かごめかごめ

56c5e61bb5

この話は、実際に友人が遭遇した話で、彼もその場所はついに教えてくれませんでした。

実際に人が2人死に、彼も警察にしつこく尋問されたそうです。

これは私が大学時代にその友人から聞いた話なのですが…。

彼がある日バイト先の友人6人と、中国地方某県某所の吊り橋にドライブに行った時の事です。

その日、彼らは車2台に分乗し出かけたそうです。彼は、後ろの車のドライバーでした。

前の車にはバイト先の店長と、彼らのグループ内で公認の、そして親さえ公認のカップルが。後ろの車には、残りの彼を含む4人が乗り込み、彼はドライバーだったそうです。

朝から出発したにも関わらず、途中で色々寄り道をしたおかげで、目的地の吊り橋に到着したのはもうすっかり日も陰った夕闇時だったそうです。

山の中の深い谷に架かる吊り橋。

吊り橋が近づくと小雨が振り出し、うっすらと霧も出てきたそうです。

吊り橋の手前は広場になっており、晴れていればそこに車を停め、歩いて吊り橋を渡り帰ってくるはずでした(吊り橋の向こうは当時から行き止まりになっており、この吊り橋は観光用に残されたものらしいです)。

ところが、広場まで来ると前の車が急停止したそうです。

「???」

10メートルほど後ろで、2台目の車に乗っていた4人は、なぜ店長が車を停めたのか分からずに暫く固まっていたそうです。

しかし、一向に動かす気配も無いので、彼が様子を見に行こうとドアを開けかけた瞬間、前の車の後席に座っていた友人のカップルが車から飛び出してきたそうです。

彼も驚いて車から降り、

「なんかあったんか?」

と叫んで近づこうとしたその時、2人は手を繋いで、凄い勢いで走り出し、そのまま広場の端のガードレールを飛び越えて谷に身を投げてしまったのです…。

彼らは驚いてガードレールまで駆け寄り、谷底を見ましたが霧で何も見えなかったそうです。

呆然自失していた彼ら4人も我に返り、前の車の店長の様子を見に車まで戻りました。

店長は、運転席でハンドルを手が白くなるまでしっかり握り小声でぶつぶつと

「行っちゃだめだ行っちゃだめだ行っちゃだめだ行っちゃだめだ行っちゃだめだ」

と呟いていたそうです。

とりあえず、彼らは警察に通報しました。

警察がすぐに到着し、すっかり正気をなくした店長は救急車で運ばれたそうです。

その後2人は、当然ですが死体となって発見されました。

彼らは警察にしつこく尋問されましたが、結局、自殺という形になったそうです。

その後、店長の見舞いに行った彼は、店長にあの時何があったのか聞いたそうです。

店長が言うには、あの時、突然車の前に古風な着物を着た女の子が霧の中から現れたそうです。

『危ない!』

と思って急ブレーキを踏んで車を停止させると、まるで時代劇か明治のドラマに出てくるような格好をしたおかっぱ頭の女の子で、なぜか笑っていたそうです。

『こんな所に…?』と思うより先に不気味に思い、逃げるかと思った時、車の周りを同じ様な格好をした子供達に囲まれていることに気づいたそうです。

『うわっヤバイ』

と思った店長はとっさにお経を口の中で唱え始めたそうです。

車を囲んだ子供達はそのまま手を繋ぎ歌いだしました。

「か~ごぉめぇか~ごぉめぇかぁごのなかのとぉりぃはぁ…」

その時、店長の頭の中に子供の声が

「おいでよぉ。おいでよぉ。おいでよぉ」

と響いてきたそうです。

店長は

「行っちゃだめだ行っちゃだめだ行っちゃだめだ行っちゃだめだ」

とハンドルを握り、ひたすらお経を唱えたそうです。

その時、後ろの2人が突然車から降りると子供達と手を繋ぎ、子供達と一緒に走り出したそうです。

ガードレールの向こうへ…。崖に向かって。

「こんな話、警察は信じてくれねーしよお。俺だって、もうあれが本当かどうかなんて自信ねーよ」

と店長は、最後に彼に言ったそうです。

その話を一緒に聞いていた別の友人が、

「またー、よくできた作り話だなあ」

と茶化すと、彼は一言

「本当だよ、あの2人はそれで死んだんだ」

と言いました。

関連記事

星空の下(フリー写真)

白く光る顔

数年前、とある湖畔で朝釣りのためにキャンプをしていた時のこと。夜中の焚き火中に、「たすけてえええ!だれかあ!」と女性の声が湖の方から聞こえて来て、そちらに目をや…

滝壺(ゆんフリー素材)

好きだった叔父さん

小学生の頃、家に叔父さんが居候していた。叔父さんは工場の仕事をクビになり、家賃も払えなくなってアパートを追い出され、毎日やることも無く俺んちでゴロゴロしていた。収入も無…

乾杯(フリー写真)

言えないこと

大学時代の友人から「うちに遊びに来ない?」と電話が入った。声を聞くのは半年振り、実際に会うとなれば1年ぶりにもなるのだな…。そう仕事明けのぼんやりした頭で話半分に聞いて…

花(フリー素材)

いっちゃん

妹の話。妹が5歳、自分が7歳の時、伯父が遊びに来た。伯父を見るなり妹は、「がしゃーんがしゃーん、イタイイタイの伯父さん」と言い出した。伯父も両親…

鮒おじさん

小学校4年生の夏休みの事で、今でもよく覚えている。川と古墳の堀を繋いでいる細い用水路があって、そこで一人で鮒釣りをしてたんだ。15時頃から始めたんだけど、いつになく沢山…

そこを右

あるカップルが車で夜の山道を走っていた。しかし、しばらく走っていると道に迷ってしまった。カーナビもない車なので運転席の男は慌てたが、そのとき助手席で寝ていたと思った助手…

地下の井戸(長編)

これを書いたら、昔の仲間なら俺が誰だか分かると思う。ばれたら相当やばい。まだ生きてるって知られたら、また探しにかかるだろう。でも俺が書かなきゃ、あの井戸の存在は闇に葬ら…

夜の山道

ヤマメ

あれは母の実家から帰る途中での出来事。母の実家はG県の田舎で、夏はキャンプ、冬はスキーをする人が来るような山の中。お盆の時期になり、母が祖父の家に帰るらしいので、3人で…

呪詛

相も変わらずこのスレは荒れてるようで。怖い話の怖さとは、それを見聞きする環境にも左右されるのはご存知の通りだと思いますが、現在のスレのような状況では、仮に良質な話が投下されたと…

古民家(フリー写真)

幸恵

戦後すぐのお話。哲夫という田舎の青年が、カメラマンになるために上京しました。哲夫には幸恵という恋人が居ました。幸恵は両親の反対を押し切り、哲夫と一緒に上京。貧し…