黄色いパジャマの子供

公開日: ほんのり怖い話

タクシー(フリー写真)

去年の暮れの事。

池袋のとあるレストランで会社の忘年会があった。

二次会は部署内で、三次会は仲間内での飲み会になった。

家路につこうとする頃には終電も過ぎ、タクシーを拾う事にした。

タクシー乗り場は例年のように長蛇の列。

私は連れと三人だったが、一人だけ帰路が違った。

彼らは乗合で乗車し、先に帰って行った。

一時間も待ったが、なかなかタクシーが来ない。

私は痺れを切らして、目白の方へ一人歩き出した。

線路に沿って歩いていたつもりが、細い路地に入り込んでしまった。

雑司が谷らしい。塀に沿って進むうち、その向こうは墓所であることが分かった。

ちょっと気味が悪いなと感じながら足早に歩くと、突然私の脇を子供が通り過ぎた。

その子供は黄色いパジャマを着ていた。

この寒空に、などと感じる暇はなかった。

その子供は、塀の中に吸い込まれるように消えたのだ。

私は声こそ出さなかったが、恐怖のあまり駆け出していた。

ようやく広い通りに出て、運良くタクシーを拾うことができた。

運転手にちょっと話を振ると、年末は忙しくて幽霊なんか見る暇もないとの事。

私も笑い話につられて、さっきは目の錯覚だったのかもしれないと思い始めた。

家に着く頃には、半信半疑、まあそんな事もあるか、くらいの余裕だった。

そしてタクシーから降りる際、運転手から声を掛けられた。

「お客さん、忘れ物」

振り返ると、ポケモンか何かのカードだった。

私が座っていた場所にあった。

「違う、これは私のものじゃない」

と言うと、運転手が不思議そうに言った。

お客さんを乗せる前には何もなかったと。

関連記事

和室(フリー写真)

回転する位牌

昔ニュースになったので、知っている人は知っているかもしれません。一人暮らしのおばあさんが、マンションの一室で孤独死した。死因は、ノイローゼが昂じて、弱った心臓が耐え切…

天井(フリー素材)

十時坊主

ある日、バイト先に群馬生まれの男が入って来た。そこでの俺は勤務年数が長かったので、入って来るバイトに仕事の振り分けや作業指導などの仕切りをやっていた。仕事を共にして行く…

古い一軒家(フリー写真)

黒く塗り潰された家

昔、今とは別の仕事をしていた時の事。その日はいつも居る支店とは違う支店エリアでの営業で、渡された地図を片手に歩きながら、飛び込み営業の仕事だった。目的のエリアに着いて『…

抽象画

お還りなさい(宮大工14)

俺が初めてオオカミ様のお社を修繕してから永い時が経過した。時代も、世情も変わり、年号も変わった。日本も、日本人も変わったと言われる。しかし俺を取り巻く世界はそれ…

峠(フリー写真)

夢の女と峠の女

俺は幽霊は見たことがないのだけど、夢とそれに関する不可思議な話。中学3年生くらいの頃から、変な夢を見るようになった。それは、ショートヘアで白いワンピースを着た二十代くら…

カナちゃんのメッセージ

ここでの俺は神楽と名乗ることにする。断っておくが、本名ではない。今はサラリーマンをしているが、少し前までは神楽斎という名で霊能者をしていたからだ。雑誌にも2度ほ…

不敬な釣り人の顛末(宮大工11)

とある休日、久しぶりにオオカミ様の社へと参りに出かけた。途中、酒を買い求めて車を走らせる。渓流釣りの解禁直後とあって、道には地元・県外ナンバーの四駆が沢山停まっている。…

戦時中の校舎

戦時中の校舎

10年前の夏休み、母と一つ上の姉と共に母方の実家に遊びに行った。そこは集落から少し離れた山の麓にあり、隣の家まで行くのに5分は歩くような場所だった。当時、私たち姉弟の間…

田舎の風景(フリー写真)

掌を当てる儀式

この間、ずっと忘れていた事を思い出しました。前後関係は全く判らないのですけど、子供の頃に住んでいた小さな町での記憶です。他の五人くらいの子供と、どこかの家の壁にぎゅーっ…

公園

代弁者

今年の秋頃かな。二条城の周りを走っていた時の話です。トイレがあるんですけどね、そこに三つほど腰掛けやすい石があるんです。そこで走った後の興奮を抑えるために、ぼんやりと座…