記憶の中の友人

ホテル(フリー素材)

結婚式の衣装合わせで、某有名ホテルに行った時の事。

ロビーで偶然、中学時代の同級生に会った。

昔は凄く痩せていて病弱で、暗い女の子という印象だったが、今ではふっくらと普通の人になっている。

何よりよく笑い、よく喋る。

もっと驚いたのは、ホテルのスイートに泊まっていると聞いた事。

「上でお茶でも飲もうよ」

と言われるままに上階へ。

凄く良い部屋だったから最初はかなりビビったけど、落ち着いてよく見ると何か生活臭らしきものを感じた。

「え…まさかここに住んでるの?」

恐る恐る聞いてみても、彼女は笑っているばかりで何も答えない。

そう言えば、彼女は高級ホテルらしからぬ普段着を着ている。

とても浮いた感じがして、ロビーで見た時から違和感があった。

ルームサービスでお茶とケーキを頂き、そろそろ帰ろうという時、

「あ!そうそう、いいもの見せてあげる」

彼女は突然そう言うと、嬉しそうに奥のベッドルームに向かい部屋の鍵を開けた。

部屋の中は薄暗く、窓には厚手のカーテンが引いてある。

「ごめんね、電気点けない方がいいと思って…」

部屋の真ん中にベッドがあり、周りには医療器具のカートみたいなものが置いてある。

部屋中に汚れた脱脂綿みたいなものが散らばっていた。

ベッドには髪の長い裸の女の人がピクリとも動かず、背を向けて座っていた。

今だに混乱していて記憶が曖昧なのだが、大きなオムツをしていたような気がする。

その女性には腕が片方しか無いように見えた。

非現実的な光景を前に呆然と立っていると、すぐに部屋から押し出された。

「あの人は誰?」

率直にそう尋ねてみたが、

「うん、知り合いなの」

と彼女は笑うばかり。

急に自分が彼女の事を全く知らない事に気が付いて、凄く怖くなってしまった。

しどろもどろに別れの挨拶をして、逃げるように帰った。

彼女はあたふたする私を楽しんでいるような感じだった。

その後、何度もそのホテルに行かなければならなかったが、もう一度彼女を訪ねる勇気はとても無かった。

あれから色々考えたが、もし彼女が何かの犯罪に関わっていたなら、わざわざ私に知らせる訳は無いし、何かの事情があったのだと思う。

確か中学時代の彼女は、高齢の母親との母子家庭だった。

老いた母親の介護かとも思ったが、ベッドルームに居た女の人はどう見ても若い女の人だった。

関連記事

雪国(フリー写真)

無医村

爺ちゃんは当時、凄い田舎の山村に住んでいて、村にはあまり評判の良くない医者が一軒しかなかった。 ある時、爺ちゃんの知り合いの年配の男性が盲腸になり、仕方なくその医者に手術してもら…

少年のシルエット(フリー写真)

自称長男

警官をしている友人が、数年前に体験した話。 そいつは高速道路交通警察隊に勤めているのだけど、ある日、他の課の課長から呼び出されたらしい。 内容を聞くと、一週間前にあった東…

砂風呂

昔ね、友達と海に行った時の話なんだけど。 砂風呂をやろうとして、あんまり人目が多い場所だとちょっと恥ずかしいから、あんまり人気のない場所で友達に砂かけて埋めてもらったんだ。 …

下心

これは7年ぐらい前の話です。 高校卒業後、就職して初めての一人暮らし。 実家から徒歩30分程度の所で、まったく土地勘がない場所じゃなかった。 一人暮らしを始めて3ヶ月…

オノ

大学一回生の夏。私たちの間で心霊スポット巡りが流行っていた。 その日も友人A(女)と、Aの彼氏Bとその友人C(男)と4人で、関西で心霊スポットとしてはかなり有名な、U病院という廃…

お葬式

数年前、深夜の0時頃に、その頃付き合ってたSから電話が掛かってきた。 切羽詰まったような声と口調で、話の内容がいまいち理解出来ない。 外にいるみたいなので、取り敢えず家まで…

田園風景

くねくね – 秋田の怪談

これは私が幼少の頃、秋田県にある祖母の実家に帰省した際の出来事である。 年に一度のお盆の時期にしか訪れない祖母の家に到着した私は、興奮を抑えきれず、すぐさま兄と一緒に外へ駆け出…

顔を両手で覆う人々

人混みに紛れて妙なものが見えることに気付いたのは去年の暮れからだ。 顔を両手で覆っている人間である。ちょうど赤ん坊をあやすときの格好だ。 駅の雑踏の様に絶えず人が動いている…

山

土着信仰

俺の親の実家の墓には、明治以前の遺骨が入っていない。 何故かと言うと、その実家がある山奥の集落には独自の土着信仰があり、なかなか仏教が定着しなかったから。明治まで寺という概念すら…

蛇

ナール・ナーシュ

これは現在進行中の話。一応自己責任系に入るかもしれないので、読む方はその点ご了承の上でお願いします。 7~8年前、自分はパワーストーンに嵌っていて、色々集めていました。 集…