一人で泳ぐ男の子

公開日: ほんのり怖い話

渓流(フリー写真)

去年の梅雨の終わり頃、白石川に渓流釣りに行った時の事。

午前4時くらいに現地に到着し準備を終え、さあ川に入ろうとした時に、川の方から子供の声が聞こえるんです。

薄明るくなりつつあるとは言え『午前4時に子供が川遊び?』と思い、堰の上から覗いて見ると、海パン姿で子供が一人泳いでいました。

年頃は小学校の低学年くらいなのですが『何でこんな時間に?』と不思議に思い、暫く見ていました。

2、3分くらい経った頃だと思うのですが、その子が急に泳ぎを止め、すくっと立ったと思ったらこちらを見たんです。

いや、見たと言うより『向いた』と言った方が良いかもしれません。

何故かと言うと、その子の顔から胸にかけてざっくりと抉り取られていて、目、口、鼻、という顔のパーツが無かったのです。

『うわっ!やばい!』と思い車に引き返し、すぐさまその場を立ち去ったのですが、橋を渡る時に恐いもの見たさであの場所を見たんです。

そうしたらまだ居たんです。

体育座りして寂しそうにしている男の子が…。

何かね、凄く可哀想になったんですよ。

ずーっと一人で泳いでいるのかなあってね。

私は偶にこういう体験をします。

いつもは恐いばかりで嫌なのですが、この時は自分の子供と年恰好が同じくらいだったせいか、涙が出そうなほど悲しい気持ちになったことを思い出します。

関連記事

女性のシルエット(フリー素材)

イトウ

高校から現在にかけて、俺の周りをウロチョロする謎の同級生がいる。高一の時に言われたのが一番最初。夏休み明け直後の日だったのだが、いきなりクラスの奴に「イトウって知ってる…

でちゃいかん!

小学校の低学年の時、風邪ひいて学校を休んでいた時のこと。インターホンが鳴ったので出ると「警察の者です。お父さんが交通事故にあって助からないかもしれない。すぐに病院に来て欲しいので、出て…

少女

喋れない幼馴染

少し長くなりますが、実体験を書き込みます。俺がまだ小学生の頃、家の隣に幼馴染A子がいた。A子は喋ることができなかった。生まれつき声帯が悪かったらしい……。更に、ここでは…

狐(フリー写真)

鼠の天麩羅

知人の劇団員が、地元の猟師さんの笑い話を元に劇を作ったことがある。長くなりますが、よろしければ暇潰しにどうぞ。 ※ 元号が幾つか前の時代のお話。木樵と炭焼きと、猟師…

高校の頃の同級生、Aちゃんにまつわるほんのり話。自分で言うのもなんだが、母校は地元でも有名な進学校。女性担任が成績の良い生徒には優しく、悪い生徒には冷たい典型的な学歴コ…

山(フリー写真)

一つ目のおじちゃん

子供の頃、家族で山に行ったことがある。山に着いたのはまだ朝方で、霧が辺りを覆っていた。僕は親の言い付けを守らず、一人で山中に歩き入り、当然のように迷子になってしまった。…

愛猫の最後の挨拶

うちの両親が体験した話。もう20年も前の夏のことです。私達兄弟が夏休みを利用して祖父母の家に泊まりに行っていた夜、当時とても可愛がっていた猫がいつまで経っても帰ってこな…

浮世絵のフリー素材

灯籠と火の玉

じいちゃんから聞いた話。真夏の夕方、お使いの帰り道。お寺の片隅に人だかりが出来ているのを見つけた。気になったじいちゃんは、人だかりが出来ている場所に行った。人だ…

晴明神社(フリー素材)

晴明神社

京都にある晴明神社に行った時の事。安部の晴明は今でこそ有名で、観光客も沢山居るらしいが、十年近く前のその頃は一般的にはあまり知られておらず、神社も全然人気が無かった。私…

妖怪カラコロ

専門学生の頃に深夜専門でコンビニのアルバイトをしていた時の話。ある日の午前1時頃に駐車場の掃除をしていると、道路を挟んだ向こう側の方から何か乾いた物を引き摺るような、「…