愛猫の最後の挨拶

dsc02538_excerpt

うちの両親が体験した話。

もう20年も前の夏のことです。

私達兄弟が夏休みを利用して祖父母の家に泊まりに行っていた夜、当時とても可愛がっていた猫がいつまで経っても帰ってこない。

そのうち帰ってくるだろうと床に就いたのですが、深夜になって気配を感じた母が目を覚ましてみると、猫がひょっこり戻ってきて枕元にちょこんと座っていたそうです。

「一緒に寝るかい?」と言うと、

「ニャ~」と一声。

そして、またどこかに行ってしまったそうです。

その夜から完全に姿を消してしまったのですが、夏も終わる頃、物置の脇に積まれた木の切れ端の山の、ぽっかり空いた所に死んでいるのが見つかりました。

最後にお別れにきたんだなあ…と、今でもその猫のことは語り草になってます。

関連記事

立ち入り禁止の波止場

友達の怖い話。仮にK君としよう。彼は沖縄出身で、若い頃は結構やんちゃなやつ。「本当におばけなんかいるのか? じゃあ、試してみよう」なんて言うやつだった。例えば夜…

廃ホテル(フリー写真)

廃ホテルで消えた記憶

俺の実体験で、忘れようにも忘れられない話があります。 ※ 今から四年前の夏、友人のNと二人でY県へ車でキャンプに行った。男二人だし、どうせやるなら本格的なキャンプにしようと…

ハイハイ

学生の頃、バイト先の店長から聞いた体験談です。ある日、店長が友人数人と居酒屋で飲んでいた時のこと。みんな程よく酔いが回ってきた頃、一人だけ酔い潰れていた人がいました。 …

自動ドアが認識しない人間

大学二年の夏休みに入る少し前からだったかな…。コンビニやらスーパーやらの入り口、とにかく全ての自動ドアが俺に反応しなくなった事があった。それまでは普通に入ることの出来て…

自転車置き場(フリー写真)

幽霊を持って帰る

私の叔母が、大型ショッピングモールで清掃のパートをしていた時の話。オープン当時から一年ほど経ってはいたものの、建物も設備もまだまだ綺麗で、田舎の割に繁盛していた。しかし…

夜の学校

夜の学校

小学6年生の夏休み直前の話。その日、僕は肝試しに誘われていた。メンバーは友達の新堂君、荒井君、細田君、僕の4人。舞台は学校だった。昼休みに新堂君が通用口の鍵を開けたとの…

子供の寝顔(フリー写真)

した

親父から昔、何度か聞かされた話。俺が2、3歳の頃、一緒に住んでいた曾祖母が亡くなった。その頃はまだ、人が死ぬということもよく解っていなかったと思う。 ※ その3日後…

中古車

視える娘

娘が3才くらいの時、中古で大き目の車を買いました。私も娘も大喜びで、大きな車を楽しんでいました。しかし数週間経った頃、娘が車に乗り込もうとした時に急に大泣き。「…

夜道

散々な彼女

高校時代の彼女H美の話。H美の家は、少し長めの道路の中間ぐらいに位置していた。夜になると人影も車もまばらになる薄暗い道路だ。ある時期から、大して人通りもないその道路で事…

ラグビー(フリー写真)

先輩の分まで

大学に入学してすぐにラグビー部に入った。入部するなり、ある4年生の先輩に「お前は入学時の俺にそっくりだ」と言われた。その先輩は僕と同じポジションだった。…