亡くなったはずの両親

公開日: 心霊ちょっと良い話

赤ちゃんの手(フリー写真)

私が12歳の時、両親が他界した。

私には三つ年下の弟が居たのだが、それぞれ別々の親戚に引き取られた。

一ヶ月も経たないうちに親戚の私に対する態度は冷たくなり、私は高校進学を諦め、工場に就職して一人暮しを始めた。

私が17歳になると同時に弟を呼び、二人で暮らすようになった。

弟には世間並みの生活を送らせてやりたいと思い、昼は工場、夜は水商売で何とか弟を高校に入れることが出来た。

それから三年…。

弟は高校を卒業し、東京で働くと言い、上京した。

私は夜の仕事を辞め、近所のスーパーで働くことにした。

スーパーの社員さんは良い人ばかりで働き甲斐があった。パートの人達とも仲良くなることが出来、毎日が楽しかった。

職場で恋人も出来た。

今までの人生で、恋愛や遊びなどは経験が無かったので、毎日がとても新鮮だった。

ある日、出勤時に急いでいた私は、不注意で車に跳ねられた。

私は車に乗り上げ、そのまま20メートルほど飛ばされた。

その瞬間、巷でよく言われている通り、今までの人生が走馬燈のように駆け巡った。

気が付けば病院だった。

病院のベットで私は考えた。

人には幸せ、不幸せの量が決まっているんじゃないかって。

私が恋人を作ったり、職場の人と楽しく遊んだりしたから、罰が当たったんじゃないかって。

幸い右腕が折れただけでしたが、色々検査をしてもらうと肝臓に障害が見つかり、それで検査入院することになりました。

入院生活を送っていたある夜、消灯後もなかなか眠れず、色々と考えていました。

私は何の為に生まれて来たのだろう…。

こんな辛い人生なら、生まれて来たくなかった。

そう考えながら横になっていると、ふと背後に気配を感じました。

『看護婦さんかな?』

と思い、慌てて涙を拭いて振り向くと、そこには亡くなったはずの両親が居ました。

私はビックリして声を出すことが出来ず、夢でも見ているのかと思いました。

すると母が私の頭を優しく撫でながら、

「ごめんね…ごめんね…」

と繰り返し言いました。

その横で父は悲しそうな顔で私を見ていました。

私は懐かしさと、今まで耐えて来た色々な辛さが一気に爆発し、大泣きしながら母の腰にすがり付きました。

ふと気が付くと、そこには誰も居ませんでした。

しかし母に撫でてもらった感触と、母の香りだけは鮮明に残っていました。

今では一児の母となり、幸せな毎日を送っています。

もし我が子が、あの日の私のようなことを言えば、私はとても悲しいです。

きっと両親も私がクヨクヨしているのを見て、とても悲しくなり、私を慰めに来てくれたのだと思います。

関連記事

河童淵(フリー写真)

河童

幼稚園の頃、祖父母の住む田舎に行った時、不思議な生物に会いました。のんびりとした田舎町で、周りに住んでいる人全員が家族のように仲が良い場所なので、両親も心配せずに私を一人で遊び…

子犬(フリー写真)

子犬のお礼

子供の頃、不思議な経験をしました。小学5年生の当時、私はド田舎で暮らしていました。小学校は統合され、登下校はスクールバスでなければ通えないような土地。スクールバ…

タヌキの神様

俺の姉貴は運が良い人間だ。宝くじを買えば、ほぼ当たる。当たると言っても、3億円なんて夢のような当たり方ではないのが残念なところだ。大抵 3,000円が当たる。何回当たっ…

不思議なお姉さん

小学2年生のころの話。小さいときに母ちゃんが死んで、親父に育てられてた。父子家庭が原因か内向的な性格で、小学校でもひどいいじめにあってた。1年生のころからずっといじめ続…

神社のお姉さん

友達から聞いた話なので詳しくは判らないのだけど、嘘や見栄とは縁のない子が言っていたことなので、きっと実話。友達は霊感持ちではないが、小学生の頃に霊か神仏としか思えないものに会っ…

河原(フリー写真)

猫のみーちゃん

私がまだ小学生の頃、可愛がっていた猫が亡くなりました。真っ白で、毛並みが綺麗な可愛い猫でした。誰よりも私に懐いていて、何処に行くにも私の足元に絡み付きながら付いて回り、寝る時も…

四つ葉のクローバー(フリー素材)

おじさんの予言

あれは11年前、某ビール会社の販促員のパートをしている時に、ある酒屋に伺った時のことです。二回目にその酒屋へ訪問の際、お店の娘さんに「あなたに膜のようなものが掛かって見…

見覚えのある手

10年前の話だが、俺が尊敬している先輩の話をしようと思う。当時、クライミングを始めて夢中になっていた俺に、先輩が最初に教えてくれた言葉だ。「ペアで登頂中にひとりが転落し…

おじいさん(フリー写真)

おんぶしてあげるよ

去年、祖父が亡くなりました。僕は祖父にはよく可愛がってもらっていましたが、何の恩返しもできないまま逝ってしまいました。不思議な体験というのは、その祖父の葬儀の時に起こり…

雑炊

妻の愛

ようやく笑い飛ばせるようになったんで、俺の死んだ嫁さんの話でも書こうか。嫁は交通事故で死んだ。ドラマみたいな話なんだが、風邪で寝込んでいた俺が夜になって「みかんの缶詰食…