華ちゃん

公開日: 心霊ちょっと良い話

市松人形(フリー写真)

高校生の時に婆ちゃんが亡くなり、形見で市松人形を頂いた。

かなり古いが可愛い顔で、良い品だと見て取れるような市松さん。

『華ちゃん』と名付け、髪飾りを作って付けてあげたり、よく可愛がっていた。

大学進学で一人暮らしになる時、華ちゃんも連れて来た。

そのうちサークルの友達や先輩を部屋に上げるようになったが、ふと気付くと時折、華ちゃんがマジギレしていた。

他人には分からないらしいが、目をつり上げ、眉間に皺を寄せた顔はまさにマジギレ。

暫くして、ある特定の先輩が来た時のみマジギレしていることに気付いた。

その頃、部屋から細々したものが偶に紛失していた。必ずサークル内の人が複数で来た後に。

波風を立てたくないし、無くなってもすぐ困るものでもなかったから、ずっと黙っていた。

だが、まさかと思いA先輩に(華ちゃんの事は言わず、ただ物が無くなる事だけ)相談すると、A先輩が華ちゃんがキレた先輩を問い詰めてくれた。

結果的に、私は華ちゃんがキレた先輩から惚れられていたらしい。

把握していた紛失物は、ヘアピン、髪ゴム、小さなマスコットなどだったが、A先輩の家捜しにより、箸、リップクリーム、下着というダメージの大きな物も発見。

窃盗で警察へ行く前に相手の親が出て来て、示談金と相手の退学、それから『今後一切関わらない』の念書で済ませた。

この時は、気付かせてくれた華ちゃんに凄く感謝した。

A先輩や友達からは「下着無くなってんの気付けよ!」と総ツッコミを頂いた。

その後、A先輩が部屋に来ると、華ちゃんは超えびす顔。

もう今にも『よく来たな、ゆっくりしていけ!』とか言いそうなえびす顔。

マジギレ顔と違い、これについてはA先輩も「何か華ちゃん笑ってない?」と言っていた。

A先輩とは何だかんだで付き合う事になり、そのまま結婚した。

『婆ちゃんの霊が華ちゃんに…?』とも一時期思っていたが、やっぱり華ちゃんは『華ちゃん』なのだと今は思う。

何年かしたら、今お腹の中の娘の御守りになってもらう予定です。

関連記事

三宅太鼓(フリー写真)

三宅木遣り太鼓

八月初旬。夜中に我が家の次男坊(15歳)がリビングでいきなり歌い出し、私も主人も長男(17歳)もびっくりして飛び起きました。主人が「コラ!夜中だぞ!!」と言い、電気を点…

雨(フリー写真)

涙雨

親父の葬式の時の話。告別式の最中、心の中で親父に語りかけていた。『親父、まだ上には行ってないだろ。側に居るなら蝋燭を揺らしてみてくれ』すると壇上の蝋燭が激しく…

不思議なお姉さん

小学2年生のころの話。小さいときに母ちゃんが死んで、親父に育てられてた。父子家庭が原因か内向的な性格で、小学校でもひどいいじめにあってた。1年生のころからずっといじめ続…

ろうそく(フリー写真)

お盆の不思議体験

怖くはないけど、お盆が来る度に思い出す不思議な話。今から10年程前、長男が4才の時の夏。俺達家族は例年通り、俺の実家に帰省していた。父は10年以上前に事故で亡く…

椅子(フリー写真)

おかんの夢

おかんが癌で亡くなって6年になる。癌を見つけた時にはもう余命一年の宣告。親父と相談の上、おかんには告知しなかった。一年間、騙し続けた。私はその時、二番目の子供を…

お茶(フリー写真)

寂しがりなじいちゃん

母方のじいちゃんが何年か前に亡くなったのだけど、家によく出るらしい。殆どの場合はばあちゃんが目撃するのだが、対応が実に大らかだ。ある日、ばあちゃんが台所仕事をしていると…

ビー玉(フリー写真)

A子ちゃんの夢

ちょっと辻褄の合わない不思議な経験で、自分でも偶然なのか思い込みなのか、本当にそうだったのか自信がないのですが。子供の頃、大人になっても憶えているような印象的な夢を見た事があり…

ラグビー(フリー写真)

先輩の分まで

大学に入学してすぐにラグビー部に入った。入部するなり、ある4年生の先輩に「お前は入学時の俺にそっくりだ」と言われた。その先輩は僕と同じポジションだった。…

住宅(フリー写真)

苦労かけるな

夜に2階の自室で、一人で本を読んでいた時のこと。実家は建てた場所が悪かったのか、ラップ現象が絶えなかった。自分は単に家鳴りだと思っていたのだが、その日はポスターから音が…

カナちゃんのメッセージ

ここでの俺は神楽と名乗ることにする。断っておくが、本名ではない。今はサラリーマンをしているが、少し前までは神楽斎という名で霊能者をしていたからだ。雑誌にも2度ほ…