赤の他人

公開日: ほんのり怖い話

女性のシルエット(フリー素材)

俺は物心付いた時から片親で、父親の詳細は判らないままだった。

俺は幼少期に母親から虐待を受けていて、いつも夕方の17時から夜の21時まで家の前でしゃがみ込み、母親が風呂に入って寝るのを待っていた。

ボロアパートの2階だったので、階段下でずっと待つんだ。

夏も冬も暑くても寒くても、とにかく4時間も外で待つのは辛かった。

しかし家に入ると母親に殴られるので外に居た。

21時になると母親は寝るのでこっそりと家に入り、朝まで押入れの中で眠った。

母親は明け方の3時頃に家を出て行くので、それから起きて家にあるご飯を食べた。

生活保護を受けていたのか仕事をしていたのかは不明だが、一応給食費だけは出していたので、平日は給食が唯一のまともなご飯だった。

母親は夕方の16時55分には必ず家に帰って来た。

男を連れて来る時もあった。

その男も母親と同じように、俺にしつけと言いながら殴る蹴るの暴力を行った。

そんな日々が、俺の小学校生活に於ける日常だった。

俺が小学5年生になったある日、学校の友人数人が万引きをして捕まった。

俺は万引きをしなかったのだが、一緒に居た事で注意を受けるために学校へ連れて行かれた。

親が迎えに来てぶん殴られる子も居れば、泣きながら謝る親も居た。

俺の親は迎えに来なかった。何度電話をしても。

担任は俺と一緒に家に行くと言うが、俺は必死で断った。怖かったんだ、暴力が。

何とか俺は無実だった旨を伝え、また親は忙しくて夜中しか家に帰らないと嘘を吐いた。

そして、注意指導と先生から母親への文書報告だけで済むことになった。

取り敢えず難を逃れたと思ったが、結局帰った瞬間に包丁で手を切られた。

初めて泣き叫びながら「死」を感じた。

異常だと思ったのかアパートの住人の誰かが警察を呼んだらしく、数人の警官が駆け付けて母親を取り押さえ、俺は養護施設(孤児院と呼ばれていたけど)へ入所することになった。

中学卒業と同時に俺は仕事を探し、今の仕事(とび)に就いた。

院の先生は良い人達だったので、今でも繋がりがある。

今だににぞっとするのは、俺が母親だと思っていた女性が赤の他人だったこと(あれ以来会っていないが)。

そして俺の母親は戸籍上、俺が2歳の時に死んでおり、俺には父しか居なかった。

父親との面識は一度も無い。それを本当につい最近知った。

ただ、俺は暴力を振るわれようと貶されようと涙を流しながら耐えて、いつかはいつかはと普通の家族を夢見て信じていた母親と呼べる女性が、他人で誰かも判らないと言う事実が正直怖かった。

あの女性は誰で、何の関係で俺を育てていたんだろう。

本当に極稀に俺を撫でた手の優しさは何だったんだろう。

そう考えると泣けてもくる。

あの家に行ってみたが、今は誰も住んでいなかった。

でも階段下の壁に『まーくん』と削られた文字を見つけて、不可思議な同居生活が何だか虚しく思い出された。

この投稿への返信

泣いた。

そして怖かった。

養護施設の人に聞いたら情報持ってるんじゃない?

それが不思議なんだけど、院の先生は知らないと言うんだ。

警察から連絡があってそのまま預かった経緯は教えてくれたけど、それ以外は不明だと言って教えてくれないんだ。

それで俺は父に育てられていたことになっているんだけど、俺は父の顔も知らないんだよね。

もしかしたら事情を考慮して隠しているということも考えられるけど、嘘を吐く必要も無いし。

取り敢えず父親は俺に会いに来たことさえ無いし、今も不明だし。

あの女性は何者なのか知らないままの方が良いかもしれないから、俺も深くは探さないつもり。

関連記事

病室(フリー素材)

優しい声

これは俺が中学生の時の体験です。 恐怖感はあまり無く、今でも思い出すと不思議な気持ちになります。 ※ 中学二年の二学期に急性盲腸炎で緊急入院しました。定期テストの前だったので…

天井(フリー素材)

十時坊主

ある日、バイト先に群馬生まれの男が入って来た。 そこでの俺は勤務年数が長かったので、入って来るバイトに仕事の振り分けや作業指導などの仕切りをやっていた。 仕事を共にして行く…

白い影

当時、私は精神的に荒んでいて、よく大型バイクをかっ飛ばしたりしていました。 その日もバイクで走っていたのですが、広めの幹線道路は渋滞していました。 そこで、道の左端をすり抜…

オオカミ様のお堂(宮大工1)

俺が宮大工見習いをしてた時の話。 大分仕事を覚えてきた時、普段は誰も居ない山奥の古神社の修繕をする仕事が入った。 だが親方や兄弟子は同時期に入ってきた地元の大神社の修繕で手…

地下鉄(フリー写真)

目に見えない存在の加護

その日はいつも通りに電車に乗って会社へ向かった。 そしていつものようにドアに寄り掛かりながら外の景色を眺めていた。 地下鉄に乗り換える駅(日比谷線の八丁堀駅)が近付いて来て…

飲食店(フリー素材)

身代わり

少し昔の話をする。 私の友人が飲食店の店長をする事になった。 その店に行きたいと思いつつなかなか都合がつかず、結局その店に行けたのはオープンから一ヶ月が過ぎようとしている頃…

霧のかかる山(フリー写真)

酒の神様

去年の今頃の時期に結婚して、彼女の実家の近くのアパートに住んでいる。 市内にある俺の実家から離れた郡部で、町の真ん中に一本国道が通っており、その道を境に川側と山側に分かれている。…

雑炊

妻の愛

ようやく笑い飛ばせるようになったんで、俺の死んだ嫁さんの話でも書こうか。 嫁は交通事故で死んだ。 ドラマみたいな話なんだが、風邪で寝込んでいた俺が夜になって「みかんの缶詰食…

モデルカー(フリー写真)

形見分け

俺はとある物のコレクターなのだが、コレクター友達であるAがある時突然、余命宣告を受けるような大病に罹ってしまった。 もう手の施しようがないレベルで、元気に動いているのが不思議な状…

見えない恋人

大学生時代、同じゼミにAと言う男がいました。 Aはあまり口数の多い方ではなく、ゼミに出席しても周りとは必要なこと以外はあまり話さず、学内にも特に親しい友人はいない様子でした。 …