魑魅魍魎

抽象模様(フリー素材)

今から2年くらい前の夏。

会社が夏休みで、連日ベッドの上でマンガを読みながらゴロゴロ昼寝をする毎日でした。

その日もいつものようにマンガを読んでいる内に眠ってしまった。

ふと目を覚ましたら、目の前に茶色くて小さい鬼みたいなやつが何匹か動いていた(10センチ前後の大きさ)。

鬼と言うか、百鬼夜行をしている魑魅魍魎みたいなやつと言った方がイメージ的に近いかも。

それが私の目の前を通り過ぎて、隣で添い寝をしていた犬の方へ近付いて行った。

その時、私は寝ぼけていたせいもあって

「私の犬に何してくれる」

とばかりに、魑魅魍魎っぽいのをムズっと掴み、ポイっと自分の口の中に入れてまた眠ってしまった。

それから数分だか数十分経った時に、猛烈な腹痛に飛び起きてトイレにGO。

トイレの中で人生最大の腹痛にのたうって、本当で気を失いそうだった。

でもそこで気絶なんかしたら、お尻丸出しで母に救急車を呼ばれてしまう。

てゆーか、拭いてないし!

仮にも嫁入り前の娘だし、そんな恥をかくのは嫌だ!

それだけを念じて七転八倒の痛みに耐えた30分。

やっと痛みが治まり、トイレから出てきた時は着ていたTシャツが汗でびしょ濡れだった。

脱いで絞ったら、汗がダバダバと搾れた程だったよ。

あれは単に寝ぼけていただけなのか、今でも思い出しては不思議な感じがする。

当時病持ちで病院に通院していた犬は、今は元気に自宅で私が会社から帰って来るのを待っている。

関連記事

葛飾北斎(フリー浮世絵素材)

カゴカキ

昔から続く怪異。愛知県○○市。その昔、少なくとも200年以上前の話。岡崎城の城下町は、天下を二分するほど賑わっていたらしく、駕籠を担いで人を運ぶ『カゴカキ』と呼ばれる人…

占い師

昔、姉夫婦と私と彼氏の4人で食事した帰りに『この悪魔!!!』って女性の叫び声が聞こえた。声のする方向を見ると、路上で占いしてる女性が私に向かって指を差して『悪魔!!悪魔ああああ…

着物の少女

毎年夏、俺は両親に連れられて祖母の家に遊びに行っていた。俺の祖母の家のある町は、今でこそ都心に通う人のベッドタウンとしてそれなりに発展しているが、二十年ほど前は、隣の家との間隔…

人形(フリー写真)

アンティークドールの夢

中学校に入学した時、入学祝いで祖母からアンティークドールを貰った。古いドールだったけど、しっかり手入れされていて、汚いという印象は受けなかった。それどころか、銀色の髪…

エレベーター

病院での心霊体験

自分が子供の頃の話。両親の付き合いで誰か(多分二人の共通の知り合いか何かだと思う)のお見舞いに行ったんだ。何故か病室には入れてもらえず、その階の待合室で弟と絵本を読みな…

神様のお世話

俺小さい頃母親に軽い虐待っぽいものを受けてたのね。でも当時はまだ小さくて、おまけに母子家庭で一人っ子だった俺は、他の家の家庭環境なんて分からないし、同い年の子がどういう風に親と…

失われた時間

2001年の秋。風邪ひいて寒気がするので、大久保にある病院に行くため西武新宿線のつり革につかまってた。頭がぐわんぐわんと痛みだして、ギュッと目を閉じて眉間にしわ寄せて耐えてた。…

明け方(フリー写真)

顔の見えない母親

あれはまだ自分が4歳の頃、明け方の4時ぐらいの出来事。明け方と言ってもまだ辺りは暗く、周りはぼんやりとしか見えない。ふと気付くと俺はベッドの上に立たされていて、母親に怒…

オオカミ様のお堂(宮大工1)

俺が宮大工見習いをしてた時の話。大分仕事を覚えてきた時、普段は誰も居ない山奥の古神社の修繕をする仕事が入った。だが親方や兄弟子は同時期に入ってきた地元の大神社の修繕で手…

不敬な釣り人の顛末(宮大工11)

とある休日、久しぶりにオオカミ様の社へと参りに出かけた。途中、酒を買い求めて車を走らせる。渓流釣りの解禁直後とあって、道には地元・県外ナンバーの四駆が沢山停まっている。…