異界の部屋

アパートのドア(フリー写真)

当時はアパートに住んでいて、その頃に体験した不思議な話。

母ちゃんに頼まれ、回覧板を他の部屋に渡しに行った。

さっさとドアのポストに回覧板を入れ、自分の部屋に帰って行ったのだが、ドアを開けてみるとそこは明らかに我が家ではない部屋だった。

しかし部屋の番号を確かめてみると、やはり自分の部屋。

でも少し心配だったので、念のため「こんばんはー」と言ってみた。

すると見知らぬボサボサ頭のおじさんが当たり前のように「はーい」と出て来た。

驚いて「間違えましたー」と言いドアを閉めたのだけど、改めて番号を確かめてみたらやはり間違いなく自分の部屋。

書いてある苗字も自分の苗字。隣の部屋も自分の部屋のお隣さんと同じ。

『あれぇ?』と思い、再びそっとドアを開けてみたら、我が家の風景に戻っていた。

ボサボサ頭のおじさんも居なかった。

あれが18年生きていて唯一の不思議体験だな。

関連記事

ヨウコウ

俺の爺ちゃんは猟師なんだけど、昔その爺ちゃんに付いて行って体験した実話。田舎の爺ちゃんの所に遊びに行くと、爺ちゃんは必ず俺を猟に連れて行ってくれた。本命は猪なんだけど、…

抽象画

息子を迎えに来ますからね

知人のおばあさんは我が強くて恐い人だけど、自分の母親の話をする時だけは顔つきが穏やかになる。その人から聞いた昔話が原因の出来事。 ※ そのおばあさんの母親(仮にAさんとする)は、お…

いつもの男性

オカルトではないかもしれませんが実体験話を一つ。数年前に大学を卒業して某証券会社に就職しまして、福岡に赴任していた時の話です。会社の借り上げのマンションが市の中心部にあ…

もう一つの顔

学生時代の友人のM美の話をしようと思う。その日、私はM美が一人暮らしをしているアパートへ遊びに行った。私は絨毯に横になりながら、M美はベッドに腰掛けてのんびりくつろいで…

葛籠(つづら)

俺は幼稚園児だった頃、かなりボーッとした子供だったんで、母親は俺をアパートの留守番に置いて、買い物に行ったり小さな仕事を取りに行ったりと出かけていた。ある日、いつものように一人…

神に愛されるということ

私は占い師に「長生きできんね」と言われたことある。理由も聞いた。「あんた、大陸に行ったことあるだろう? そこで憑かれたんだと思うけど、悪霊なんてもんじゃない。神に近いから、まず…

トンネル

帰らない友人

うちの近くに、背の高い草が茫々に生い茂った空き地がある。陽の光が当たり難いだけでなく、元から妙に薄暗いため、非常に不気味な場所だ。そんな場所は、やはり小中学生には格好の…

田舎の風景(フリー素材)

垣根さん

中学生の頃の話。当時は夏休みになると父方の祖父母の家に泊まりに行くのが恒例になっていた。と言っても自分の家から祖父母の家までは自転車で20分もかからないような距離。 …

廊下(フリー写真)

放課後の部室で

うちの高校の演劇部の部室での事。私は当時、演劇部の部長だったので、一人で遅くまで部室に居る事があった。ある日、いつものように部室に残っていたら、ふと人の気配を感じた。 …

犬(フリー素材)

犬の気持ち

俺が生まれる前に親父が体験した話。親父がまだ若かった頃、家では犬を飼っていた。散歩は親父の仕事で、毎日決まった時間に決まったルートを通っていたそうだ。犬は決まっ…