パンダのぬいぐるみ

公開日: ほんのり怖い話 | 怖い話

パンダ

5歳の頃、一番大事にしていたぬいぐるみを捨てられたことがありました。

それはパンダのぬいぐるみで、お腹に電池を入れると足が交互に動いて歩くものです。キャラクターではなくリアルに近い感じのパンダのぬいぐるみでした。

私はそれが大好きで、いつも一緒だったんですけど、薄汚れたからと言って母に捨てられたんです。

透明のビニールに他のゴミと一緒に入れられて捨てられ、収集車に回収されて行くまでを、私はただ泣いて見ていることしかできませんでした。

パンダのぬいぐるみを取り出すこともできたのに、持って帰ると母が怒ると思ったからです。

でもいざパンダが戻って来ないと思うと悲しくて、ずっと後悔していました…。

小学校に上がるまでずっとそのことを忘れなかったのですが、中学、高校まで上がると部活やらで忙しく、もう殆どそのパンダのぬいぐるみのことを忘れていました。

いえ、本当は完全に忘れていたんです。

しかし、2週間前に友達の付き合いで雑貨屋に行ったんです。

姪にあげるプレゼント選びで、私も楽しんで選ぶことにしました。

10分ほど見ていたら友達が「ちょっとこれみて」と言うので行くと、友達はぬいぐるみの棚の前で変な顔をして立っていました。

「なんかあった?」と聞いたら、友達があるぬいぐるみを指差すんです。

それは新品のぬいぐるみの中に置かれているのに、一つだけみすぼらしくて汚いぬいぐるみでした。

お気付きの通り、そのぬいぐるみは5歳の時に捨てられたパンダのぬいぐるみでした。

友達は「なんか場違いなぬいぐるみだよね」と笑っていましたが、私にはちょっと信じられませんでした。

似ているだけかもしれないと思いましたが、電池の蓋が壊れかけているところまで一緒でした。

私は怖くなって友達に全てを話し、それを聞いた友達が急いで店員さんを呼んでくれましたが、

「ちょっと、これは当店のものじゃないですね」

と言われ、あまりに怖くて私だけ先にお店を出ました。

後から出てきた友達が言うには、取り敢えずパンダのぬいぐるみは忘れ物ということでお店が管理しておくと言われたそうです。

ただ、そのパンダのぬいぐるみが先週の木曜日の燃えるゴミの日、あの時捨てられた場所に、またビニールに入れられて捨てられていたんです…。

誰が捨てたのかは判らないですが、見間違いにしてはあまりに一緒で偶然過ぎます。

結局私はまたそのパンダのぬいぐるみを見捨てて、パンダは収集車に運ばれて行きましたが、また今みたいにいつか現れるのではと気がかりです。

捨てられた怨みなのか、私に会いたかったのか、友達はそれをネタに面白おかしく話しますが、私はいつまた現れるかとビクビクしています。

友達には絶対に言えないし、誰に言っても信じてもらえないかもしれませんが、ゴミの日の前日、父が家の玄関に点々とした跡が付いていると言っていました。

四足歩行の跡のようだったので猫かとも思いましたが、それにしては判を押したような円形だったので、もしかしたら…と考えてしまいます。

関連記事

女性のシルエット(フリー素材)

この女になろうと思った

友達が経験した話です。高校の卒業式に、友人Aは同級生で親友だった男Bに告白された(Aも男)。Aはショックで混乱しつつも、Bを傷付けないよう丁寧にお断りしたそうだが、Bか…

競売物件

競売物件

自動車免許を取りに免許センターへ通っていた時に仲良くなった人から聞いた話。筆記試験が終わり、知り合いも来ていないし一人でぼーっとしていると、20代後半くらいのサラリーマン風の人…

婚約指輪(フリー写真)

鬼の面

私には15歳年の離れた兄が居ます。私が10歳の年に、兄(当時25歳)がお見合いをしました。ある程度話がまとまり、お嫁さんになるはずの方が家へ挨拶に来ました。玄関…

テープレコーダー

これは友人から聞いた話。ある男が一人で登山に出かけたまま行方不明になった。3年後、湿地帯でその男の遺骨が発見され遺留品も回収されたが、その中には一つのテープレコーダーが…

ユーカリの木(フリー写真)

当世話

俺の実家のある地区では『当世話(とうぜわ)』と呼ばれるシステムがあり、それに当たった家は一年間、地区の管理を任される。今年はその当世話がうちで、祭事に使う御社の掃除を夏に一度し…

登山(フリー写真)

二つの人影

友人に山岳部のやつが居る。そいつが何処だか忘れたが、結構有名な日本の山に部員と登った時の話。ちょうど山の中腹まで登った頃に濃霧が立ち込めて来て、他のメンバーとバラバラになってし…

沈まぬ太陽

もう10年も前の話だが、裏の世界のようなものを見た事がある。当時の私は友達のいないぼっち女子中学生で放課後や昼休みは学校の図書館で専ら読書に勤しんでいた。小さい図書館だ…

冬の村(フリー素材)

奇妙な風習

これは私の父から聞いた話です。父の実家は山間の小さな村で、そこには変わった習慣があったのだそうです。それは、毎年冬になる前に行われる妙な習慣でした。その頃になる…

黒田君

僕が彼に出会ったのは、高校1年生の時の事です。一応政令指定都市ですが、都心ではありません。家から歩いて3分以内に何軒かコンビニはありますが、全部ローソンです。小洒落た雑…

パワーショベル

3人だけの秘密

この話は今から約20年前、私がまだ中学生だった頃の出来事です。夏休みも後1週間程となった8月の終わり。ろくに宿題も終わっていないにも関わらず、友人2人と近所の市営プールに遊びに…