桜の木の神様

sakura_010

今は暑いからご無沙汰しているけど、土日になるとよく近所の公園に行く。

住宅地のど真ん中にある、鉄棒とブランコと砂場しかない小さな公園。

子供が遊んでいることは滅多にない。と言うか見たことない。

まあ、だから行くんだけどね。凄く静かだから。

公園の端っこには大きめの桜の木が2本植えられていて、それぞれの木の下にベンチが一つずつ設置されている。

そこに座って缶コーヒーを飲みタバコを吸いながら、だらだら読書するのが俺の目的だった。

その日も桜の木の下で文庫本を読んでいると、いつの間にか7~8才くらいの女の子が二人、目の前に立っていた。

二人とも同じピンク色のワンピースを着て、髪も同じくらいの長さのロングで、同じ顔だった。

『双子かー』と妙な感動を覚えつつ見ていると、「こんにちわ!」と声を揃えて元気よく挨拶してきた。

俺も「こんにちわ」と答える。幼女大好きなので、凄く顔緩んでました。ごめんなさい。

「おじちゃん、よく来るね」と一人が言う。すぐにもう一人が「ここ好き?」と聞いてくる。

「静かだから好きだよ」と答えると、二人は顔を見合わせて「おーっ!」と言った。なんか喜んでる。

そして「わたしも好きだよ!」「好き!」と言って、二人でぴょんぴょんする。

それからは質問攻め。

「本読んでるの?」「なんでタバコ吸うの?」「コーヒー飲んでいい?」

流れで「おじちゃん、何歳?」と聞かれたので、「おじちゃんは3X歳」と答える。

もう一人が「わかいねー!」と言う。

いや、三十路で若いは無いだろうと突っ込んだら、

「わたしはお姉ちゃんだから、おじちゃんは若いの!」と言い張る。

「わたしの方がお姉ちゃんなの!」と、歳を聞いてきた子が反論する。

二人であーだこーだと議論しつつ、一人がベンチを踏み台にして、なぜか俺の背中に乗る。

「何してんの」と聞くと、「おんぶ」と当然のように答えた。

よく理解できないが、さっきの議論の流れの中で俺におんぶされることが決まったらしい。

すると、もう一人が「ずるい」と言い出したので、抱っこしてみた。とりあえず幼女は満足する。

しかし、幼女サンドは危険すぎる。ご近所の人に見られたら通報されかねないレベル。

でも、なんか幼女たちが楽しそうなので、降りなさいとも言いにくい。

子供と遊ぶお父さんの体でいればまあ大丈夫かと考えて、いきなりベンチから立ち上がり、

「おんぶダーッシュ!」と叫んでから公園内をダッシュで一周。

息が切れる。でも幼女たち大喜び。

「おんぶ、気持ちいいね!」

「気持ちいいの?」

「うん」「次、わたしおんぶ!」

俺を挟んで二人で勝手に交渉。

で、おんぶと抱っこを交代したら、俺はまたダッシュ。

日頃の不摂生が祟って息切れ半端ないが、「ほんとだ。気持ちいいね!」「うん、気持ちいいよね!」とキャッキャする幼女。

こんなに喜ばれると、つい調子に乗ってしまう。で、更に2~3回ダッシュ。

もう無理です、体力的に限界です。

降参すると、幼女二人は声をそろえて「えー」と抗議。

でも、素直に降りる幼女たち。俺、ホッとする。

さすがに疲れたので「そろそろ帰るよ」と告げると、幼女二人揃って(´・ω・`)な顔になった。

一人が「ずっと、ここにいたらいいのに」と呟く。するともう一人が「だめ」と窘める。

「天気よかったら、また来週来るけど」と言うと、(・∀・)

「その時、またおんぶダッシュしようか」と言うと、(´・ω・`)

けど、すぐに(・∀・)となって、「おんぶダッシュー」「またねー」と言いながら手を振る。

ちょっと名残惜しさを感じながら公園を出る。

バイバーイと声を掛けられたので振り向く。

幼女たちが居ない。何と言うか、こつ然と消えた感じ。

妙な感じはしたけど、深く考えずに帰宅。

嫁に起こった事を話すと、「ひとりで幼女と遊んでずるい。なぜ自分も呼ばないの」と怒られた。

で、嫁は言う。

「その幼女たちは、桜の木の神様だったのかもしれないね。

今日、たまたま幼女の姿になれる日だったから、あんたに遊んでもらうことができたけど、次に会う時は幼女になれないから、それでしょんぼりしてたんじゃないかな」

次の週の土曜日、今度は嫁と一緒に公園へ行った。嫁の予想通り幼女たちは居なかった。

一応、桜の木の根元にお菓子をお供えして手を合わせる。

俺が「ほんとに神様だったのかな……」と言うと、嫁「ロリコンこじらせて幻見たのかもな(笑)」。

ありそうだから怖い(笑)。

なんか色々台無しだったけど、不思議な体験だった。

関連記事

山遊び

子供の頃の話。大して遊べる施設がない田舎町だったので、遊ぶと言えば誰かの家でゲームをするか、山や集落を歩いて探検するかの2択くらいしかする事がなかった。小学校が休みの日…

谷川岳(フリー写真)

谷川岳の救難無線

大学のワンゲル時代の話。部室で無線機をチェック中に、「どうしても『SOS』としか聞こえない電波がFMに入るんだけど、どう?」と部員が聞いて来た。その場に…

山(フリー写真)

一つ目のおじちゃん

子供の頃、家族で山に行ったことがある。山に着いたのはまだ朝方で、霧が辺りを覆っていた。僕は親の言い付けを守らず、一人で山中に歩き入り、当然のように迷子になってしまった。…

コンサートホール

某コンサートホール

以前、某コンサートホールでバイトをしていました。その時の体験を話そうと思います。初めに気が付いたのは、来客総数を試算するチケット・チェックの場所でした。私たちはもぎった…

笈神様(おいがみさま)

その日の夜、私は久し振りに母に添い寝してもらいました。母に「あらあら…もう一人で寝られるんじゃなかったの」と言われながらも、恐怖に打ち勝つ事は出来ず、そのまま朝を迎える事となりました。…

前世を詳細に語る幼児

「前世」というものの概念すらないであろう幼い子が、突然それを語り始めて親を驚かせたという話が稀にある。米国では今、オハイオ州の幼い男の子が自分の前世を語り、それが1993年に起…

わかったかな?

多分、幼稚園の頃だと思う。NHK教育テレビで、人形とおじさんが出てくる番組を見ていた。おじさんが「どう?わかったかな?」と言ったので、TVの前で…

星を見る少女

夜、アパートに住んでいる青年がふと外を見ると、向かいのアパートのベランダに人がいる。背格好からすると少女だろうか。少女はどうやら、空を見上げているらしかった。なんとなく…

手を繋ぐ親子(フリー写真)

おとうさん、こっち!

お隣に、両者とも全盲のご夫婦が住んでいらっしゃいます。この話は、ご主人から茶飲み話に伺ったものです。 ※ ご主人は16歳の時に、自転車事故で失明されたそうです。当然…

狐(フリー写真)

鼠の天麩羅

知人の劇団員が、地元の猟師さんの笑い話を元に劇を作ったことがある。長くなりますが、よろしければ暇潰しにどうぞ。 ※ 元号が幾つか前の時代のお話。木樵と炭焼きと、猟師…