先輩、お願いしますよ

公開日: 心霊体験 | 笑える怪談

Employee-Locker(1)

何年も前の話だけど。

ある会社の社員寮に入っていたんだが、夏の終わり、その年の新規採用者のうち4人が海水浴に行き、2人が波に飲まれて死んでしまった。

正確に言うと、波に飲まれた後1人は3日後、1人は5日後に発見されたから、その時はまだ死んだとわからなかったんだけど、とにかくそいつらが行方不明になったと判った夜。

寮内では大騒ぎで、波に飲まれなかった2人も結局戻ってこなかった。

その日の夜、トイレにいきたくなって廊下を歩いていたところ 、突然Aから呼び止められた。

「先輩。ロッカーの上の棚、ヤバイんすよ。お願いしますよ」って。

はぁ? お前何言ってんの? って言ったら同じこと繰返して、

「じゃあ頼みます」

と部屋に入っていった。なんだ?寝ぼけてんのか?と思ってトイレにいった時、ふとAが今日波に飲まれた1人だと気がついた。

しばらくして二人の遺体があがったと連絡があり、葬式も上司が参加し、俺たちは二人の両親が荷物を取りにくるまでに、寮の部屋の荷物をまとめる役を頼まれた。

Aの荷物を整理しながら、ふとあの夜の言葉を思い出し、部屋のロッカーの上の棚をみてみたら、エロ本と、Aが外国人の女性とイチャイチャしてる写真が数枚出てきた。

Aには大学時代から付き合ってる彼女がいて、仕事に慣れたら結婚したいといっていたよな。

一度写真をみせてもらったけど、彼女は日本人だったし完全に別人じゃん。浮気?

でもこれを実家に送って欲しくなかったんだなと思い、もう一人の片付け役の目を盗んで、棚の上のものをこっそり隠して部屋に持って行き、数日後、エロ本はさり気なく自分のものとして捨て、念のため写真だけお寺に引き取ってもらった。

なんか、こうやって書くと全然怖くないな(笑)。

でも、Aが幽霊だとトイレで気づいたときはちょっと怖かったんだよ。

関連記事

雪国(フリー写真)

無医村

爺ちゃんは当時、凄い田舎の山村に住んでいて、村にはあまり評判の良くない医者が一軒しかなかった。 ある時、爺ちゃんの知り合いの年配の男性が盲腸になり、仕方なくその医者に手術してもら…

病院(フリー写真)

深夜病棟での心霊体験

私の兄は、神奈川県の某老人病院で看護士をしている。 その病院では、夜中に誰も乗っていないエレベーターが突然動き出したりなど、如何にも病院らしい話がよくあるとの事。 その兄が…

絵皿

喋る絵皿

小さい頃、祖父が友人宅から鷹の絵の描かれた大きな絵皿を貰ってきた。 それは今でも和室に飾ってあって、特に怪奇現象を起こしたりはしていない。 祖父の友人は骨董商だった。 …

銭湯の鏡

貧乏なアパート暮らしの女です。 風呂が無いので銭湯に行ってる。 いつもの銭湯が休みだったから、ちょっと遠くの銭湯に行った。 浴室には数人のオバちゃんがいて、楽しそうに…

プログラマーの残業

元同僚のプログラマーから聞いた話なんですが、彼女(A子とします)が以前勤めていた会社での体験です。 A子が転職する間際のことだったそうなんですが、退職間際になっても残案件が山積み…

ホテルの看板(フリー素材)

海外の幽霊ホテル

この前、ニュージーランドをバイクで旅したんだ。 南島にダニーデンという町があって、そこのユースホステルは幽霊が出ることで有名なんだ。 そこの建物は50年前まで病院だったらし…

今の死んだ人だよな

この4月の第3土曜日のことなんだが、自分は中学校に勤めていて、その日は部活動の指導があって学校に出ていた。 その後、午後から職員室で仕事をしていた。その時は男の同僚がもう二人来て…

白い女の話

自分は小中高と、全寮制の学校に通っていた。 凄いど田舎で、そこそこ古い学校。文字通り山の中にある。 狸もよく見かけたし、雉もいた。 裏庭に生徒が何人か集まり、許可を取…

抽象的模様(フリー画像)

黒い影

私はずっと母親と二人で暮らしてきた。 父親は自分が生まれてすぐに居なくなったと母親から聞いた。 祖父や祖母、親戚などに会ったことは無い。そんなものだと思っていた。 そ…

星空の下(フリー写真)

白く光る顔

数年前、とある湖畔で朝釣りのためにキャンプをしていた時のこと。 夜中の焚き火中に、 「たすけてえええ!だれかあ!」 と女性の声が湖の方から聞こえて来て、そちらに目をや…