足音

公開日: ほんのり怖い話 | 心霊体験

steps_in_the_snow__by_Hasche

これは母から聞いた話なんですが。

結婚前勤めていた会計事務所で、母は窓に面した机で仕事していました。

目の前を毎朝御近所のおじいさんが通り、お互い挨拶を交わしていました。

ある日は果物や家で採れた野菜などを差し入れてくれる日もあったとか。

母はそのおじいさんと仲良しだったみたいです。

おじいさんが来るとき、さくさくと雪を踏む音が聞こえてくるので、いつも窓を開けて挨拶していたそうです。

でも、ある日おじいさんは顔を出しませんでした。

家族の人に訊くと「山に行ったっきり帰ってこない」と…。

捜索願いも出され、母も事務所の人達もとても心配していたそうです。

2日後の朝、いつものようにさくさくと音がするので、おじいさんが戻って来たんだと思い、母は窓を開けて顔を出しました。

事務所の人達も窓のところに寄ってきました。

でも、誰もいない。足音は目の前で止まりました。

空耳かなと思って窓を閉めようとした時、また足音がして、それはだんだん遠ざかって行ったそうです。

そのあと、電話が鳴りました。

おじいさんの家族から「ついさっき、谷底で死んでいるのが見つかった」と。

最後に会いに来てくれたんだねってみんなで話したのよ、と言っていました。

なんだか聞いててちょっと切なくなりました。

オオカミ様の涙(宮大工6)

ある年の秋。季節外れの台風により大きな被害が出た。古くなった寺社は損害も多く、俺たちはてんてこ舞いで仕事に追われた。その日も、疲れ果てた俺は家に入ると風呂にも入…

半分よこせ

俺がまだ小学生の頃の話。俺んちは両親が共働きで、鍵っ子というか、夕方までは俺一人だった。その日もいつもと同じように、居間でコタツに入って寝てたんだよ。母の帰りを待ちなが…

千羽鶴(フリー写真)

お見舞い

俺は中学と高校の時、寮に入っていた。その時の出来事。その寮では夜に自習時間というのがあり、自習は自習棟という、宿泊棟とは別の建物で行われていた。ある日、Tという後輩が自…

灯篭流し(フリー写真)

灯籠流し

小学生の頃、よくH瀬村と言う山奥にある村に遊びに行っていました。毎年夏になると、写真好きの父に連れられて村を訪れ、村外れにある川で泳ぐのを楽しみにしていました。私が小…

少年と祖母

今年33歳になるが、もう30年近く前の俺が幼稚園に通っていた頃の話です。昔はお寺さんが幼稚園を経営しているケースが多くて、俺が通ってた所もそうだった。今にして思うと園の横は納骨…

版画(フリー素材)

婆ちゃんの戦時中の話

昔、婆ちゃんから聞いた戦時中の話を一つ。第二次世界大戦中、うちの婆ちゃん(サノ)が10歳の頃の話です。 ※ 婆ちゃんはお姉さんと避難のために親元を離れ、田舎の遠い親戚の家に…

北陸本線

二日前だから11月の6日の出来事。終電間近の北陸本線の某無人駅での変な話。音楽を聴きながら待っていると、列車接近の放送もなく急にホームに列車が現れた。「うぉっ、時刻表よ…

材木(フリー写真)

合いの手

俺の親父が若い時分に、山から材木を切り出す仕事をしていた頃の話。飯場と呼ばれる山の中の宿舎で、他の作業員と寝起きを共にする仕事だったそうだ。その中に民謡のとても上手い…

昭和さん

私の地元は田舎で、山の中にある新興住宅街だった。新興と言っても、結局発展し切れなかったような土地だった。私は山に秘密基地を作り、友達とよく遊びに行ったものだった。ある日…

考古学の本質

自分は某都内の大学で古代史を専攻している者です。専攻は古代史ですが、考古学も学んでいるので発掘調査にも参加しています。発掘調査なんてものは場合によっては墓荒らしと大差な…