記憶の中の友人

ホテル(フリー素材)

結婚式の衣装合わせで、某有名ホテルに行った時の事。

ロビーで偶然、中学時代の同級生に会った。

昔は凄く痩せていて病弱で、暗い女の子という印象だったが、今ではふっくらと普通の人になっている。

何よりよく笑い、よく喋る。

もっと驚いたのは、ホテルのスイートに泊まっていると聞いた事。

「上でお茶でも飲もうよ」

と言われるままに上階へ。

凄く良い部屋だったから最初はかなりビビったけど、落ち着いてよく見ると何か生活臭らしきものを感じた。

「え…まさかここに住んでるの?」

恐る恐る聞いてみても、彼女は笑っているばかりで何も答えない。

そう言えば、彼女は高級ホテルらしからぬ普段着を着ている。

とても浮いた感じがして、ロビーで見た時から違和感があった。

ルームサービスでお茶とケーキを頂き、そろそろ帰ろうという時、

「あ!そうそう、いいもの見せてあげる」

彼女は突然そう言うと、嬉しそうに奥のベッドルームに向かい部屋の鍵を開けた。

部屋の中は薄暗く、窓には厚手のカーテンが引いてある。

「ごめんね、電気点けない方がいいと思って…」

部屋の真ん中にベッドがあり、周りには医療器具のカートみたいなものが置いてある。

部屋中に汚れた脱脂綿みたいなものが散らばっていた。

ベッドには髪の長い裸の女の人がピクリとも動かず、背を向けて座っていた。

今だに混乱していて記憶が曖昧なのだが、大きなオムツをしていたような気がする。

その女性には腕が片方しか無いように見えた。

非現実的な光景を前に呆然と立っていると、すぐに部屋から押し出された。

「あの人は誰?」

率直にそう尋ねてみたが、

「うん、知り合いなの」

と彼女は笑うばかり。

急に自分が彼女の事を全く知らない事に気が付いて、凄く怖くなってしまった。

しどろもどろに別れの挨拶をして、逃げるように帰った。

彼女はあたふたする私を楽しんでいるような感じだった。

その後、何度もそのホテルに行かなければならなかったが、もう一度彼女を訪ねる勇気はとても無かった。

あれから色々考えたが、もし彼女が何かの犯罪に関わっていたなら、わざわざ私に知らせる訳は無いし、何かの事情があったのだと思う。

確か中学時代の彼女は、高齢の母親との母子家庭だった。

老いた母親の介護かとも思ったが、ベッドルームに居た女の人はどう見ても若い女の人だった。

森(フリー素材)

模倣

以前、井戸の底のミニハウスと、学生時代の女友達Bに棲みついているモノの話を書いた者です。「巣くうものシリーズ」で纏めてもらっているので、前と同じく説明は省略します(※これまでの…

アケミちゃん(長編)

大学に入学し友達も何人かできたある日の事、仲良くなった友人Aから、同じく仲良くなったBとCも遊びにきているので、今からうちに来ないかと電話があった。時間はもう夜の9時過ぎくらい…

田舎の家(フリー写真)

般若面の女

過去から現在まで続く、因果か何かの話。長いし読み辛いです。ふと思い出して混乱もしているので、整理のために書かせてください。 ※ 私が小学生一年生の夏、北海道の大パパ…

裏山

マネキンの警告

うちは田舎だから、シーズンになるとよく裏山にキノコ採りに行く。小学生の頃は、よく採れる場所をじいちゃんに教えてもらいながら二人で行っていたのだが、中学生になると一人で行ったり友…

裏S区(長編)

九州のある地域の話。仮だが、S区という地域の山を越えた地域の、裏S区って呼ばれている地域の話。現在では裏とは言わずに「新S区」と呼ばれているが、じいちゃんとばあちゃんは…

石段

黒い鳥居

これからするお話は、今から20年以上前、僕が中学生の時の話です。当時の僕は悪い先輩達と付き合いがあり、暴走やタバコ、シンナー等、不良っぽい事をして意気がる田舎ヤンキーでした。 …

てめぇじゃねぇ!

ある夜のことでした。会社員のAさんは残業で遅くなったのでタクシーを拾いました。タクシーの中では、運転手さんと色々な話で盛り上がっていました。そして、タクシーは山…

山(フリー写真)

テンポポ様

俺の地元には奇妙な風習がある。その行事の行われる山は標高こそ200メートル程度と低いが、一本の腐った締め縄のようなものでお山をぐるりと囲んであった。女は勿論、例え男であ…

神社(フリー素材)

ふくろさん

大学二年の春だった。その日僕は、朝から友人のKとSと三人でオカルトツアーに出掛けていた。言いだしっぺは生粋のオカルティストK君で、移動手段はSの車。いつもの三人、いつも…

鏡(フリー素材)

呪いのコンパクト

以前、井戸の底のミニハウスと、学生時代の女友達Bに棲みついているモノの話を書いた者です。「巣くうものシリーズ」で纏めてもらったので、説明は省略します(※これまでの流れについて、…