クモ様

蜘蛛の巣(フリー画像)

我が家は東北の片田舎にある古い一軒家。

うちでは昔からクモを大事にする習慣があり、家には沢山のクモが住み着いてクモの巣だらけ。

殺すなどもっての外で、大掃除の時もクモの巣を必要以上に取ったりしたら駄目だと言われていた。

兄貴も自分も、学校で掃除中に殺されそうになったクモを虫籠に入れ、お持ち帰りする程度には大切にしていた。

おかげで近所では「クモ屋敷」と呼ばれていた。

でも夏場にハエが発生することもなければゴキも出ないという有益さも持ち合わせてたので、家族の一員のような感じで生活している。

多分、軍曹蜘蛛もいるんじゃないかな。見たことないけど。

高校の時の同級生に授業中の居眠りがひどい奴が居た。

話を聞くと、どうも毎晩のように悪夢を見るのだと言う。

夢の内容は残念ながらあまり覚えていないらしいが、毎日同じ内容で、凄く怖いとのこと。

それを見るのが嫌で嫌で、結局夜に寝られなくなり、日中に居眠りするという形で睡眠を取るようになったらしい。

高校三年の夏に、そりゃマズイだろということで、仲間内で何とかならないか相談した。

そしたら兄貴が、留学先で買った土産を持って来て「コレ良いんじゃね?」という話になった。

その土産というのが、「ドリームキャッチャー」という悪夢を見ないようにさせるお守りみたいなインディアンの装飾品。

「このクモの巣みたいな網目が、悪夢を絡め取ってくれるんだとよ」と兄。

「クモの巣で悪夢を取れるなら、リアルクモならもっと良いんじゃね?」と自分。

ちょうど我が家はクモ屋敷。

という訳で、翌日そいつの家には虫かごに入った我が家のクモ様一匹とドリームキャッチャーが。

クモ様が新居に入ったその翌日のこと、そいつは何故か学校を休んだ。

『え、まさかクモ様のせいとかじゃないよな……』と不安になって、学校帰りに兄貴と一緒にそいつの家に行ってみたんだ。

何かあったらどうしようと不安で仕方なかったのに、何とそいつは朝から夕方までずっと惰眠を貪っており、単に寝坊で学校を休んだだけだった。

親御さんもそいつの不眠を知っていたから、可哀想に思って起こさなかったらしい。

「何かよく解らんけど、悪夢は見なかった。クモ様まじスゲぇ!」とそいつは興奮気味。

「ほれ見ろ。クモ屋敷だの何だのバカにしやがって!クモ様の本気まじパネェ!超クール!」と輪をかけて興奮気味の我ら兄弟。

それじゃクモ様のご尊顔を拝見させていただきましょ…と虫籠をオープンした途端、そいつの手が止まった。

「あれ…お前らから貰った時、こいつこんなにデカかったっけ……?」

自分らが渡したクモは、指の爪くらいのサイズ。

でも虫籠に入っていたのは明らかにデカイ。

ジョロウグモとまではいかないけど、渡した時より二倍以上はデカかった。

「もしかして、悪い夢喰ってくれたんかなぁ」

そうしみじみと言ったそいつは、それからクモ様が死んでしまうまでメチャクチャ大切に飼っていた。

最後には虫籠が熱帯魚用のデカイ水槽にグレードアップしていて、冷暖房完備の部屋で餌も十分に貰うクモ様は実に幸せそうだった。

今はもうそのクモ様は死んじゃったけど、今だにそいつから「クモを譲って欲しい」という電話が定期的に来る。

関連記事

シロ

じいちゃんが亡くなって、じいちゃんの唯一の財産とも言える3つの山を5人の子供で分配するという話になった時のこと。兄弟のうち4人は「山の一つには昔飼っていたシロという犬のお墓があ…

小綺麗な老紳士

駅構内の喫煙スペースで私はタバコを吸っていました。喫煙スペースと言っても田舎の駅なので、ホームの端っこにぽつんと灰皿が設置してあるだけの簡易的なものでした。すると小綺麗…

犬(フリー写真)

愛犬の不思議な話

小学生の頃、ムギという名前の茶色い雑種犬を飼っていた。家の前をウロウロしていたのを父が拾ったのだ。その時は既に成犬だった。鼻の周りが薄っすらと白い毛に覆われていたので、…

病室(フリー素材)

優しい声

これは俺が中学生の時の体験です。恐怖感はあまり無く、今でも思い出すと不思議な気持ちになります。 ※ 中学二年の二学期に急性盲腸炎で緊急入院しました。定期テストの前だったので…

昭和さん

私の地元は田舎で、山の中にある新興住宅街だった。新興と言っても、結局発展し切れなかったような土地だった。私は山に秘密基地を作り、友達とよく遊びに行ったものだった。ある日…

狐(フリー写真)

鼠の天麩羅

知人の劇団員が、地元の猟師さんの笑い話を元に劇を作ったことがある。長くなりますが、よろしければ暇潰しにどうぞ。 ※ 元号が幾つか前の時代のお話。木樵と炭焼きと、猟師…

着物の少女

毎年夏、俺は両親に連れられて祖母の家に遊びに行っていた。俺の祖母の家のある町は、今でこそ都心に通う人のベッドタウンとしてそれなりに発展しているが、二十年ほど前は、隣の家との間隔…

オオカミ様のお堂(宮大工1)

俺が宮大工見習いをしてた時の話。大分仕事を覚えてきた時、普段は誰も居ない山奥の古神社の修繕をする仕事が入った。だが親方や兄弟子は同時期に入ってきた地元の大神社の修繕で手…

プレゼント

中学生だった頃、いじめが原因で同級生が自殺した。親の引っ越しか何かで転校してきた子で、性格もあまり明るい子じゃなかったから、すぐにいじめの対象になった。そして、私も暗い…

お婆さんの手(フリー写真)

差し出された手

これはある寝苦しい晩に体験した出来事です。その日、猛暑と仕事で疲れていた私は、いつもより早目の21時頃に、子供と一緒に就寝することにしました。疲れていたのですぐ寝入るこ…