亡くなったはずの両親

公開日: 心霊ちょっと良い話

赤ちゃんの手(フリー写真)

私が12歳の時、両親が他界した。

私には三つ年下の弟が居たのだが、それぞれ別々の親戚に引き取られた。

一ヶ月も経たないうちに親戚の私に対する態度は冷たくなり、私は高校進学を諦め、工場に就職して一人暮しを始めた。

私が17歳になると同時に弟を呼び、二人で暮らすようになった。

弟には世間並みの生活を送らせてやりたいと思い、昼は工場、夜は水商売で何とか弟を高校に入れることが出来た。

それから三年…。

弟は高校を卒業し、東京で働くと言い、上京した。

私は夜の仕事を辞め、近所のスーパーで働くことにした。

スーパーの社員さんは良い人ばかりで働き甲斐があった。パートの人達とも仲良くなることが出来、毎日が楽しかった。

職場で恋人も出来た。

今までの人生で、恋愛や遊びなどは経験が無かったので、毎日がとても新鮮だった。

ある日、出勤時に急いでいた私は、不注意で車に跳ねられた。

私は車に乗り上げ、そのまま20メートルほど飛ばされた。

その瞬間、巷でよく言われている通り、今までの人生が走馬燈のように駆け巡った。

気が付けば病院だった。

病院のベットで私は考えた。

人には幸せ、不幸せの量が決まっているんじゃないかって。

私が恋人を作ったり、職場の人と楽しく遊んだりしたから、罰が当たったんじゃないかって。

幸い右腕が折れただけでしたが、色々検査をしてもらうと肝臓に障害が見つかり、それで検査入院することになりました。

入院生活を送っていたある夜、消灯後もなかなか眠れず、色々と考えていました。

私は何の為に生まれて来たのだろう…。

こんな辛い人生なら、生まれて来たくなかった。

そう考えながら横になっていると、ふと背後に気配を感じました。

『看護婦さんかな?』

と思い、慌てて涙を拭いて振り向くと、そこには亡くなったはずの両親が居ました。

私はビックリして声を出すことが出来ず、夢でも見ているのかと思いました。

すると母が私の頭を優しく撫でながら、

「ごめんね…ごめんね…」

と繰り返し言いました。

その横で父は悲しそうな顔で私を見ていました。

私は懐かしさと、今まで耐えて来た色々な辛さが一気に爆発し、大泣きしながら母の腰にすがり付きました。

ふと気が付くと、そこには誰も居ませんでした。

しかし母に撫でてもらった感触と、母の香りだけは鮮明に残っていました。

今では一児の母となり、幸せな毎日を送っています。

もし我が子が、あの日の私のようなことを言えば、私はとても悲しいです。

きっと両親も私がクヨクヨしているのを見て、とても悲しくなり、私を慰めに来てくれたのだと思います。

癒しの手

不思議なおっさん

自分が小学生の頃、近所で割と有名なおっさんがいた。 いつもぶつぶつ何か呟きながら町を徘徊していた人だった。 両親も含めて、奇妙な人だから近寄らない方が良いと誰もが言っていた…

犬(フリー写真)

埋葬した子犬

心霊体験になるのか分かりませんが、子供の頃に不思議な経験をしました。 小学5年生の時、私は凄い田舎で暮らしていました。 小学校は統合され、登下校はスクールバスでないと通え…

スマートフォンを持つ手(フリー素材)

亡くなった人からの電話

亡くなった人からの電話というのは本当にあるのかな。 ※ 自分の中学生になる息子が、夏休みに自転車で四国一周をすると言い出した。 それで携帯を持たせて毎日連絡するように伝え、行…

お茶(フリー写真)

寂しがりなじいちゃん

母方のじいちゃんが何年か前に亡くなったのだけど、家によく出るらしい。 殆どの場合はばあちゃんが目撃するのだが、対応が実に大らかだ。 ある日、ばあちゃんが台所仕事をしていると…

空(フリー写真)

石屋のバイト

私は二十歳の頃、石屋でバイトをしていました。 ある日、お墓へ工事に行くと、隣の墓地に自分の母親くらいのおばさんが居ました。 なぜかその人は、私の働く姿を見守るような目で見て…

白い影

当時、私は精神的に荒んでいて、よく大型バイクをかっ飛ばしたりしていました。 その日もバイクで走っていたのですが、広めの幹線道路は渋滞していました。 そこで、道の左端をすり抜…

携帯電話を持つ女性(フリー写真)

家族からの電話

これはある一人暮らしの女の子が、うつ病になった時に体験した不思議な話です。 その女の子は人間関係が原因で仕事を辞め、殆ど引き篭もり状態になり、毎日死にたいと思うようになっていたそ…

結婚式の席(フリー写真)

前彼の祝福

学生時代、彼氏を事故で亡くした。 私はそのことを引きずり、 「もう新しい彼氏も結婚もいらない」 と荒み、誘いも蹴り、告白も断り、おひとりさまの老後を設計していたのだ…

ソファー(フリー写真)

人の想い

俺は出張マッサージを生業にしているのだけど、十何年か前、名前を言えば誰でも知っている会社の会長さんのお宅に仕事でお伺いした時の事。 いつものように呼び鈴を押して返事を待っていた…

枝に積もる雪(フリー写真)

おじいさんの足音

母から聞いた話です。 結婚前に勤めていた会計事務所で、母は窓に面した机で仕事をしていました。 目の前を毎朝、ご近所のおじいさんが通り、お互い挨拶を交わしていました。 …