異界の部屋

アパートのドア(フリー写真)

当時はアパートに住んでいて、その頃に体験した不思議な話。

母ちゃんに頼まれ、回覧板を他の部屋に渡しに行った。

さっさとドアのポストに回覧板を入れ、自分の部屋に帰って行ったのだが、ドアを開けてみるとそこは明らかに我が家ではない部屋だった。

しかし部屋の番号を確かめてみると、やはり自分の部屋。

でも少し心配だったので、念のため「こんばんはー」と言ってみた。

すると見知らぬボサボサ頭のおじさんが当たり前のように「はーい」と出て来た。

驚いて「間違えましたー」と言いドアを閉めたのだけど、改めて番号を確かめてみたらやはり間違いなく自分の部屋。

書いてある苗字も自分の苗字。隣の部屋も自分の部屋のお隣さんと同じ。

『あれぇ?』と思い、再びそっとドアを開けてみたら、我が家の風景に戻っていた。

ボサボサ頭のおじさんも居なかった。

あれが18年生きていて唯一の不思議体験だな。

関連記事

縁側

猫が伝えようとした事

俺が人生で一度だけ体験した不思議な話です。俺の住んでいる所は凄い田舎。数年前にローソンが出来たけど、周りは山に囲まれているし、季節になると山葡萄が採れ、秋には庭で柿が採れるよう…

飲食店(フリー素材)

身代わり

少し昔の話をする。私の友人が飲食店の店長をする事になった。その店に行きたいと思いつつなかなか都合がつかず、結局その店に行けたのはオープンから一ヶ月が過ぎようとしている頃…

金縛り中の他者的視点

以前、一度だけどうにも奇妙な体験をしたことがある。金縛りというものは多くの人が経験してると思うが、あれは脳の錯覚だ。本当は寝ているだけなのに、起きていると脳が勘違いをし…

プラント・コロニー(長編)

いつものようにバイトをして、休憩室で飯を食ってたんだわ。飯を食い終わってスマホを弄ってたら、頭がくらっとしてきた。貧血かなーと思ってたんだけど、妙に意識だけはっきりして…

失われた時間

2001年の秋。風邪ひいて寒気がするので、大久保にある病院に行くため西武新宿線のつり革につかまってた。頭がぐわんぐわんと痛みだして、ギュッと目を閉じて眉間にしわ寄せて耐えてた。…

ゴムまり持った女の子

私がまだ花の女子大生だった頃のお話です。私の学科用の校舎は新設されたばかりでまだぴかぴか。最上階には視聴覚設備用の特別教室があり、その上にパイプスペース用の小部屋だけがある階が…

蝋燭

キャッシャ

俺の実家の小さな村では、女が死んだ時、お葬式の晩に村の男を10人集め、酒盛りをしながらろうそくや線香を絶やさず燃やし続けるという風習がある。ろうそくには決まった形があり、仏像を…

鏡の中の話

鏡の中の話だ。小さい頃、俺はいつも鏡に向かって話し掛けていたという。もちろん、俺自身にはハッキリとした記憶は無いが、親戚が集まるような場面になると、決まって誰かがその話…

横断歩道(フリー写真)

恩人との再会

小学5年生の時、通学路の交差点を渡っていると、右折車が横断中の俺をめがけて突っ込んで来た。催眠術にかかったように体が動かず、突っ込んで来る車を呆然と見ていたら(あらぬ方向を見て…

公園(フリー素材)

謎のおじいちゃん

今になっても一体何だったのか解らない謎な体験です。小学5年生の時でした。日曜の夕方、通っていた小学校の校庭の砂場で弟と遊んでいました。段々と辺りが暗くなってきて、そろそ…