ベンチに座る女

公開日: 本当にあった怖い話

8aeaef17e78afb32eb5fd0294244616c

僕が中学生の頃の実体験。

当時、僕はその辺りでは一番大きなマンションの7階に住んでいました。

受験を控え、一応は深夜まで勉強する事が多かった僕は、2時頃から3時頃までの間に、すきっ腹を満たすため近くのコンビニへ行くのが半ば習慣になっていました。

しかし、ある日の深夜、例のごとく2時を少し過ぎた頃にコンビニへと行くために通ったそのマンション付属の公園で奇妙な人を見たのです。

その人は明らかにパジャマであろう真っ白な衣服を身に着け公園のベンチにうつむき加減で座っており、真っ黒く長い髪の毛がその顔を覆っておりよく顔を見る事は出来ませんでしたが、何よりもそんな時間にそんな格好をした人がベンチに座っているという事が僕を驚かせ、足早にその人の前を通り過ぎました。

しかし、当時この図にある道路の上には精神病院があり、僕はそこの人がこっそりと抜け出し、夏の暑い夜だったので涼んでいるのだろうと自分に言い聞かせコンビニで買い物を済ませた後、その公園へと向かいました。

マンションに帰るにはどうしてもその公園を通らなければなりません。

そして、公園の例のベンチに目をやると、まだそこに女の人はじっと座っていました。

その時は、正直恐怖を感じ、でもゆっくりと歩を進めました。走る事は、なぜかできなかったのです。

そして、公園を抜けマンションの入り口へさしかかった時に、嫌な好奇心に刈られ、後ろを振り向いた僕の目に、その人の顔がはっきりと見えました。

いや、顔が見えたというより、その人の顔の3分の1以上が真っ赤な唇が見えたのでした。

これは僕の単なる勘違い、見間違いなのかもしれません。怖い話ですらないのかもしれません。

でも、僕は未だにその時の映像が頭の中に色濃く残っています。

関連記事

骨董品屋

晴れ着

俺がまだ大学生だった10年前、自称霊感の強い後輩Aと古いリサイクルショップへ行った時の話。リサイクルショップと言っても、築30年は軽く経っていそうなボロボロの外観で、どちらかと…

相乗り

僕が小学の低学年の時に、親におつかいを頼まれました。おつかいを済ませて、オートロック式の自宅マンションの暗証番号を押し扉を開けて、エレベーターホールに向かい、エレベーターが降り…

狐の嫁入り

俺の実家は山と湖に囲まれた田舎にある。小学校6年の時の夏休みに、連れ二人と湖に流れ込む川を溯ってイワナ釣りに行く事になった。雲一つも無いようなよく晴れた日で、冷たい川の…

カメラ

零というゲームが発端の出来事

『零』というゲームを知っているかな?幽霊を写せる特殊なカメラを使い悪霊と戦う謎解きゲームみたいなやつ。それが発端とも言える話を嫁がしてくれた。 ※ オカルトマニアの…

不気味なタクシー運転手

Fさん(女性・29歳)が深夜勤務の帰り、タクシーを拾った。ドアが開き、Fさんはタクシーに乗り込んだが、その運転手は何も言わず、ただ黙ってFさんの顔をじっと見ていた。ちょ…

呪われた土地

俺の親友の話をしたいと思う。小4の頃にそいつ(以下H)の親が二階建ての大きな家を建てた。建設業を営むHの父親が建てた立派な外観のその家は、当時団地住まいだった俺にとって…

病室

盛り塩

俺が足を怪我して入院していた時、俺より早くから入院していた奴と仲良くなった。ある日、消灯後に喫煙所でダベっていると「あ~、部屋帰りたくね~」と言う。俺と奴は病室が違う。…

木更津古書店

これは自分の体験談という訳ではないんですが…。幽霊やなんかの仕業なのかもよく分かりません。私も大分絡んではいるんですが、祖母の様子がちょっと変なんです。原因は判っています。一通…

目の不自由な女性

就職して田舎から出てきて、一人暮らしを始めたばかりの頃。会社の新人歓迎会で、深夜2時過ぎに帰宅中の時の話。その当時住んでいたマンションは住宅地の中にあり、深夜だとかなり暗く、ま…

さまようおっさん

オレは結構、日常的に金縛りに遭うんだよね。あと、変なもん、いわゆる幽霊って奴の姿もたまに見る。『あ、出るな』って時の感覚も、敏感に感じちゃうわけ。ある日の朝、オレはいつものよう…