殺生

公開日: 不思議な体験

渓流(フリー写真)

秋田・岩手の県境の山里に住む元マタギの老人の話が、怖くはないが印象的だったので投稿します。

その老人は昔イワナ釣りの名人で、猟に出ない日は毎日釣りをするほど釣りが好きだったそうだ。

しかし、今は全く釣りをしなくなったと言う。これには理由があった。

ある時、大きな淵で片目が潰れた40センチを優に超える大イワナを掛けたが、手元まであと少しというところで糸を切られてしまった。

マタギの老人は地団駄を踏み、いつか仕留めてやると心に誓ったそうだ。

季節は流れ、夏になった。

その年は天候が不順の年で、郷では近年稀に見る不作の年になるのではないかと、まことしやかに囁かれていた。

半農半猟の生活を営んでいたマタギ老人も、今年はまず間違いなく凶作になるだろうことを確信していたのだという。

そこでマタギ老人は一計を案じた。

熊を何頭か仕留めて今のうちに現金を作り、凶作に備えようとしたのだ。

しかしその時はまだ禁猟期間中であったので、鉄砲を担いで山に入ることはできない。

そこで、ドラム缶を繋げた箱罠をこっそり仕掛けることにした。

老人はお手製の箱罠を、あの大イワナを逃した谷の林道脇に仕掛けた。

しかし箱罠を仕掛けてすぐに大雨が振り、その谷川が氾濫した。

雨は何日も降り続き、茶色く濁った水がどうどうと山を下った。

もともと谷川は細く、箱罠は鉄製であるので流されはしまいと老人は思ったそうだが、箱罠にもし熊がかかっていたら溺死を免れまい。

無責任ではあるが、熊を哀れと思う半分、後始末のことを考えると憂鬱だったそうだ。

雨が上がると、今度は急に日照りになった。

じりじりと日が照りつけ、この間氾濫したはずの沢からはあっという間に水が干上がった。

そうなるといよいよ面倒である。マタギ老人は箱罠を何日も放置していた。

しかしどうも収まりが悪い。

頭から箱罠のことが離れない上、勝手に罠を仕掛けてあるのを人に見られたら……と思うと、多少不安になってきた。

そこで老人は意を決して、あの箱罠を回収しに行くことにしたのだという。

谷に到着し箱罠に近付くと、物凄い腐臭がした。やはり熊は罠に掛かっていたのだ。

息を止めて箱罠を除くと、中にいたのはぐちゃぐちゃに腐り果て、その上の旱天に日干になった、見たこともない大グマだった。

いまだかつてこれほどの大グマにはお目にかかったことがない。

惜しいことをした。面倒臭がらずに回収しに来るんだった……と思いながら箱罠を開け、中から熊の死骸を引きずり出した瞬間、老人ははっと息を呑んだ。

ズルリ、と箱罠から出てきたのは、熊の死体だけではなかった。

あろうことか、中からあの時取り逃がしたはずの片目の大イワナが出てきたのだという。

おかしい。偶然にもあの大水の時にこのイワナがこの箱罠に迷い込むかしたとしても、その後の旱天で干物になっているはずである。

しかし、箱罠から出てきたのはどこも干からびておらず、それどころか本当にたった今まで谷川を泳いでいたのではないかというほどに、不気味に綺麗だったそうである。

そのうち、これは通常有り得ないことであるという理解がやってくると、イワナの潰れた目に睨まれた気がして、急に怖くなったのだという。

老人は血相を変えてその大イワナを掴み、沢に降りるや水に浮かべた。

何度も何度も水をかけ、「生ぎでけろ!生ぎでけろ!」と呼びかけたが、ダメだった。

老人が手を離すと、大イワナはブワーッと水面に浮かび、沢の下流へと流されて行って見えなくなった。

その後二、三日の記憶はどうも曖昧だという。

暫くして家族から聞いた話では、箱罠を回収しに行ったはずの老人が手ぶらで、しかも真っ青な顔で帰って来たので、家族が何があったと問い詰めても老人は何も話さなかった。

ただうつろな目で焼酎を煽り、何かブツブツとうわ言を呟きながら寝室の布団に寝込んでしまったのだという。

「あの時は俺も、何だか魂抜かれたような気がして、気違いみでぇになってよ……。

あの時、遊びで殺生してんのを、誰かに怒られたのではねぇがって思ってな……」

マタギの老人はそれ以来、ぷっつりとイワナ釣りをやめてしまったそうだ。

何だか不思議な、山と川のお話。

田舎の風景(フリー写真)

犬の幽霊

あれは小学6年生の頃、夏の盛りだった。 僕は母方の田舎に一人で泊まりに来ていた。 田舎のため夜はすることがなく、晩飯を食った後はとっとと寝るのが日課になっていた。 ※ …

手を握る(フリー写真)

沢山の手

私がまだ看護短大に通っていた頃の話です。 看護学生って、看護助手として夜勤のアルバイトをする場合があるのね。 私は家庭の事情から親に仕送りをしてもらえる状況ではなく、学費は…

あやかし

工事中の仏閣を見た。仏像があるべき場所をクレーンのようなものでパーツがくるくる回っている。 俺は竹やぶに続く仏閣を参拝しようと山に入っていった。浅く霧がかかっていてなんとも神聖な…

川(フリー写真)

川を流れる仏壇

現在の家に引っ越して来る前は、物凄い田舎の村に住んでいた。 周りは山に囲まれていて、大きな川も幾つもあり、殆ど外界の人が来る事は無かった。 ※ ある日、学校から帰宅すると、ち…

リアルな夢

二年ほど前に遡ります。 私は父が経営する土建屋で事務をしています。 今は兄が実質の社長ですが、やはり父の威光には敵いません。 そんな父の趣味が発端と思われる出来事です…

異世界村(長編)

自分の体験した少し現実味のない話です。 自分自身、この事は今まで誰にもしたことがないし、これからも話すつもりはありません。 それにこの書き込み以降、僕が他人と話ができる状況…

煙草

子供の頃、田舎のおじいちゃんの家で、ひと夏過ごした事がある。ある日、沢までわさびを取りに山の奥までおじいちゃんと行った時のこと。 季節は夏で、青々とした雑草やらシダやらがその細い…

食卓(フリー写真)

一つ足りない

何年か前に両親が仕事の関係で出張に行っていて、叔父さんの家に預けられた事がある。 叔母さんと中学3年生の従兄弟も歓迎してくれたし、家も広くて一緒にゲームしたりと楽しく過ごしてい…

絵皿

喋る絵皿

小さい頃、祖父が友人宅から鷹の絵の描かれた大きな絵皿を貰ってきた。 それは今でも和室に飾ってあって、特に怪奇現象を起こしたりはしていない。 祖父の友人は骨董商だった。 …

きよみちゃん

私が小学校三年生の時の話です。 そのころ、とても仲よしだった「きよみちゃん」という女の子がクラスにいました。 彼女と私は、学校が終わると、毎日のようにお互いの家を行き来して…