不倫はダメ

woman-art-3-jczb7wxwjr-1280x1024

叔母さんが東京で友達とアパート暮らししてた時の話。

友達と服飾を目指し勉強中だった叔母は、友達とも毎日帰宅が深夜だった。

今では珍しくなった木造で、外側にカンカンと音が出る鉄の階段が付いている。叔母達は2階に住んでいた。

1階のすりガラスにはいつもお下げ髪を結った若い女性が映っており、料理を作っていたり動き回っている姿を、深夜に関わらずよく見ていたそうだ。

約1年半ほど経った頃、おば達の生活は相変わらず深夜帰宅で、下にいる女性も直接会ったことは無かったが、生活音やガラスに映るシルエットで無事に暮らしていたようだ。

家賃をうっかり滞納したため、ある日大家が催促に来た。世間話で、1階にいる女性の話をしたところ、見る間に大家の顔色が青ざめ、家賃も忘れて出て行ったそうだ。

しばらくして大家が実情を話してくれたそうだ。なんでも、不倫の末自殺した女性なのだそうだ。

もう何年も1階には人が住んでいないとのこと。

不倫しては深夜に来ることが多かったので、お下げ髪の女性は深夜よく料理を作っていたそうだ。

不倫はやっちゃあダメだよね。

関連記事

青木ヶ原樹海(フリー素材)

青木ヶ原樹海探索記

自分は卒業旅行で富士の樹海に行った大馬鹿者です。 わざわざ九州から青春十八切符を使い、普通列車を乗り継いで…。 とにかく幽霊を見たいという目的で、友人と二人で二日掛けてのの…

観音開きの蓋

私がまだ小さかった頃に体験した話です 好奇心旺盛だった私はよく馬鹿な事をして怪我をし、親に心配をかけるようなそそっかしい子供でした。 その当時、私と家族は10階建ての団地の…

別荘

人の塊

2年前の話を。 この話は一応口止めされている内容のため、具体的な場所などは書けません。 具体的な部分は殆ど省くかボカしているので、それでも良いという方だけお読みください。 …

ゴムまり持った女の子

私がまだ花の女子大生だった頃のお話です。 私の学科用の校舎は新設されたばかりでまだぴかぴか。最上階には視聴覚設備用の特別教室があり、その上にパイプスペース用の小部屋だけがある階が…

金縛り中の他者的視点

以前、一度だけどうにも奇妙な体験をしたことがある。 金縛りというものは多くの人が経験してると思うが、あれは脳の錯覚だ。 本当は寝ているだけなのに、起きていると脳が勘違いをし…

話しかけてきた人影

私の祖母は、亡くなるまでに何度もこの話をしていた。それは、私の父がまだ赤ん坊だったときのこと。 ロンドンが空襲に遭い、住む家を破壊されてしまった祖母は、友人の家に身を寄せることに…

木更津古書店

これは自分の体験談という訳ではないんですが…。幽霊やなんかの仕業なのかもよく分かりません。 私も大分絡んではいるんですが、祖母の様子がちょっと変なんです。原因は判っています。一通…

離島の駐在所

私はある離島の駐在所に勤務しております。 この駐在所に来る前は、派出所に勤務しておりました。 田舎に住む事になりましたが、私は不運だったと思っていません。職住接近だし、3直…

お婆さんの願い

会社の仕事を終え、夜の帰り道。 最寄り駅から自宅まで歩いていると、帰路途中の家のドアが開いていて、お婆さんが手招きをしていた。 『高いところにあるものを取って欲しいとか、そ…

雪山(フリー写真)

鎖で封印された祠

『牛の首』という江戸時代から伝わる怪談があるが、俺の田舎にもそれに類する伝説があった。 標高200メートルくらいの山があった。山と言うより、丘に近い感じだ。 地元の人たちは…