_Abstract_Music_Background_

数年前、ある靴屋で働いていた時の事。

あまり忙しくない店だったから、閉店後の片付けはスタッフが1人で行っていたんだ。

ある夜、僕が1人で閉店準備をしていると、店内にかかっていた曲の音量が突然小さくなり、同時に何だか古くさい曲がとても静かに流れ始めたんだ。

まるで蓄音機から流れてくるような感じの音で、とても低い声の男性がブルースを歌っているように聞こえた。

歌詞は殆ど何を言っているのか分からなかったけど、かろうじて

「神」「サタン」「悪魔」「殺す」

なんて言葉は聴き取れたかな。

その歌が20秒くらい続いた後、突然、元の曲に戻ったんだけど、こんなことが数ヶ月の間に何回か起こったよ。

しかも、いつも違った曲の途中で、この歌が始まるんだ。

同僚の女の子も同じ体験をしたことがあると言っていたけど、あれがなんだったのか今でも分からない……。