一人で泳ぐ男の子

公開日: ほんのり怖い話

渓流(フリー写真)

去年の梅雨の終わり頃、白石川に渓流釣りに行った時の事。

午前4時くらいに現地に到着し準備を終え、さあ川に入ろうとした時に、川の方から子供の声が聞こえるんです。

薄明るくなりつつあるとは言え『午前4時に子供が川遊び?』と思い、堰の上から覗いて見ると、海パン姿で子供が一人泳いでいました。

年頃は小学校の低学年くらいなのですが『何でこんな時間に?』と不思議に思い、暫く見ていました。

2、3分くらい経った頃だと思うのですが、その子が急に泳ぎを止め、すくっと立ったと思ったらこちらを見たんです。

いや、見たと言うより『向いた』と言った方が良いかもしれません。

何故かと言うと、その子の顔から胸にかけてざっくりと抉り取られていて、目、口、鼻、という顔のパーツが無かったのです。

『うわっ!やばい!』と思い車に引き返し、すぐさまその場を立ち去ったのですが、橋を渡る時に恐いもの見たさであの場所を見たんです。

そうしたらまだ居たんです。

体育座りして寂しそうにしている男の子が…。

何かね、凄く可哀想になったんですよ。

ずーっと一人で泳いでいるのかなあってね。

私は偶にこういう体験をします。

いつもは恐いばかりで嫌なのですが、この時は自分の子供と年恰好が同じくらいだったせいか、涙が出そうなほど悲しい気持ちになったことを思い出します。

関連記事

目(フリー素材)

犯罪者識別能力

高校の時の友達に柔道部の奴がいて、よく繁華街で喧嘩して警察のお世話になっていた。そいつは身長185センチで体重が100キロという典型的な大男。名前はA。性格は温厚で意外…

タクシー(フリー写真)

黄色いパジャマの子供

去年の暮れの事。池袋のとあるレストランで会社の忘年会があった。二次会は部署内で、三次会は仲間内での飲み会になった。家路につこうとする頃には終電も過ぎ、タクシー…

カブト虫

夜、友人4人と車で山道走ってたら、1人が急に「虫がいた。停めて。カブト虫探す」 って言って時速30kmで走ってる車から飛び降りて、ゲラゲラ笑いながら山の中に消えていった。実家に…

雪(フリー写真)

片道の足跡

北海道は札幌に有名な心霊スポットの滝がある。夏場などは、夜中なのに必ずと言って良いほど駐車場に車が数台停めてあって、若い声がきゃーきゃー言っているような有名な場所。 ※ 当…

男の戦い(宮大工12)

十年程前、親方の親友でやはり宮大工の棟梁であるKさんが病気で倒れてしまった時の事。親方とおかみさんは急遽お見舞いに行き、俺は親方の代理で現場を取り仕切った。三日程して親…

昔の電話機(フリー画像)

申し申し

家は昔、質屋だった。と言ってもじいちゃんが17歳の頃までだから私は話でしか知らないのだけど、結構面白い話を聞けた。田舎なのもあるけど、じいちゃんが小学生の頃は幽霊はもちろん神様…

油絵の具(フリー素材)

風景画の中の女性

心霊写真の話はよく聞くけど、風景画に霊が入り込む事もあるのだろうか。定年退職後の祖父の趣味は油絵だった。描いているものは人物画だったり、風景画だったり、祭事を描いたりと…

夜道

散々な彼女

高校時代の彼女H美の話。H美の家は、少し長めの道路の中間ぐらいに位置していた。夜になると人影も車もまばらになる薄暗い道路だ。ある時期から、大して人通りもないその道路で事…

登山(フリー素材)

赤い着物の少女

システムエンジニアをやっていた知人。デスマーチ状態が続き、残業4、5時間はザラ。睡眠時間は平均2〜4時間。30歳を過ぎて国立受験生のような生活に、ついに神経性胃炎と過労…

トタンのアパート(フリー写真)

訳あり物件のおっちゃん

半年ほど前に体験した話。今のアパートは所謂『出る』という噂のある訳あり物件。だが私は自他共に認める0感体質、恐怖より破格の家賃に惹かれ、一年前に入居した。 ※ この…