桜の木の神様

sakura_010

今は暑いからご無沙汰しているけど、土日になるとよく近所の公園に行く。

住宅地のど真ん中にある、鉄棒とブランコと砂場しかない小さな公園。

子供が遊んでいることは滅多にない。と言うか見たことない。

まあ、だから行くんだけどね。凄く静かだから。

公園の端っこには大きめの桜の木が2本植えられていて、それぞれの木の下にベンチが一つずつ設置されている。

そこに座って缶コーヒーを飲みタバコを吸いながら、だらだら読書するのが俺の目的だった。

その日も桜の木の下で文庫本を読んでいると、いつの間にか7~8才くらいの女の子が二人、目の前に立っていた。

二人とも同じピンク色のワンピースを着て、髪も同じくらいの長さのロングで、同じ顔だった。

『双子かー』と妙な感動を覚えつつ見ていると、「こんにちわ!」と声を揃えて元気よく挨拶してきた。

俺も「こんにちわ」と答える。幼女大好きなので、凄く顔緩んでました。ごめんなさい。

「おじちゃん、よく来るね」と一人が言う。すぐにもう一人が「ここ好き?」と聞いてくる。

「静かだから好きだよ」と答えると、二人は顔を見合わせて「おーっ!」と言った。なんか喜んでる。

そして「わたしも好きだよ!」「好き!」と言って、二人でぴょんぴょんする。

それからは質問攻め。

「本読んでるの?」「なんでタバコ吸うの?」「コーヒー飲んでいい?」

流れで「おじちゃん、何歳?」と聞かれたので、「おじちゃんは3X歳」と答える。

もう一人が「わかいねー!」と言う。

いや、三十路で若いは無いだろうと突っ込んだら、

「わたしはお姉ちゃんだから、おじちゃんは若いの!」と言い張る。

「わたしの方がお姉ちゃんなの!」と、歳を聞いてきた子が反論する。

二人であーだこーだと議論しつつ、一人がベンチを踏み台にして、なぜか俺の背中に乗る。

「何してんの」と聞くと、「おんぶ」と当然のように答えた。

よく理解できないが、さっきの議論の流れの中で俺におんぶされることが決まったらしい。

すると、もう一人が「ずるい」と言い出したので、抱っこしてみた。とりあえず幼女は満足する。

しかし、幼女サンドは危険すぎる。ご近所の人に見られたら通報されかねないレベル。

でも、なんか幼女たちが楽しそうなので、降りなさいとも言いにくい。

子供と遊ぶお父さんの体でいればまあ大丈夫かと考えて、いきなりベンチから立ち上がり、

「おんぶダーッシュ!」と叫んでから公園内をダッシュで一周。

息が切れる。でも幼女たち大喜び。

「おんぶ、気持ちいいね!」

「気持ちいいの?」

「うん」「次、わたしおんぶ!」

俺を挟んで二人で勝手に交渉。

で、おんぶと抱っこを交代したら、俺はまたダッシュ。

日頃の不摂生が祟って息切れ半端ないが、「ほんとだ。気持ちいいね!」「うん、気持ちいいよね!」とキャッキャする幼女。

こんなに喜ばれると、つい調子に乗ってしまう。で、更に2~3回ダッシュ。

もう無理です、体力的に限界です。

降参すると、幼女二人は声をそろえて「えー」と抗議。

でも、素直に降りる幼女たち。俺、ホッとする。

さすがに疲れたので「そろそろ帰るよ」と告げると、幼女二人揃って(´・ω・`)な顔になった。

一人が「ずっと、ここにいたらいいのに」と呟く。するともう一人が「だめ」と窘める。

「天気よかったら、また来週来るけど」と言うと、(・∀・)

「その時、またおんぶダッシュしようか」と言うと、(´・ω・`)

けど、すぐに(・∀・)となって、「おんぶダッシュー」「またねー」と言いながら手を振る。

ちょっと名残惜しさを感じながら公園を出る。

バイバーイと声を掛けられたので振り向く。

幼女たちが居ない。何と言うか、こつ然と消えた感じ。

妙な感じはしたけど、深く考えずに帰宅。

嫁に起こった事を話すと、「ひとりで幼女と遊んでずるい。なぜ自分も呼ばないの」と怒られた。

で、嫁は言う。

「その幼女たちは、桜の木の神様だったのかもしれないね。

今日、たまたま幼女の姿になれる日だったから、あんたに遊んでもらうことができたけど、次に会う時は幼女になれないから、それでしょんぼりしてたんじゃないかな」

次の週の土曜日、今度は嫁と一緒に公園へ行った。嫁の予想通り幼女たちは居なかった。

一応、桜の木の根元にお菓子をお供えして手を合わせる。

俺が「ほんとに神様だったのかな……」と言うと、嫁「ロリコンこじらせて幻見たのかもな(笑)」。

ありそうだから怖い(笑)。

なんか色々台無しだったけど、不思議な体験だった。

関連記事

呼び寄せられた仲間

僕が大学生のころ。あれは確か昭和63年12月の出来事でした。同じ高校の友達と2人で神戸三宮に出ていたら、別の高校卒業以来の友達と出くわした。 「おお、久々じゃないか」となって…

金縛り中の他者的視点

以前、一度だけどうにも奇妙な体験をしたことがある。金縛りというものは多くの人が経験してると思うが、あれは脳の錯覚だ。本当は寝ているだけなのに、起きていると脳が勘違いをし…

封じ(長編)

アパートに帰り着くと郵便受けに手紙が入っていた。色気のない茶封筒に墨字。間違いない泰俊(やすとし)からだ。奴からの手紙もこれで30通になる。今回少し間が空いたので心配したが元気…

タヌキの神様

俺の姉貴は運が良い人間だ。宝くじを買えば、ほぼ当たる。当たると言っても、3億円なんて夢のような当たり方ではないのが残念なところだ。大抵 3,000円が当たる。何回当たっ…

コツコツ

つい先日の事なんだけど、俺は出張で松江にある某有名チェーンのビジネスホテルに泊まったんだ。その日は取引先との接待でスナックを3件ハシゴして、へべれけ状態でホテルに入ったんだわ。…

黒ピグモン

深夜にひとりで残業をしていた時の話。数年前の12月の週末、翌週までに納品しなければいけない仕事をこなす為に、ひとり事務所に残って残業していた。気付けば深夜0時近く。連日…

白猫(フリー写真)

先導する猫

小学生の頃、親戚の家に遊びに行ったら痩せてガリガリの子猫が庭にいた。両親にせがんで家に連れて帰り、思い切り可愛がった。猫は太って元気になり、小学生の私を途中まで迎えに来…

黒い物体

黒い物体

半年程前、海外旅行の帰りの飛行機で体験した話。機内が消灯された後も、俺は時差があるので起きていようと思い、座席に備え付けのディスプレイで映画を観ていた。 ※ 3時間くらい経…

未来は書き換えられている

昔、高校受験の勉強で市販の問題集をやっていた時の話だ。一通り回答した問題の答え合わせをやっていたのだが、一問だけ正解と解説を読んでも解らない問題があった。何度計算しても…

手形

友達の先輩Aとその彼女B、それから先輩の友達Cとその彼女Dは、流れ星を見に行こうということで、とある山へ車を走らせていました。山へ向こうの最後のガソリンスタンドで給油を済まし、…