桜の木の神様

sakura_010

今は暑いからご無沙汰しているけど、土日になるとよく近所の公園に行く。

住宅地のど真ん中にある、鉄棒とブランコと砂場しかない小さな公園。

子供が遊んでいることは滅多にない。と言うか見たことない。

まあ、だから行くんだけどね。凄く静かだから。

公園の端っこには大きめの桜の木が2本植えられていて、それぞれの木の下にベンチが一つずつ設置されている。

そこに座って缶コーヒーを飲みタバコを吸いながら、だらだら読書するのが俺の目的だった。

その日も桜の木の下で文庫本を読んでいると、いつの間にか7~8才くらいの女の子が二人、目の前に立っていた。

二人とも同じピンク色のワンピースを着て、髪も同じくらいの長さのロングで、同じ顔だった。

『双子かー』と妙な感動を覚えつつ見ていると、「こんにちわ!」と声を揃えて元気よく挨拶してきた。

俺も「こんにちわ」と答える。幼女大好きなので、凄く顔緩んでました。ごめんなさい。

「おじちゃん、よく来るね」と一人が言う。すぐにもう一人が「ここ好き?」と聞いてくる。

「静かだから好きだよ」と答えると、二人は顔を見合わせて「おーっ!」と言った。なんか喜んでる。

そして「わたしも好きだよ!」「好き!」と言って、二人でぴょんぴょんする。

それからは質問攻め。

「本読んでるの?」「なんでタバコ吸うの?」「コーヒー飲んでいい?」

流れで「おじちゃん、何歳?」と聞かれたので、「おじちゃんは3X歳」と答える。

もう一人が「わかいねー!」と言う。

いや、三十路で若いは無いだろうと突っ込んだら、

「わたしはお姉ちゃんだから、おじちゃんは若いの!」と言い張る。

「わたしの方がお姉ちゃんなの!」と、歳を聞いてきた子が反論する。

二人であーだこーだと議論しつつ、一人がベンチを踏み台にして、なぜか俺の背中に乗る。

「何してんの」と聞くと、「おんぶ」と当然のように答えた。

よく理解できないが、さっきの議論の流れの中で俺におんぶされることが決まったらしい。

すると、もう一人が「ずるい」と言い出したので、抱っこしてみた。とりあえず幼女は満足する。

しかし、幼女サンドは危険すぎる。ご近所の人に見られたら通報されかねないレベル。

でも、なんか幼女たちが楽しそうなので、降りなさいとも言いにくい。

子供と遊ぶお父さんの体でいればまあ大丈夫かと考えて、いきなりベンチから立ち上がり、

「おんぶダーッシュ!」と叫んでから公園内をダッシュで一周。

息が切れる。でも幼女たち大喜び。

「おんぶ、気持ちいいね!」

「気持ちいいの?」

「うん」「次、わたしおんぶ!」

俺を挟んで二人で勝手に交渉。

で、おんぶと抱っこを交代したら、俺はまたダッシュ。

日頃の不摂生が祟って息切れ半端ないが、「ほんとだ。気持ちいいね!」「うん、気持ちいいよね!」とキャッキャする幼女。

こんなに喜ばれると、つい調子に乗ってしまう。で、更に2~3回ダッシュ。

もう無理です、体力的に限界です。

降参すると、幼女二人は声をそろえて「えー」と抗議。

でも、素直に降りる幼女たち。俺、ホッとする。

さすがに疲れたので「そろそろ帰るよ」と告げると、幼女二人揃って(´・ω・`)な顔になった。

一人が「ずっと、ここにいたらいいのに」と呟く。するともう一人が「だめ」と窘める。

「天気よかったら、また来週来るけど」と言うと、(・∀・)

「その時、またおんぶダッシュしようか」と言うと、(´・ω・`)

けど、すぐに(・∀・)となって、「おんぶダッシュー」「またねー」と言いながら手を振る。

ちょっと名残惜しさを感じながら公園を出る。

バイバーイと声を掛けられたので振り向く。

幼女たちが居ない。何と言うか、こつ然と消えた感じ。

妙な感じはしたけど、深く考えずに帰宅。

嫁に起こった事を話すと、「ひとりで幼女と遊んでずるい。なぜ自分も呼ばないの」と怒られた。

で、嫁は言う。

「その幼女たちは、桜の木の神様だったのかもしれないね。

今日、たまたま幼女の姿になれる日だったから、あんたに遊んでもらうことができたけど、次に会う時は幼女になれないから、それでしょんぼりしてたんじゃないかな」

次の週の土曜日、今度は嫁と一緒に公園へ行った。嫁の予想通り幼女たちは居なかった。

一応、桜の木の根元にお菓子をお供えして手を合わせる。

俺が「ほんとに神様だったのかな……」と言うと、嫁「ロリコンこじらせて幻見たのかもな(笑)」。

ありそうだから怖い(笑)。

なんか色々台無しだったけど、不思議な体験だった。

賽の河原(フリー写真)

賽の河原

自分は子供の頃は凄く病弱で、しょっちゅう寝込んでいた。 幼稚園の頃に風邪を酷くこじらせた。 寝ている時に夢を見たのだけど、どこかの河原にぽつんと一人で立っている。 …

足音

これは母から聞いた話なんですが。 結婚前勤めていた会計事務所で、母は窓に面した机で仕事していました。 目の前を毎朝御近所のおじいさんが通り、お互い挨拶を交わしていました。 …

わかったかな?

多分、幼稚園の頃だと思う。 NHK教育テレビで、人形とおじさんが出てくる番組を見ていた。 おじさんが 「どう?わかったかな?」 と言ったので、TVの前で …

公衆電話

公衆電話が呼ぶ

突然だが、僕は電話が苦手だ。 それは電話が面倒だとか、メールの方が楽だとかそういうことではない。 電話が掛かってくる度にギュウッと心臓が掴まれたようになる。 ※ とある…

並行宇宙(フリー素材)

史実との違い

高校時代、日本史の授業中に体験した謎な話。 その日、私は歴史の授業が怠くてねむねむ状態だった。 でもノートを取らなければこの先生すぐ黒板消すしな…と思い、眠気と戦っていた。…

山祭り

久しぶりに休みが取れた。たった2日だけど、携帯で探される事も多分ないだろう。 ボーナスも出た事だし、母に何か美味いものでも食わせてやろう。 そう思って、京都・貴船の旅館へ電…

キジムナー

あまり怖くないが不思議な話をひとつ。 30年くらい前、小学校に行くかいかないかの頃。 父の実家が鹿児島最南端の某島で、爺さんが死んだというので葬式に。 飛行機で沖縄経…

カブト虫

夜、友人4人と車で山道走ってたら、1人が急に「虫がいた。停めて。カブト虫探す」 って言って時速30kmで走ってる車から飛び降りて、ゲラゲラ笑いながら山の中に消えていった。 実家に…

田所君

小学生のころ同級生だった田所君(仮名)の話。 田所君とは、小学5年から6年の夏休み明けまで同じクラスだった。田所君は、かなり勉強の出来るやつだった。 学校の図書館を「根城」…

山神様

これは、俺の曽祖父が体験した話です。大正時代の話ですので大分昔ですね。 曾じいちゃんを、仮に『正夫』としておきますね。 正夫は狩りが趣味だったそうで、暇さえあれば良く山狩り…