同じ夢

公開日: ほんのり怖い話

河原(フリー写真)

これは四つ下の弟の話。

当時弟は小学4年生、俺は中学2年生、兄貴は高校一年生だった。

兄貴は寮に入っていたから、家に帰って来ることは殆どなかった。

俺は陸上部に入っていて、毎朝ランニングをしていた。

ある夏の日、いつも通り早起きすると、下のベッドで寝ているはずの弟が居なかった。

トイレに行っているのだろうと思い、気にせず外に出た。すると弟が外で寝ていた。

俺は弟を起こして、気にせずランニングに行った。今思うと玄関にはカギが掛かっていた。

それから度々弟が居なくなり、その都度家の中で見つかった。

外で見つかることはなかったが、机の下、テーブルの下、タンスの陰などに隠れるようにして。

そんなことも忘れていた今年の正月、家族で思い出話をしている時に母親が言ったんだ。

お前達兄弟は夢遊病の癖があったんだよ、と。

自分が夢遊病だったなんて覚えてないし、兄貴が夢遊病だったなんて知らなかった。

でも、それで思い出したことがある。それで兄貴だけに聞いてみた。

俺「昔、何度も同じ夢見たこと無い? かくれんぼする夢」

兄「そう言えば、小学生の頃に何回か見たな」

俺「一緒にかくれんぼしてた子に、誘われたことない?」

兄「一緒に川原に行こうって? 行かなかったけど」

俺「同じだ。俺も断った。最後にその子に言われなかった?」

俺、兄「じゃいいや。弟と行くから」

その夢を見なくなったのは、その頃からだと思う。

そう、来月は弟の十三回忌。

十二月の朝、俺がランニングから帰ると、家に救急車が来ていた。

布団の中で冷たくなっているのを、母親が発見したらしい。

弟が同じ夢を見たかは知らない。

川原について行ったのか、末っ子だからか。ただの心不全なのか。

これは親には絶対話さない、俺と兄貴だけの秘密。

関連記事

神秘的な山(フリー素材)

山の少年

中学時代、夏休みを利用して友達と川釣りに行こうという話になりました。夜中の午前3時頃に集合し、市街地から自転車をひたすら漕いで約3時間、目的の川に到着しました。 ※ 早速、…

踏み入るべきではない場所

私がまだ小学校低学年の幼い子供だった頃、趣味で怖い話を作っては家族や友達に聞かせていました。「僕が考えた怖い話なんだけど、聞いてよ」と、きちんと前置きをしてからです。特…

恋人(フリー写真)

本当の霊視

とある心霊系のオフ会に参加した時の話です。私は霊感がある(手品も上手い)Tさんの車に乗せてもらい、スポットを幾つか回りました。不思議なのはその人の会話です。話題…

白い影

当時、私は精神的に荒んでいて、よく大型バイクをかっ飛ばしたりしていました。その日もバイクで走っていたのですが、広めの幹線道路は渋滞していました。そこで、道の左端をすり抜…

オオカミ様のお堂(宮大工1)

俺が宮大工見習いをしてた時の話。大分仕事を覚えてきた時、普段は誰も居ない山奥の古神社の修繕をする仕事が入った。だが親方や兄弟子は同時期に入ってきた地元の大神社の修繕で手…

朝日(フリー写真)

幽霊と酒

母の同僚のおじさんが釣りに行った時のこと。朝早く車で出掛けて行き、朝日が昇るまで車の中で焼酎を飲んで暖まっていた。いつもは待ち時間用の小屋みたいな所で過ごすのだけど、そ…

ラーメン屋

ある大学生が買い物の帰り、小腹が空いたのでたまたま目についたラーメン屋に入った。特に期待はしていなかったのだが、これが意外と美味くて彼はご機嫌だった。帰り際に「おばちゃ…

みょうけん様

うちの地元に「○っちゃテレビ」というケーブルテレビの放送局があるんだが、たまに「地元警察署からのお知らせ」というのを流すんだ。どこそこのお婆さんが山に山菜を採りに行って行方不明…

油絵の具(フリー素材)

風景画の中の女性

心霊写真の話はよく聞くけど、風景画に霊が入り込む事もあるのだろうか。定年退職後の祖父の趣味は油絵だった。描いているものは人物画だったり、風景画だったり、祭事を描いたりと…

寝室(フリー背景素材)

ムシリ

私の家系の男は全員『ムシリ』という妖怪が見える。正確には、思春期頃に一度だけ会うものらしい。おじいさんの話だと、夜寝ていると枕元に現れ、家系の男の髪の毛を毟り、食べるの…