魑魅魍魎

公開日: ほんのり怖い話 | 不思議な体験

抽象模様(フリー素材)

今から2年くらい前の夏。

会社が夏休みで、連日ベッドの上でマンガを読みながらゴロゴロ昼寝をする毎日でした。

その日もいつものようにマンガを読んでいる内に眠ってしまった。

ふと目を覚ましたら、目の前に茶色くて小さい鬼みたいなやつが何匹か動いていた(10センチ前後の大きさ)。

鬼と言うか、百鬼夜行をしている魑魅魍魎みたいなやつと言った方がイメージ的に近いかも。

それが私の目の前を通り過ぎて、隣で添い寝をしていた犬の方へ近付いて行った。

その時、私は寝ぼけていたせいもあって

「私の犬に何してくれる」

とばかりに、魑魅魍魎っぽいのをムズっと掴み、ポイっと自分の口の中に入れてまた眠ってしまった。

それから数分だか数十分経った時に、猛烈な腹痛に飛び起きてトイレにGO。

トイレの中で人生最大の腹痛にのたうって、本当で気を失いそうだった。

でもそこで気絶なんかしたら、お尻丸出しで母に救急車を呼ばれてしまう。

てゆーか、拭いてないし!

仮にも嫁入り前の娘だし、そんな恥をかくのは嫌だ!

それだけを念じて七転八倒の痛みに耐えた30分。

やっと痛みが治まり、トイレから出てきた時は着ていたTシャツが汗でびしょ濡れだった。

脱いで絞ったら、汗がダバダバと搾れた程だったよ。

あれは単に寝ぼけていただけなのか、今でも思い出しては不思議な感じがする。

当時病持ちで病院に通院していた犬は、今は元気に自宅で私が会社から帰って来るのを待っている。

紅葉(フリー写真)

かわいい人形

昔のことなので曖昧なところも多いけど投稿します。 こんなことを自分で言うのは何なのだが、私は小さい頃、結構可愛かった。 今はどうかというのは、喪女だということでお察しくださ…

生贄様

数十年前、曾爺さんから聞いた大正末期の頃の話。 私の故郷の村には生贄様という風習があった。 生贄様というのは神様に捧げられる神様の事で、家畜の中から選ばれる。 月曜日…

死に際に現れる黒い人

最近ネットで読んだのですが、人間が死にそうになっている時、それを助けたりする謎の人物が現れるそうです。 それは死んだ兄弟や親類であったり、声だけであったりするそうですが、正しい逃…

ドライブイン

奇妙なドライブイン

この話はオカルトや怪談に入るものなのか少し微妙なところなのだが、個人的には非常に怖かった体験です。 それと、もう何ヶ月も前の事なので会話はうろ覚えの部分が多く、『当時こんな感じだ…

狂った家族

今からお話しするのは自分の実体験で、何と言うか…まだ終わっていないというか…取り敢えずお話しします。 自分は23歳の男で、実家暮らしの介護士です。家族は父(52)、母(44)、弟…

材木(フリー写真)

木こりの不思議な話

朝、林道を車で走って現場へ向かう途中の出来事。 前を歩いていた登山者が道の脇によけてくれたから、窓越しに会釈をした。 運転していた相方は「お前、何してるんだ」と言い、 …

透視

超能力者の苦悩

友人はあるネトゲのギルドに属していたんだが、なかなか人気があり、そこそこの地位を得ていたらしい。 そんな友人はネトゲ内での友人達も多かったのだが、ひと際異彩を放つプレイヤーがいた…

憩いの館

いなくなった犬猫が発見されることが、異常に多い廃屋があった。 廃屋と言っても街中にあってわりと小ぎれいな一軒家。別に荒らされいるわけでもない、古い造りのちょっと雰囲気ある家。 …

川(フリー写真)

川を流れる仏壇

現在の家に引っ越して来る前は、物凄い田舎の村に住んでいた。 周りは山に囲まれていて、大きな川も幾つもあり、殆ど外界の人が来る事は無かった。 ※ ある日、学校から帰宅すると、ち…

抽象画(フリー素材)

夢が現実に

最近になって気付いた不思議な事。 俺は普段眠ってもあまり夢を見ない。というか実際は見ていても忘れているんだと思う。 でも、偶に夢を覚えていたりする。しかも覚えているやつに限…