おもちゃの消防車

公開日: 心霊ちょっと良い話

消防車の玩具(フリー写真)

この話を知っている方も多いかと思いますが、投稿します。

これは毎日新聞の記者さんが実際に聞き、掲載したお話です。

ある日の雨の降る夜、会社から家路を急いでいたAさんが、田んぼのあぜ道で何かを探している人に気付きました。

「どうしました?」

Aさんが問い掛けると、その男性は消え入りそうな声でこう言いました。

「長男に買って来た消防車のおもちゃが見つからないんです」

「そうですか…一緒に探してあげましょう」

と、Aさんも泥がつくのもイヤがらず一緒に探しました。

でも、どんなに探しても全然見つかりません。

二人で泥だらけになりながら、雨の中必死で探しました。

「無いですねぇ…」

と何気なく男性の横顔を見たAさんは、おかしな感覚を覚えました。

「…あれ? この人どこかで見たような…」

でも、その時はあまり気に留めませんでした。

「無いなぁ…困ったなぁ…」

そう言う男性を慰め、ほんのちょっと下を向いた時に、男性の気配が無くなりました。

「あれ?」

周りをいくら見渡しても男性の姿は見えません。

「おっかしいなぁ…」

不思議と怖さも無く、泥だらけの姿で家に帰りました。

その泥だらけの姿を見た母親から「どうしたの?」と尋ねられたAさんは、今あった事を母親に話しました。

見る見るうちに母親の顔色が変わって行きます。

「どうしたん?」

そう言うAさんの前に、母親は古いアルバムを持って来ました。

「その男の人って…この人かい?」

Aさんがアルバムを見ると、そこには幼いAさんを抱いたさっきの男性が写っていました。

「あ…」

Aさんは言葉を失いました。

母親は、Aさんがまだ小さかった頃に他界した父親の話をしてくれました。

おもちゃの消防車を買って帰る途中で、車に撥ねられ他界した事も…。

「あんたが一緒に探してくれて良かった」

と母親は号泣したそうです。

関連記事

犬(フリー写真)

愛犬の不思議な話

小学生の頃、ムギという名前の茶色い雑種犬を飼っていた。家の前をウロウロしていたのを父が拾ったのだ。その時は既に成犬だった。鼻の周りが薄っすらと白い毛に覆われていたので、…

バー(フリー写真)

見えない常連さん

俺が昔、まだ神戸で雇われのバーテンダーだった頃の話。その店は10階建てのビルの地下にあった。地下にはうちの店しかないのだけど、階段の途中にセンサーが付いていて、人が階段…

駅のホーム(フリー写真)

同い年の父

今まで誰に言っても信じてもらえなかった話だけど、俺は同い年(当時27歳)の親父と話をしたことがある。親父は俺が4歳の時に死んだのだが…。俺が東京から実家に帰る途中の田…

教室と黒板(フリー写真)

最後の宿題

俺の友達は、昔風に言えばヤンキーだった。高校もろくに行かず、友達と遊び回っていたそうだ。先生達は皆サジを投げていたそうだが、友達の担任の教師だけはそうではなかった。 …

三宅太鼓(フリー写真)

三宅木遣り太鼓

八月初旬。夜中に我が家の次男坊(15歳)がリビングでいきなり歌い出し、私も主人も長男(17歳)もびっくりして飛び起きました。主人が「コラ!夜中だぞ!!」と言い、電気を点…

糸と縫い針(フリー写真)

祖母の糸切りばさみ

20年程前の話。田舎で祖母が亡くなった時のこと。母方の実家は地元では名士で、医者でも教師でもないのに、祖父は周りから先生と呼ばれていた。そういう人なので、あちこちに愛人…

ろうそく(フリー写真)

評判の良い降霊師

実家は俺の父親が継いでいるが、実は本来の長男が居た。俺の伯父に当たる訳だが、戦前に幼くして亡くなったのだ。今で言うインフルエンザに罹ったと聞いたように記憶しているが、と…

満タンのお菓子

私の家は親がギャンブル好きのため、根っからの貧乏でした。学校の給食費なども毎回遅れてしまい、恥ずかしい思いをしていました。そんな家庭だったので、親がギャンブルに打ち込ん…

優しさを大切に

俺が小学校1年生ぐらいの時の話。その頃、俺はおとなしくて気の弱い方で、遊ぶのも大体おとなしい気の合う子達とばっかり遊んでいた。でも何がきっかけだか忘れたけど、ある時に番…

四つ葉のクローバー(フリー素材)

おじさんの予言

あれは11年前、某ビール会社の販促員のパートをしている時に、ある酒屋に伺った時のことです。二回目にその酒屋へ訪問の際、お店の娘さんに「あなたに膜のようなものが掛かって見…