踊り狂う血まみれの女

CCEBA4CEA5A2A5D1A1BCA5C8

すっげー昔のガチ話な。

俺の実家はA県H市なんだけど、殺人事件があったんだ。

生まれる前だったんで人から聞いた話。

場所は映画館の近くにあるアパートの2階、犯人は小学生、金欲しさの犯行。

家主が外出した後忍びこみ、丁度帰宅したところで見つかったため台所の包丁で刺殺。

かなり酷い殺され方で当時は話題になったらしい

――それから数年後。

事件の記憶も薄れそこのアパートを不良高校生が借りていたんだ。

田舎の港町で気性の荒い連中が多い地域の不良達だから喧嘩、窃盗、シンナーは当たり前のような連中。

ある晩も集まって騒いでいた。

しかし、いつも以上に急に騒ぎ始めたので隣の住人が「シンナーでも吸ってんのか?」と思い、怒鳴りこんだらしい。

そして、隣の住人がドアを開け一歩踏み込んだ瞬間。

目にしたのは部屋の中で踊り狂う血まみれの女と、窓から飛び出していく不良の姿。

不良は大声をあげて逃げて行き、隣の住人は腰が抜けて動けなかったそうだが気が付いたそうだ。

その血まみれで踊り狂っているのはその部屋で数年前に殺された女性…。

その後、逃げ出した不良の一人が警察に連絡し大騒ぎになり新聞にも載ったそうだ。

ここまでは以前バイトしたときに聞いた話なんだが、俺に聞かせてくれた先輩がその時の不良の一人で詳細に話してくれた。

その晩、よく集まる仲間で麻雀を打っていたそうだ、絶対にシンナーは吸っていないし幻でもないと断言していた。

ちょっと盛り上がってきた深夜に、一人が急に「うあっ」と大声を上げ、周りの連中は「うるせーwww」「なんだよww急にwww」と囃し立てたが、大声を上げた男は真っ青な顔をしながら窓を指差し「幽霊だっ!!」と叫び、壁際に這いずりながら下がっていった。

それを見た他の連中も、半分つられて何気に窓を見ると、空中で女が踊っているのを目にしたそうだ。

「なんだあれ」「うあああああ」などと叫び大騒ぎになった瞬間、女が飛んで窓にへばりついてきたそうだ。

こうなるともうパニック以外形容しようがない状態で大騒ぎしていると、隣の住人が怒鳴りこんできた。

その瞬間、窓にへばりついていたはずの女は消え、玄関から入って来て部屋の中で踊り狂い、先輩と不良たちは窓から飛び降りて逃げたが、どこの道を走ったのかその後の記憶はないらしい。

気付いたら明け方近くで警察に事情聴取を受けていたそうだ。

何故この話を聞くことができたかと言うと、3~4年前に起きた一家殺して自殺という事件の犯人が、昔事件を起こした小学生で、報道を聞いて急に思い出したらしい。

俺に話してくれている時も、普段は血色の良い顔が青白くなって語っていたのが印象的だった。

探せば新聞記事とか出てくるかもしれん。

関連記事

白い人影

高校生の時に某飲食チェーンでバイトしてたんだけど、その時の社員さんに聞いた話。 その社員さん(Aさん)は、中学生の時に親戚の叔父さんが経営する倉庫で、夏休みを利用してバイトするこ…

落ちていた位牌

寺の住職から聞いた話。 近隣の村ですが、その村には立派な空家が一つあり、改装の必要なく住めるほど状態が良いものでした。 近頃は都会の人が田舎暮らしを希望するIターンがはやり…

トンネルの女の子

ちょっと書かせてもらう。怖かったんだ。ほんとに怖かったんだ。 20数年生きてて心霊現象なんてついぞお目にかかったことがなくてさ。 怖い話は好きだけど、そんなの実際にはありえ…

夜の山

霊感のある女性

あれは去年の秋頃だったと思います。 夕暮れ時、近所に買い物に出た私はふと、その日がいつも買っている雑誌の発売日だったことを思い出し、本屋へと足を向けました。 本屋はスーパ…

裏山

危険な好奇心(後編)

あれから5年。俺達3人はそれぞれ違う高校に進んで、すっかり会うこともなくなっていた。 あの「五寸釘の女」事件は忘れることが出来ずにいたが、記憶は曖昧になり、その恐怖心はかなり薄れ…

峠(フリー写真)

夢の女と峠の女

俺は幽霊は見たことがないのだけど、夢とそれに関する不可思議な話。 中学3年生くらいの頃から、変な夢を見るようになった。 それは、ショートヘアで白いワンピースを着た二十代くら…

トンネル(フリー写真)

変化するビデオテープ

友人から聞いた話。 彼が大学に通っていた頃に、泊まりがけで遊びに行ったグループが居た。 その時、仲間の一人がビデオカメラを持っていて、みんなふざけて色々映していた。 …

河原

河原のおじさん

この話は、私の父から聞いたものです。 父が子供の頃、学校から帰るとすぐに川へサワガニ捕りに行っていたそうです。 ある夏の日も、一人で川へ出かけ、むしむしとした暑さの中でサ…

通学路(フリー素材)

お地蔵様の顔

小学校の頃、通学路に小さな祠があった。 その傍らに背が40センチぐらいのお地蔵様が四体、通学路の方を向いて並んでいたのだが、右端のお地蔵様だけ顔が見えないように、顔の前面が布で隠…

零の開発中に起きた怪奇現象

これまでホラーゲーム『零』シリーズは、絶対お祓いをしないというディレクターの柴田の信念がありました。 本当に恐いことが起こるゲームとしては、逆にお祓いをしては恐怖を逃すことになる…