華ちゃん

公開日: 心霊ちょっと良い話

市松人形(フリー写真)

高校生の時に婆ちゃんが亡くなり、形見で市松人形を頂いた。

かなり古いが可愛い顔で、良い品だと見て取れるような市松さん。

『華ちゃん』と名付け、髪飾りを作って付けてあげたり、よく可愛がっていた。

大学進学で一人暮らしになる時、華ちゃんも連れて来た。

そのうちサークルの友達や先輩を部屋に上げるようになったが、ふと気付くと時折、華ちゃんがマジギレしていた。

他人には分からないらしいが、目をつり上げ、眉間に皺を寄せた顔はまさにマジギレ。

暫くして、ある特定の先輩が来た時のみマジギレしていることに気付いた。

その頃、部屋から細々したものが偶に紛失していた。必ずサークル内の人が複数で来た後に。

波風を立てたくないし、無くなってもすぐ困るものでもなかったから、ずっと黙っていた。

だが、まさかと思いA先輩に(華ちゃんの事は言わず、ただ物が無くなる事だけ)相談すると、A先輩が華ちゃんがキレた先輩を問い詰めてくれた。

結果的に、私は華ちゃんがキレた先輩から惚れられていたらしい。

把握していた紛失物は、ヘアピン、髪ゴム、小さなマスコットなどだったが、A先輩の家捜しにより、箸、リップクリーム、下着というダメージの大きな物も発見。

窃盗で警察へ行く前に相手の親が出て来て、示談金と相手の退学、それから『今後一切関わらない』の念書で済ませた。

この時は、気付かせてくれた華ちゃんに凄く感謝した。

A先輩や友達からは「下着無くなってんの気付けよ!」と総ツッコミを頂いた。

その後、A先輩が部屋に来ると、華ちゃんは超えびす顔。

もう今にも『よく来たな、ゆっくりしていけ!』とか言いそうなえびす顔。

マジギレ顔と違い、これについてはA先輩も「何か華ちゃん笑ってない?」と言っていた。

A先輩とは何だかんだで付き合う事になり、そのまま結婚した。

『婆ちゃんの霊が華ちゃんに…?』とも一時期思っていたが、やっぱり華ちゃんは『華ちゃん』なのだと今は思う。

何年かしたら、今お腹の中の娘の御守りになってもらう予定です。

着物の少女

毎年夏、俺は両親に連れられて祖母の家に遊びに行っていた。俺の祖母の家のある町は、今でこそ都心に通う人のベッドタウンとしてそれなりに発展しているが、二十年ほど前は、隣の家との間隔…

戦闘機(フリー写真)

護衛機

爺ちゃんから聞いた話。俺の爺ちゃんは戦争中、爆撃機で司令官を運ぶパイロットだった。もちろん護衛に戦闘機を引き連れてだけど。戦争で戦友が次々死んで行く中で、爺ち…

古い箪笥(フリー写真)

鈴の音

小学生の頃、大好きだったばあちゃんが死んだ。不思議と涙は出なかったのだけど、ばあちゃんが居ない部屋は何故か妙に広く感じ、静かだった。火葬が済んだ後、俺は変な気配を感じる…

猫(フリー写真)

親猫の導き

アパートで一人暮らしを始めた頃、アパート周辺を猫の親子がうろついていた。親猫と仔猫四匹。私はどういう訳か親子に懐かれた。アパートでは飼えないので下手に餌をやるのは避け…

二人だけの水族館

俺はじいちゃんが大好きだった。初孫だったこともあって、じいちゃんも凄く俺を大事にしてくれた。俺はあまりおねだりが得意な方じゃなかったけど、色々な物を買ってくれた。 …

繋いだ手(フリー素材)

おばあちゃんが結んだ御縁

半年前に誕生日を迎えたんだけど、その夜に不思議な夢を見た。昔のおじいちゃんの家で正座をしていて、辺りを見渡していたら、ふとおばあちゃんが入って来た。おばあちゃん、四歳の…

妹を守るために

これは知り合いの女性から聞いたマジで洒落にならない話です。一部変更してありますが、殆ど実話です。その女性(24歳)と非常に仲の良いA子が話してくれたそうです。A子には3…

腕時計と街(フリー写真)

四十九日の夢

俺が大学生だった頃の話です。念願の志望校に入学したものの自分の道が見い出せず、毎日バイトに明け暮れ、授業など全然受けていなかった。そんなある日、本屋で立ち読みをしている…

昔の電話機(フリー画像)

申し申し

家は昔、質屋だった。と言ってもじいちゃんが17歳の頃までだから私は話でしか知らないのだけど、結構面白い話を聞けた。田舎なのもあるけど、じいちゃんが小学生の頃は幽霊はもちろん神様…

バー(フリー写真)

見えない常連さん

俺が昔、まだ神戸で雇われのバーテンダーだった頃の話。その店は10階建てのビルの地下にあった。地下にはうちの店しかないのだけど、階段の途中にセンサーが付いていて、人が階段…