舎にある。小学校6年の時の夏休みに、連れ二人と湖に流れ込む川を溯ってイワナ釣りに行く事になった。雲一つも無いようなよく晴れた日で、冷たい川の…

深夜のコンビニ

この話は、ある男がコンビニで深夜のアルバイトをしていた頃に起きた体験談である。そのコンビニは、深夜になるとほとんど客が来なくなる。俺は共にバイトをしていた大学の先輩と、…

二階の窓から

俺は昔、有名な某古本屋でバイトしていました。お客の家に行って古本を買い取る買取担当が主な仕事です。それである日、一軒の買取の電話が店に入りました。そこは店からだいたい車…

花(フリー写真)

連れて帰って来た子

小学3年生の時、友達の妹が亡くなった。医療事故とのことですが、詳細は不明。私もよく一緒に遊んでいたので、お葬式に行った。 ※ 家に帰ると、当時3才の弟が普段とは違う…

オカムロさん

うちは母方の血筋が強い親戚は兄を含めて霊感が強いんだが、自分は父方の血が強いのかあまりない。それで霊感が無いもんだから、怖い話特集とかの雑誌を、枕元に置いて寝る前に読むとか平気…

病院の廊下(フリー素材)

子供だけに見えるもの

旦那の祖父が危篤の時の話。連絡を受けて私と旦那、2歳の息子とで病院に向かった。もう親戚の人も来ていて、明日の朝までがヤマらしい。息子はまだ小さいので病室にずっと居る訳に…