映画監督の話

夜道(フリー素材)

深夜のテレビ番組で、その日の企画は怪談だったのですが、その話の中の一つに映画監督のH氏にまつわる話がありました。

ある時、H氏はスランプに陥っていました。

いくら悩んでも次回作のアイデアが全く浮かんできませんでした。

そんな中、自分宛てのファンレターの中に一つだけ目に留まった物がありました。

その内容は、「H氏の泊まっているホテルからこういう道順に進んで行けば石畳に出るから、その先に居る子供の後に着いて行けば、貴方の映画は完成する」といったものでした。

H氏は、その手紙の指示に従いました。

するとその手紙の内容通りの場所に石畳があり、その先には子供も居ました。

子供は奥のアパートの一室に入って行きました。

中に入るのに戸惑ったH氏は、窓の隙間からその部屋を覗いて見ました。

そこには子供の姿は無く、バスローブを着た女性が髪を梳かしていました。

暫くするとその女性の後ろから黒い影が現れ、刃物でその女性に襲い掛かりました。

それを見ていたH氏は急いで警察に連絡し、駆け付けた警官と共に部屋に入りました。

しかし部屋の中には誰も居らず、争った形跡もありませんでした。

警官はH氏に「映画の制作で疲れている所為で、何か見間違えたんじゃないですか?」と言い、その場を去って行きました。

数ヶ月後、H氏の映画は無事完成し、それは見事大ヒットしました。

その映画のヒットを祝うパーティーの最中に、H氏宛てのプレゼントが届きました。

何だろうと思い開けてみると、それは一本の映画のフィルムでした。

「早速、私に対する挑戦か?」と、その場に居た人達と一緒にそれを見てみました。

そこにはH氏の姿が映っていました。

『こんな映画に出た覚えはないぞ』と思いながら見ていると「はっ」と気が付きました。

「これは、ひょっとして数ヶ月前の…。そうか、まんまと騙されたという事か」

あの日の事を皆んなに話し、「監督の私が撮られている事に気が付かないとは」と笑っていた時、H氏に電話が掛かってきました。

「はい、Hですが」

「こちら○○○警察です。実はあの後、例のアパートを調べた結果、あの部屋の床下から身元不明の女性の白骨死体が出たのですが…」

郵便受け(フリー写真)

空き家に届く封筒

以前仕事で聞いたことを書いてみる。 あまり詳しく書くと職責に触れるので、結構改変するからフィクションとして見て欲しい。 ※ 郵便配達の仕事をしていた頃のある日、誰も居ない空き…

零の開発中に起きた怪奇現象

これまでホラーゲーム『零』シリーズは、絶対お祓いをしないというディレクターの柴田の信念がありました。 本当に恐いことが起こるゲームとしては、逆にお祓いをしては恐怖を逃すことになる…

プログラマーの残業

元同僚のプログラマーから聞いた話なんですが、彼女(A子とします)が以前勤めていた会社での体験です。 A子が転職する間際のことだったそうなんですが、退職間際になっても残案件が山積み…

昭和さん

私の地元は田舎で、山の中にある新興住宅街だった。新興と言っても、結局発展し切れなかったような土地だった。 私は山に秘密基地を作り、友達とよく遊びに行ったものだった。 ある日…

10円おじさん

10年程前に会った10円おじさんの話をします。 当時、高校を卒業したばかりで、仲間とカラオケに行きました。 一両や二両しかない電車の通る無人駅の傍にある小さなカラオケ店です…

シャワー(フリー写真)

誰かの髪

数年前、私は妹と東京で二人暮らしをしていました。 元々は二人別々に部屋を借りていたのですが、二人の家賃を合わせると一軒家が借りられるという事に気付き、都心から多少離れてはいるもの…

太平洋戦争

大東亜トンネル

これは自分が大学生だった時の話だ。 当時やんちゃだった自分は、よく心霊スポットに出かけていた。 ある日、遊び仲間の友達が「すぐ近くに幽霊トンネルがあるらしい」と教えてくれた…

幽霊ホテル

今から20年近く前の話です。 高校を中退した私は、アルバイト三昧の生活を送っていました。 学力至上主義の進学校に通っていたので、それまでの友人達との縁は完全に切れ、バイト先…

夜の池(フリー写真)

夜釣りでの恐怖体験

友人から聞いた話。 彼がヘラブナ釣りに嵌まり始めた頃のこと。 夜中に無性に竿が振りたくなり、山奥のため池へ出掛けたのだという。 餌の準備をしていると、向こう岸に誰かが…

狂った家族

今からお話しするのは自分の実体験で、何と言うか…まだ終わっていないというか…取り敢えずお話しします。 自分は23歳の男で、実家暮らしの介護士です。家族は父(52)、母(44)、弟…