黄色いパジャマの子供

公開日: ほんのり怖い話

タクシー(フリー写真)

去年の暮れの事。

池袋のとあるレストランで会社の忘年会があった。

二次会は部署内で、三次会は仲間内での飲み会になった。

家路につこうとする頃には終電も過ぎ、タクシーを拾う事にした。

タクシー乗り場は例年のように長蛇の列。

私は連れと三人だったが、一人だけ帰路が違った。

彼らは乗合で乗車し、先に帰って行った。

一時間も待ったが、なかなかタクシーが来ない。

私は痺れを切らして、目白の方へ一人歩き出した。

線路に沿って歩いていたつもりが、細い路地に入り込んでしまった。

雑司が谷らしい。塀に沿って進むうち、その向こうは墓所であることが分かった。

ちょっと気味が悪いなと感じながら足早に歩くと、突然私の脇を子供が通り過ぎた。

その子供は黄色いパジャマを着ていた。

この寒空に、などと感じる暇はなかった。

その子供は、塀の中に吸い込まれるように消えたのだ。

私は声こそ出さなかったが、恐怖のあまり駆け出していた。

ようやく広い通りに出て、運良くタクシーを拾うことができた。

運転手にちょっと話を振ると、年末は忙しくて幽霊なんか見る暇もないとの事。

私も笑い話につられて、さっきは目の錯覚だったのかもしれないと思い始めた。

家に着く頃には、半信半疑、まあそんな事もあるか、くらいの余裕だった。

そしてタクシーから降りる際、運転手から声を掛けられた。

「お客さん、忘れ物」

振り返ると、ポケモンか何かのカードだった。

私が座っていた場所にあった。

「違う、これは私のものじゃない」

と言うと、運転手が不思議そうに言った。

お客さんを乗せる前には何もなかったと。

関連記事

登山(フリー写真)

二つの人影

友人に山岳部のやつが居る。そいつが何処だか忘れたが、結構有名な日本の山に部員と登った時の話。ちょうど山の中腹まで登った頃に濃霧が立ち込めて来て、他のメンバーとバラバラになってし…

家族

俺の職場の先輩の話。面倒見がいいし、仕事もすごいってほどじゃないけど正確で取引先からも指名で仕事が来たりする。ただ、ちょっと困ったとこは異様に家族のことを大切にしてること。 …

トウモロコシ(フリー写真)

トウモロコシ

トウモロコシが食卓に上がる季節になると、我が家では必ず語られる話。今では70歳近い母親が、小学4年生の時に体験した話だ。 ※ 一人っ子の母は当時、母の祖母と両親と一緒に田舎…

二人だけの水族館

俺はじいちゃんが大好きだった。初孫だったこともあって、じいちゃんも凄く俺を大事にしてくれた。俺はあまりおねだりが得意な方じゃなかったけど、色々な物を買ってくれた。 …

山祭り

久しぶりに休みが取れた。たった2日だけど、携帯で探される事も多分ないだろう。ボーナスも出た事だし、母に何か美味いものでも食わせてやろう。そう思って、京都・貴船の旅館へ電…

絵皿

喋る絵皿

小さい頃、祖父が友人宅から鷹の絵の描かれた大きな絵皿を貰ってきた。それは今でも和室に飾ってあって、特に怪奇現象を起こしたりはしていない。祖父の友人は骨董商だった。 …

公衆電話(フリー写真)

鳴り続ける公衆電話

小学生の時、先生が話してくれた不思議な体験。先生は大学時代、陸上の長距離選手だった。東北から上京し下宿生活を送っていたのだが、大学のグラウンドと下宿が離れていたため、町…

田舎の風景(フリー素材)

おごめご様

おごめご様というのがいると、従妹から聞いた。何でも小学校に出るらしい。その小学校には俺も通ったんだが、旧館と新館に分かれている。その二つの棟を繋ぐ渡り廊下の側、植え込み…

いつもの男性

オカルトではないかもしれませんが実体験話を一つ。数年前に大学を卒業して某証券会社に就職しまして、福岡に赴任していた時の話です。会社の借り上げのマンションが市の中心部にあ…

線路(フリー素材)

北陸の無人駅

昔、北陸の某所に出張に行った時の事。ビジネスホテルを予約して、そのホテルを基点にお得意様を回る事にした。最後の所で少し飲んで、その後ホテルに戻る事にした。 ※ ホテ…