先輩、お願いしますよ

公開日: 心霊体験 | 笑える怪談

Employee-Locker(1)

何年も前の話だけど。

ある会社の社員寮に入っていたんだが、夏の終わり、その年の新規採用者のうち4人が海水浴に行き、2人が波に飲まれて死んでしまった。

正確に言うと、波に飲まれた後1人は3日後、1人は5日後に発見されたから、その時はまだ死んだとわからなかったんだけど、とにかくそいつらが行方不明になったと判った夜。

寮内では大騒ぎで、波に飲まれなかった2人も結局戻ってこなかった。

その日の夜、トイレにいきたくなって廊下を歩いていたところ 、突然Aから呼び止められた。

「先輩。ロッカーの上の棚、ヤバイんすよ。お願いしますよ」って。

はぁ? お前何言ってんの? って言ったら同じこと繰返して、

「じゃあ頼みます」

と部屋に入っていった。なんだ?寝ぼけてんのか?と思ってトイレにいった時、ふとAが今日波に飲まれた1人だと気がついた。

しばらくして二人の遺体があがったと連絡があり、葬式も上司が参加し、俺たちは二人の両親が荷物を取りにくるまでに、寮の部屋の荷物をまとめる役を頼まれた。

Aの荷物を整理しながら、ふとあの夜の言葉を思い出し、部屋のロッカーの上の棚をみてみたら、エロ本と、Aが外国人の女性とイチャイチャしてる写真が数枚出てきた。

Aには大学時代から付き合ってる彼女がいて、仕事に慣れたら結婚したいといっていたよな。

一度写真をみせてもらったけど、彼女は日本人だったし完全に別人じゃん。浮気?

でもこれを実家に送って欲しくなかったんだなと思い、もう一人の片付け役の目を盗んで、棚の上のものをこっそり隠して部屋に持って行き、数日後、エロ本はさり気なく自分のものとして捨て、念のため写真だけお寺に引き取ってもらった。

なんか、こうやって書くと全然怖くないな(笑)。

でも、Aが幽霊だとトイレで気づいたときはちょっと怖かったんだよ。

関連記事

サイパン(フリー画像)

サイパンに残された日本兵

十数年前の「人事院月報」という、国のお堅い雑誌の読者欄に何故かあった話。少し怖かったので今でも覚えています。大体下記のような内容でした。 ※ 夏休み、一家でサイパンを訪れた…

黒い人影

家に黒い人影のようなヤツが、どっかで拾ってきてしまったのか住み着いてしまった。積み上げたものは倒すわ、ハンガーにかけてる洋服を落とすわ、勝手にトイレの扉あけたりとイタズラばっか…

ホテルの一室(フリー写真)

ホテルの開かずの間

これは私の父が体験した話です。父は仕事で少し遠い所まで出張し、経費削減のため同僚と一緒に安いホテルに泊まりました。父には霊感があるのですが、当初はそのホテルから何も感じ…

もっさ

学生の頃、金縛りにあった。当時は珍しくもなかったので、またかー眠いのにーなんて暢気に考えてた。瞼も開けられないまま、真っ暗な部屋の中でじっと金縛りが解けるのを待ってた。…

ペンタブレット(フリー写真)

アシスタントの現場で

4年程前、某マイナー系の雑誌でそこそこに人気のあった漫画家さんの所へ、3日間という契約でアシスタントをしに行った時の話です。引っ越したばかりの、狭いながらも新築で清潔そうなマン…

良い心霊写真

写真店のご主人から聞いた話ですが、現像した写真におかしなものが写り込む事は珍しくなく、そういったものは職人技で修正してお客さんへ渡すそうです。このご主人ですが、一度だけ修正せず…

兄妹(フリー写真)

視える弟

最初に気が付いたのは、私が小学4年生で、弟が小学2年生の時。一緒にガンダムを見ていたら、普段滅多に口を開かない大人しい弟が不意に後ろを振り返り、「聞こえない」と…

アパート(フリー素材)

事故物件アパートの恐怖体験

これは私の友人Aが大学に通うため、世田谷区のアパートに住んでいた時の話です。そのアパートはいわゆる事故物件で、手首を切っての自殺があったらしいのですが、幽霊なんて信じない彼は家…

何で俺なんだよ

最近体験した怖い出来事です。文章が堅いのでいまいち怖くないかもしれませんが、洒落にならないくらい怖かったです。 ※ 今年の2月下旬、出張で都内のビジネスホテルに泊まった。 …

雪国(フリー写真)

無医村

爺ちゃんは当時、凄い田舎の山村に住んでいて、村にはあまり評判の良くない医者が一軒しかなかった。ある時、爺ちゃんの知り合いの年配の男性が盲腸になり、仕方なくその医者に手術してもら…