魑魅魍魎

公開日: ほんのり怖い話 | 不思議な体験

抽象模様(フリー素材)

今から2年くらい前の夏。

会社が夏休みで、連日ベッドの上でマンガを読みながらゴロゴロ昼寝をする毎日でした。

その日もいつものようにマンガを読んでいる内に眠ってしまった。

ふと目を覚ましたら、目の前に茶色くて小さい鬼みたいなやつが何匹か動いていた(10センチ前後の大きさ)。

鬼と言うか、百鬼夜行をしている魑魅魍魎みたいなやつと言った方がイメージ的に近いかも。

それが私の目の前を通り過ぎて、隣で添い寝をしていた犬の方へ近付いて行った。

その時、私は寝ぼけていたせいもあって

「私の犬に何してくれる」

とばかりに、魑魅魍魎っぽいのをムズっと掴み、ポイっと自分の口の中に入れてまた眠ってしまった。

それから数分だか数十分経った時に、猛烈な腹痛に飛び起きてトイレにGO。

トイレの中で人生最大の腹痛にのたうって、本当で気を失いそうだった。

でもそこで気絶なんかしたら、お尻丸出しで母に救急車を呼ばれてしまう。

てゆーか、拭いてないし!

仮にも嫁入り前の娘だし、そんな恥をかくのは嫌だ!

それだけを念じて七転八倒の痛みに耐えた30分。

やっと痛みが治まり、トイレから出てきた時は着ていたTシャツが汗でびしょ濡れだった。

脱いで絞ったら、汗がダバダバと搾れた程だったよ。

あれは単に寝ぼけていただけなのか、今でも思い出しては不思議な感じがする。

当時病持ちで病院に通院していた犬は、今は元気に自宅で私が会社から帰って来るのを待っている。

案山子の神様

田舎住まいなので、通学時にはいつも田んぼの脇道を通っていた。 その日も家に帰るため、いつものように田んぼの脇道を、カエルの鳴声を聞きながら歩いていた。 すると田んぼの中に、…

田舎の風景(フリー写真)

土地神様

小学1年生の頃、毎晩0時になると、眠っていた私が突然泣き叫びながら部屋中を走り回る、という事が数日続きました。 数分後はパタっと治まり、また眠るという毎日。 その時、私の見…

夜の山と月(フリー写真)

夜の山は人を飲み込む

十代最後の思い出に、心霊スポットとして有名なトンネルがある山に行った時の話。 俺と友人三人は金も車も無かったので、バスを乗り継いで現地に向かい、夜に歩いて帰宅するという、今考えた…

神社の鳥居(フリー写真)

隠しごと

人混みに紛れて妙なものが見えることに気付いたのは、去年の暮れからだ。 顔を両手で覆っている人間である。ちょうど赤ん坊をあやす時の格好だ。 駅の雑踏のように絶えず人が動いて…

鳥居(フリー素材)

お狐様

これは私が、いや正確には母が半年前から9月の終わり頃までに経験した話です。 今年の7月某日、諸々の事情で私は結婚を前に実家へ一度帰省するため、アパートから引越しすることになりまし…

インターホン

俺が5才の頃の出来事。 実家が田舎で鍵をかける習慣がないので、玄関に入って「○○さーん!」と呼ぶのが来客の常識なんだが、インターホン鳴らしまくって「どうぞー」って言っても入ってこ…

お酒(フリー写真)

悪夢を見せる子守唄

もう時効だと思うから投稿します。 うちには代々伝わる『相手に悪夢を見せる子守唄』というものがある。 何語か判らないけど、詩吟などに近い感じで、ラジオ体操の歌ぐらいの長さの…

ロールプレイングゲーム

ある小学5年生の男の子が、持病が悪化したため、1ヶ月間入院する事になった。 病室は4人部屋で、その男の子の他に、おばあちゃんとおじいちゃん、もう一人は同い年くらいの女の子だった。…

生まれ変わり

物心がついた頃から、 「僕は1回死んだんだ」 って言っていた。 むしろその記憶は今でも残ってる。 その自分が死んだって言っていた理由ももちろん覚えている。 …

私はアリス

信じてもらえないかも知れない。 でも当人が一番混乱してるんだ。ちょっと長くなるけど聞いてくれないか。 家に帰ったら母親が風邪で寝込んでいた。甲斐甲斐しく世話をする俺。まあ、…