地下鉄工事

公開日: 怖い話

地下鉄(フリー写真)

俺の勤める会社が地下鉄工事を請け負った。

工事が始まってすぐに、出て来る出て来る、もう人骨だらけ。

ニュースにもなって、工事は一時中断して調査が始まったのだけど。

工事をしている場所は、戦前お寺ばかりで墓がそこら中にあったらしい。

まあ、数週間後に工事は再開されたが…。

再開されて暫くすると、先輩が土留めの方に向かってブツブツ。

気になって後から声を掛けてもブツブツ言っている。

俺は霊感なんてまるでないし、パシリ同然だし全く何も感じない。

それで、後ろから先輩の肩を叩いた。

すると先輩が急に我に返ったみたいで、

「T(俺のこと)!お前、子供見なかったか?」

と言って真っ青になっている。

俺は冗談半分で、

「見てないですよ、幽霊見たんすかね!」

と答えた。

そんな冗談も最初のうちだけで、職員の殆どが経験するようになり、ちょっと大きな事故が起きた。

鉄筋工事を請け負う会社の職人が、スタンション(道路に開口部を作る資材)で開口部を作り、35メートル下に資材を下ろす作業をしていた。

鋼管で周りを囲い、まさか…と思われるくらいの設備にはなっていた。

その鋼管の一本が何故か外れて落下。

下で作業をしていた作業員に直撃した。

外傷は全く見当たらないのだけど、ヘルメットは飛ばされていて変形していた。

慌てて救急車で病院に運び、俺も鉄筋工の世話役と一緒に同乗した。

病院に着いて、医師の診察では、

「手の施しようが無い。この子、ドナーカード持ってるね…」

俺は慌てて親族に連絡を取るのだけど、なかなか連絡がつかない。

医師は話を続けた。

「一刻も早く親族に連絡すれば、この子は他に命を支える事が出来る」

俺は気が付いて、病院を移す事にした。

救急車で今度は大学病院に連れて行った。

するとちょうど、何でもその病院では偉い医師が居て、診察をしてくれた。

「ああ、ただの脳震盪ね、すぐに目を覚ますから心配ないよ」

もし、最初の病院で脳死なんて診断されたら…。

それは幾度も検査をしてからの事だろうけど、病院の中の事なんて闇同然だと聞くし。

『まさか、そんな事はない!』なんて考えているけどね。

その事件の後、俺と先輩一人が移動になった。

移動した先は、私鉄の高架橋の現場だった。

先輩と朝早く、線路のたわみを測量をしていた時だった。

電車に人が飛び込んだらしい。

それも、もう目と鼻の先らしい。

先輩は失禁して、その場で腰を抜かしていた。

俺は事故自体は背中に感じるだけで、鈍感丸出しだった。

所長に呼ばれて、駅員さんと合同で死体の回収を命じられて…。

後で、先輩の覗いていたレベル(水準器)を片付けようと覗くと、ちょうど死体が置いてあった場所にレベルが合っていた。

先輩は二週間仕事に出て来なくなり、一年が過ぎた先月退職した。

最後に俺に残した言葉は、

「俺が現場(地下鉄)から連れて来ちまったんだな。そいつが多分引っ張ったんだ!」

俺はその言葉にピンと来なかったけど、先輩は地下鉄の事が気になっていたみたいだ。

現場の寮でも信心深く、数珠を放さないようになっていたし…。

関連記事

鏡の中のナナちゃん

私は幼い頃、一人でいる事の多い子供でした。実家は田舎の古い家で、周りには歳の近い子供は誰もいませんでした。弟が一人いたのですが、まだ小さくかったので一緒に遊ぶという感じ…

オンマシラの儀

俺の実家周辺はかなり山深くて、未だに携帯の電波も届かない。子供の頃はTVゲームも知らず、山で遊ぶしかない暮らしだった。日が暮れるまで山で虫を捕まえたり、基地を作ったり…。 …

自首した理由

俺の親戚に元刑務官って人がいる。その人が言うには、刑務官の仕事って受刑者を監視する事じゃなくて、受刑者に人の温かみを教えるのが本当の仕事らしい。そんな叔父は時間があれば…

呼ばれてる

皆さんは深夜、急に喉が渇いて水を飲みに2階から1階まで降りた事はありませんか?もしかしたらマンションやアパート、平屋建ての方もいるかもしれませんが。そんな時は霊に呼ばれ…

山の神様と冥界への道

私の父親は山好きです。当然、山関連の友人も多く、私も山へ行く度にそうした方々と話をしました。そして、その友人の中にAさんという方が居ます。私が彼と最後に話をしたのは高校…

廃屋(フリー写真)

ト・コ・ヨ・ワ・タ・リ

家の近所に『青柳タンス』という廃屋があった。別にタンス屋だった訳ではなく、ただの民家だったのだが、壁面にそういう看板が掛けてあった。そこには電話番号も書いてあり、その番…

赤いベストのおっさん

今年の5月の連休だけど、会社の仲間2人と2泊3日の予定で奥秩父に渓流釣りに行った。あのヘリが墜落したり日テレ社員が遭難した4重遭難と言われる事件で、奥秩父は怖いところだと噂が広…

磨りガラス(フリー写真)

磨りガラスの人影

友人から聞いた話です。数年前に彼が東京で一人暮しをしていた時のこと。当時付き合っていた彼女が家に来ることになっていたので、夕方の17時くらいでしょうか、彼はシャワーを浴…

山(フリー写真)

山の物の怪

うちの爺さんは若い頃、当時では珍しいバイク乗りだった。裕福だった両親からの何不自由ない援助のおかげで、燃費の悪い輸入物のバイクを暇さえあれば乗り回していたそうな。 ※ ある…

廃墟でサバゲー

夏の終わりの頃の話。その日は会社の夏休み最終日ということもあり、仲の良い8人を集め地元の廃墟でサバゲーをすることにしたんだ。午前中に集まって、とことんゲームをしようと決…