亡くなったはずの両親

公開日: 心霊ちょっと良い話

赤ちゃんの手(フリー写真)

私が12歳の時、両親が他界した。

私には三つ年下の弟が居たのだが、それぞれ別々の親戚に引き取られた。

一ヶ月も経たないうちに親戚の私に対する態度は冷たくなり、私は高校進学を諦め、工場に就職して一人暮しを始めた。

私が17歳になると同時に弟を呼び、二人で暮らすようになった。

弟には世間並みの生活を送らせてやりたいと思い、昼は工場、夜は水商売で何とか弟を高校に入れることが出来た。

それから三年…。

弟は高校を卒業し、東京で働くと言い、上京した。

私は夜の仕事を辞め、近所のスーパーで働くことにした。

スーパーの社員さんは良い人ばかりで働き甲斐があった。パートの人達とも仲良くなることが出来、毎日が楽しかった。

職場で恋人も出来た。

今までの人生で、恋愛や遊びなどは経験が無かったので、毎日がとても新鮮だった。

ある日、出勤時に急いでいた私は、不注意で車に跳ねられた。

私は車に乗り上げ、そのまま20メートルほど飛ばされた。

その瞬間、巷でよく言われている通り、今までの人生が走馬燈のように駆け巡った。

気が付けば病院だった。

病院のベットで私は考えた。

人には幸せ、不幸せの量が決まっているんじゃないかって。

私が恋人を作ったり、職場の人と楽しく遊んだりしたから、罰が当たったんじゃないかって。

幸い右腕が折れただけでしたが、色々検査をしてもらうと肝臓に障害が見つかり、それで検査入院することになりました。

入院生活を送っていたある夜、消灯後もなかなか眠れず、色々と考えていました。

私は何の為に生まれて来たのだろう…。

こんな辛い人生なら、生まれて来たくなかった。

そう考えながら横になっていると、ふと背後に気配を感じました。

『看護婦さんかな?』

と思い、慌てて涙を拭いて振り向くと、そこには亡くなったはずの両親が居ました。

私はビックリして声を出すことが出来ず、夢でも見ているのかと思いました。

すると母が私の頭を優しく撫でながら、

「ごめんね…ごめんね…」

と繰り返し言いました。

その横で父は悲しそうな顔で私を見ていました。

私は懐かしさと、今まで耐えて来た色々な辛さが一気に爆発し、大泣きしながら母の腰にすがり付きました。

ふと気が付くと、そこには誰も居ませんでした。

しかし母に撫でてもらった感触と、母の香りだけは鮮明に残っていました。

今では一児の母となり、幸せな毎日を送っています。

もし我が子が、あの日の私のようなことを言えば、私はとても悲しいです。

きっと両親も私がクヨクヨしているのを見て、とても悲しくなり、私を慰めに来てくれたのだと思います。

関連記事

病室(フリー素材)

絵日記

この前、夜遅くの深夜にハッっと起きてしまいました。なんでいきなり起きちゃったんだろう…と思っていると、部屋の隅に何かの気配を感じました。眼を凝らして見てみると、それは…

飲み屋街(フリー素材)

常連客

学生時代、叔父が経営する小さな小料理屋(居酒屋)で手伝いをしていた。常連客の中に、70代のMさんという真っ白な頭の爺様が居た。ほぼ毎日、開店時間の16時から24時くらい…

お婆ちゃんの手(フリー素材)

牛の貯金箱

小学生の頃、両親が共働きで鍵っ子だった俺は、学校から帰ると近所のおばあちゃんの家に入り浸っていた。血縁者ではないが、一人暮らしのばあちゃんは俺にとても良くしてくれたのを覚えてい…

薔薇の咲く庭(フリー写真)

母が伝えたかったこと

母が二月に亡くなったんだよね。でもなかなか俺の夢には出て来てくれないんだ。こんなに逢いたいのに…。 ※ 母が病気になってさ、本当は近くに居てやらないといけないのに、自分で希…

天使のはしご(フリー写真)

成仏した女の子

私の母がまだ独身だった25年程前の話です。交差点を渡ろうとした時、前に10歳くらいの女の子が歩いていて、その子が目の前で左折しようとしたトラックの後輪に巻き込まれてしまった。 …

愛猫の最後の挨拶

うちの両親が体験した話。もう20年も前の夏のことです。私達兄弟が夏休みを利用して祖父母の家に泊まりに行っていた夜、当時とても可愛がっていた猫がいつまで経っても帰ってこな…

糸と縫い針(フリー写真)

祖母の糸切りばさみ

20年程前の話。田舎で祖母が亡くなった時のこと。母方の実家は地元では名士で、医者でも教師でもないのに、祖父は周りから先生と呼ばれていた。そういう人なので、あちこちに愛人…

日本酒(フリー写真)

クジ引き

この前、近所の商店街のイベントでクジを引いた。買い物をすると貰えるクジ引き券を数枚集めて引くあれだ。『三等のスポーツ自転車が欲しいな~』なんて考えながら箱に手を入れて…

女性の友情(フリー写真)

親友の加護

もう三年程前の話です。友人が癌になり、全身に転移してしまい、死ぬ為に病院に入院する事になった。当時そんな事は知らなかったのだけど、偶然寿退社して暇だった私は、毎日彼女の…

月の虹(フリー写真)

夢枕に立つ友人

五年前、幼稚園時代からの幼馴染だった親友のNが肺炎で死んでしまった。そいつはよく冗談交じりに、「死んだらお前の枕元に絶対に立ってやるからな」と言っていた。…