亡くなったはずの両親

公開日: 心霊ちょっと良い話

赤ちゃんの手(フリー写真)

私が12歳の時、両親が他界した。

私には三つ年下の弟が居たのだが、それぞれ別々の親戚に引き取られた。

一ヶ月も経たないうちに親戚の私に対する態度は冷たくなり、私は高校進学を諦め、工場に就職して一人暮しを始めた。

私が17歳になると同時に弟を呼び、二人で暮らすようになった。

弟には世間並みの生活を送らせてやりたいと思い、昼は工場、夜は水商売で何とか弟を高校に入れることが出来た。

それから三年…。

弟は高校を卒業し、東京で働くと言い、上京した。

私は夜の仕事を辞め、近所のスーパーで働くことにした。

スーパーの社員さんは良い人ばかりで働き甲斐があった。パートの人達とも仲良くなることが出来、毎日が楽しかった。

職場で恋人も出来た。

今までの人生で、恋愛や遊びなどは経験が無かったので、毎日がとても新鮮だった。

ある日、出勤時に急いでいた私は、不注意で車に跳ねられた。

私は車に乗り上げ、そのまま20メートルほど飛ばされた。

その瞬間、巷でよく言われている通り、今までの人生が走馬燈のように駆け巡った。

気が付けば病院だった。

病院のベットで私は考えた。

人には幸せ、不幸せの量が決まっているんじゃないかって。

私が恋人を作ったり、職場の人と楽しく遊んだりしたから、罰が当たったんじゃないかって。

幸い右腕が折れただけでしたが、色々検査をしてもらうと肝臓に障害が見つかり、それで検査入院することになりました。

入院生活を送っていたある夜、消灯後もなかなか眠れず、色々と考えていました。

私は何の為に生まれて来たのだろう…。

こんな辛い人生なら、生まれて来たくなかった。

そう考えながら横になっていると、ふと背後に気配を感じました。

『看護婦さんかな?』

と思い、慌てて涙を拭いて振り向くと、そこには亡くなったはずの両親が居ました。

私はビックリして声を出すことが出来ず、夢でも見ているのかと思いました。

すると母が私の頭を優しく撫でながら、

「ごめんね…ごめんね…」

と繰り返し言いました。

その横で父は悲しそうな顔で私を見ていました。

私は懐かしさと、今まで耐えて来た色々な辛さが一気に爆発し、大泣きしながら母の腰にすがり付きました。

ふと気が付くと、そこには誰も居ませんでした。

しかし母に撫でてもらった感触と、母の香りだけは鮮明に残っていました。

今では一児の母となり、幸せな毎日を送っています。

もし我が子が、あの日の私のようなことを言えば、私はとても悲しいです。

きっと両親も私がクヨクヨしているのを見て、とても悲しくなり、私を慰めに来てくれたのだと思います。

関連記事

古い箪笥(フリー写真)

鈴の音

小学生の頃、大好きだったばあちゃんが死んだ。不思議と涙は出なかったのだけど、ばあちゃんが居ない部屋は何故か妙に広く感じ、静かだった。火葬が済んだ後、俺は変な気配を感じる…

見覚えのある手

10年前の話だが、俺が尊敬している先輩の話をしようと思う。当時、クライミングを始めて夢中になっていた俺に、先輩が最初に教えてくれた言葉だ。「ペアで登頂中にひとりが転落し…

メンコ(フリー写真)

思い出のメンコ

俺の親父から聞いた話。親父が小さい頃の遊びと言ったらメンコが大ブームで、親父も色とりどり様々なメンコを集めていたが、腕はからっきしだったとか。ある時、同じ町内のA君に…

少年と祖母

今年33歳になるが、もう30年近く前の俺が幼稚園に通っていた頃の話です。昔はお寺さんが幼稚園を経営しているケースが多くて、俺が通ってた所もそうだった。今にして思うと園の横は納骨…

戦闘機(フリー写真)

護衛機

爺ちゃんから聞いた話。俺の爺ちゃんは戦争中、爆撃機で司令官を運ぶパイロットだった。もちろん護衛に戦闘機を引き連れてだけど。戦争で戦友が次々死んで行く中で、爺ち…

飲み屋街(フリー素材)

常連客

学生時代、叔父が経営する小さな小料理屋(居酒屋)で手伝いをしていた。常連客の中に、70代のMさんという真っ白な頭の爺様が居た。ほぼ毎日、開店時間の16時から24時くらい…

手を繋ぐ親子(フリー写真)

おとうさん、こっち!

お隣に、両者とも全盲のご夫婦が住んでいらっしゃいます。この話は、ご主人から茶飲み話に伺ったものです。 ※ ご主人は16歳の時に、自転車事故で失明されたそうです。当然…

着物の少女

毎年夏、俺は両親に連れられて祖母の家に遊びに行っていた。俺の祖母の家のある町は、今でこそ都心に通う人のベッドタウンとしてそれなりに発展しているが、二十年ほど前は、隣の家との間隔…

戻って来たお手伝いさん

おばあちゃんに聞いた、ささやかな話。母と二時間ドラマを見ていて、「お手伝いさんの名前って大抵○○やねえ」と言ったら、母が「そういやママが子供のころにいたお手伝いさんの一…

昔の電話機(フリー画像)

申し申し

家は昔、質屋だった。と言ってもじいちゃんが17歳の頃までだから私は話でしか知らないのだけど、結構面白い話を聞けた。田舎なのもあるけど、じいちゃんが小学生の頃は幽霊はもちろん神様…