迷宮と煙草

廊下

私は都内で雑誌関係のライターを担当しています。

多岐にわたるテーマの記事を手がけるため、日常は刺激に満ちていると言えるでしょう。

その中で、オカルト関連の記事は、読者からの好評はもちろん、私自身が不思議な体験をすることも少なくありません。

とある日、私は東京郊外の大学病院へ取材に訪れました。

この日のテーマは健康に関するもので、病院の先進的な治療法についての取材でした。

協力してくれる医師とのインタビュータイムは13:30から14:30までと予定されていました。

インタビューは順調に進み、医師と少しの間、軽く雑談を楽しみました。

そして、15時を迎えたところで、私は小会議室を後にしたのです。

病院の建物は山の斜面に建てられ、旧館と新館という二つの部分に分かれていました。

坂の途中に位置するため、一見して全体の構造が分かるわけではありませんでしたが、到着時には迷うことなく目的の場所へと辿り着けたので、帰りも大丈夫だろうと安心していました。

しかし、その予感は甘かったようです。

時計を見れば、既に15:40。

病院の複雑な構造に翻弄され、旧館の駐車場への出口を探し続けるものの、一向に見当たりません。

私は混乱しつつも歩き続ける中で、背後から何かの気配を感じました。

振り返ると、そこには若い看護師が空の車椅子を押しながら歩いていました。

短い一瞬の出会いでしたが、その後も何度か彼女の姿を目にすることとなる。

17時を過ぎた頃、私は異変に気づきました。

病院内には誰一人として姿が見えないのです。

ただ、あの看護婦だけが時折、私の周囲を漂うように現れる。

突如として、その看護婦が私の直後を歩いていることに気づきました。

空の車椅子を押す彼女は、無表情で私に接近。

心臓が飛び出るかと思うほどの恐怖を感じながらも、彼女は私をすり抜け、どこかへと消えていきました。

驚きのあまり、私は反射的に逃げ出しました。

そして、再び小会議室の前へと辿り着くと、そこで一息つき、煙草を手に取りました。

不思議なことに、煙草を一服した後、問題なく病院の出口へと到達しました。

家に帰ると、出版社からの新しい仕事の資料が待っていました。

その中には、同じような迷宮体験をした女性の手記が。

彼女もまた、煙草を一服したことで迷宮から解放されたとのこと。

煙草が持つ特別な力、それは未だに謎のままです

関連記事

海(フリー写真)

海に棲む霊

これは私の友人に起きた実際の体験談です。 お盆には海に入ってはいけないと、古くから伝えられていますよね。 それは、イラ(クラゲ)が出てしまうからという物理的な事だけではない…

峠の道

道連れ

夏のある日、二組のカップルが海水浴に出かけました。 仮にA君、A君の彼女、B君、B君の彼女とします。 A君はバイクを持っていたので一人で乗り、B君は車を持っていたので残りの…

夜のビル群(フリー写真)

モニターに映る影

俺が警備員をやっていたのは、テナントが幾つか入っているビルだった。 常駐警備員というのは、途中に待機時間があるくらいで、基本的に交代制の24時間勤務なんだよ。 故に深夜ビル…

時間停止

小学生の時の話。 昼休みの校庭で、10秒ほど周囲が1/10秒シャッターで写真を撮ったように止まったことがあった。 単に止まったのというのは少し違う。慣性の法則を無視してピタ…

8周目

俺には、幼馴染の女の子がいた。家も近くて親同士の仲も良く、俺とその子も同い年ってこともあって小さい頃から一緒に遊んでた。 まあ、大体そういう関係ってのは、歳を取るにつれて男の側が…

古い木造アパート(フリー写真)

白い木造建築

私が大学生の時に住んでいた部屋は、妙に雰囲気が悪かった。 日当たりは悪くないのに、何処となく薄暗いような感じがする。 いつもジメジメしていて、普段から気分が鬱々としたもの…

田舎の夜(フリー素材)

鏡に写る幽霊

僕は現在、建築関係の仕事をしています。 主にシステムバスの施工職人をしていて、大体一日で作業を終了しないといけないため、夜遅くまで仕事をすることが多々あります。 これは僕が…

鬼が舞う神社

叔父の話を一つ語らせてもらいます。 幼少の頃の叔父は、手のつけられない程の悪餓鬼だったそうです。 疎開先の田舎でも、畑の作物は盗み食いする、馬に乗ろうとして逃がすなど、子供…

海(フリー写真)

海ボウズ

俺の爺ちゃんの話。 爺ちゃんは物心が付く頃には船に乗っていたという、生粋の漁師だった。 長年海で暮らしてきた爺ちゃんは、海の素晴らしさ、それと同じくらいの怖さを、よく寝物語…

キャンプ(フリー写真)

百人浜に現れた男

北海道の百人浜(襟裳岬近くの百人浜キャンプ場)で聞いた話。 一昨年に北海道へ行った際、途中一緒になった京都のセロー乗りの方に、今夜は百人浜へ泊まろうと思っている事を話すと、彼は真…