頭が無いおじちゃん

不気味な山道(フリー写真)

知り合いが体験した話。

彼女は幼い娘さんを連れて、よく山菜採りに出掛けているのだという。

その日も彼女は、二人で近場の山に入っていた。

なかなかの収穫を上げ、下山している途中でのこと。

いきなり娘が足を止めた。前方、麓の方をじっと凝視している。

「どうしたの?」

と聞くと、

「あのおじちゃん、変!」

と言う。

山道の前方を見やると、確かに小さな人影がこちらに向かって来ていた。

上下とも黒い服を着ていて、白い軍手がまるでそこだけ浮いて見える。

見たところ、蜂除け用の網が付いた麦藁帽子を被っているらしい。

背中には大きな竹篭を背負っているようだ。

しばしば、そこいら辺りで見かける農夫の姿と大差が無かった。

「何が変なの。失礼なこと言っちゃダメ」

彼女がそう諭すと、娘は強情な顔をして首を横に振り、奇妙なことを言う。

「だってあのおじちゃん、さっきまで頭が無かったんだよ。

私たちを見て、慌てて背中から頭を出して、身体に載せてたんだもん」

さては篭から麦藁帽子を出した動作を、そのように見たのだな。

そう考えた彼女は、苦笑して娘の頭を撫でた。

「とにかく、失礼なこと言っちゃダメですよ」

と釘を刺した。

暫くして、その人影と擦れ違った。

母子は快活に挨拶したが、相手は軽く会釈しただけだった。

目を合わせたくないかのように、俯いたまま無口で横を抜けて行く。

えらく無愛想な人だなと思い、彼女は相手の顔をじろりと見た。

次の瞬間、ひどい違和感を感じた。何だ?

すぐにその理由に気が付き、全身が凍り付いた。

網の奥、麦藁帽子の下の顔。

そこにあったのは、マネキンの頭部だった。

足を止めるのも恐ろしく、娘の手を引いたまま下り坂を歩き続ける。

背後の足音が小さくなって行くのが、無性に有難かった。

やっと麓に着いて振り返ると、既にさっきの男は影も形も見えない。

腰が抜けてへたり込むと、彼女に向かって娘が言う。

「ほらね。言ったとおりだったでしょ!」

娘は鼻を膨らませ、誇らしげに胸をそらしている。

どうだと言わんばかりのその姿に、彼女の恐怖心も霧散してしまい、思わず苦笑してしまったのだそうだ。

それ以来、彼女は娘と二人きりで山に入らないよう注意しているという。

関連記事

不敬な釣り人の顛末(宮大工11)

とある休日、久しぶりにオオカミ様の社へと参りに出かけた。途中、酒を買い求めて車を走らせる。渓流釣りの解禁直後とあって、道には地元・県外ナンバーの四駆が沢山停まっている。…

少年のシルエット(フリー素材)

かっこいい除霊

高校の時、クラスに虐められている訳じゃないけどいじられ系のAという奴が居た。何と言うか、よく問題を当てられても答えられず、笑われるような感じ。でも本人はへらへら笑ってい…

封じ(長編)

アパートに帰り着くと郵便受けに手紙が入っていた。色気のない茶封筒に墨字。間違いない泰俊(やすとし)からだ。奴からの手紙もこれで30通になる。今回少し間が空いたので心配したが元気…

時計(フリー素材)

巻き戻った時間

子供というのは錯乱すると、訳の解らない行動をしてしまうものだよな。子供の頃、俺に起こった不可思議なお話。 ※ 当時は5月の節句で、俺のために親が飾ってくれた兜と小刀が居間に…

抽象画

お還りなさい(宮大工14)

俺が初めてオオカミ様のお社を修繕してから永い時が経過した。時代も、世情も変わり、年号も変わった。日本も、日本人も変わったと言われる。しかし俺を取り巻く世界はそれ…

モデルカー(フリー写真)

形見分け

俺はとある物のコレクターなのだが、コレクター友達であるAがある時突然、余命宣告を受けるような大病に罹ってしまった。もう手の施しようがないレベルで、元気に動いているのが不思議な状…

不思議な森

昔住んでた家の近くの河川敷に広い公園があり、そこに小さな森があった。その森の中には、異常に暗い空間が何カ所かあって、よくそこで遊んでた。もう少し説明すると、その空間だけ切り取っ…

夕日(フリー写真)

歳を取らない巫女様

昔住んでいた村に、十代の巫女さんが居た。若者の何人かはその人のお世話をしなければならず、俺もその一人だった。その巫女さんは死者の魂が見えたり、来世が見えたりするらしかっ…

黒田君

僕が彼に出会ったのは、高校1年生の時の事です。一応政令指定都市ですが、都心ではありません。家から歩いて3分以内に何軒かコンビニはありますが、全部ローソンです。小洒落た雑…

オオカミ様の涙(宮大工6)

ある年の秋。季節外れの台風により大きな被害が出た。古くなった寺社は損害も多く、俺たちはてんてこ舞いで仕事に追われた。その日も、疲れ果てた俺は家に入ると風呂にも入…