おばあちゃんの料理

公開日: 心霊ちょっと良い話

台所(フリー写真)

十年以上寝たきりで、最後の方は痴呆になってしまっていたおばあちゃん。

帰省してお見舞いに行った時、私の名前も分からなくなった祖母の傍にいるのが辛くて、

「もういいよ」

と言って病室を出てしまった。

しかし、次の日に母から

「おばあちゃんがアンタに会いたがっている!」

という電話を受け、その週末に帰るつもりでいた。

そんな週の半ば、昼寝をしていると台所で何やら音がした。

誰かが歩いて床が軋む音、食器同士が擦れるカチャカチャという音。

あまりにも長く続くものだから気のせいではない。

『泥棒だ!』と思い、台所の戸を開けた。

しかし、そこには誰も居なかった。

寝ぼけていたのかと思い、もう一度布団に戻った。

暫くして電話が鳴った。

「おばあちゃんが死んじゃったよ」

と…。

容態が急変したらしい。

おばあちゃんの作る料理が大好きだった私。

最期に何か作りに来てくれたのかな。

夢でもいい。また台所に来てくれてもいい。私がそっちに逝った時でもいい。

「あの時は『もういいよ』なんて言ってごめんね。大好きだよ」と伝えたい。

関連記事

地下鉄(フリー写真)

目に見えない存在の加護

その日はいつも通りに電車に乗って会社へ向かった。そしていつものようにドアに寄り掛かりながら外の景色を眺めていた。地下鉄に乗り換える駅(日比谷線の八丁堀駅)が近付いて来て…

登山(フリー写真)

二つの人影

友人に山岳部のやつが居る。そいつが何処だか忘れたが、結構有名な日本の山に部員と登った時の話。ちょうど山の中腹まで登った頃に濃霧が立ち込めて来て、他のメンバーとバラバラになってし…

犬(フリー写真)

愛犬の不思議な話

小学生の頃、ムギという名前の茶色い雑種犬を飼っていた。家の前をウロウロしていたのを父が拾ったのだ。その時は既に成犬だった。鼻の周りが薄っすらと白い毛に覆われていたので、…

天使のはしご(フリー写真)

成仏した女の子

私の母がまだ独身だった25年程前の話です。交差点を渡ろうとした時、前に10歳くらいの女の子が歩いていて、その子が目の前で左折しようとしたトラックの後輪に巻き込まれてしまった。 …

戦闘機(フリー写真)

白いマフラー

俺のじいちゃんは昔、パイロットだった。若い頃のじいちゃんの写真は、白のマフラーを巻いて格好つけていて、でも本当に格好良かった。俺もじいちゃんみたいな戦闘機乗りになりた…

タヌキの神様

俺の姉貴は運が良い人間だ。宝くじを買えば、ほぼ当たる。当たると言っても、3億円なんて夢のような当たり方ではないのが残念なところだ。大抵 3,000円が当たる。何回当たっ…

四つ葉のクローバー(フリー素材)

おじさんの予言

あれは11年前、某ビール会社の販促員のパートをしている時に、ある酒屋に伺った時のことです。二回目にその酒屋へ訪問の際、お店の娘さんに「あなたに膜のようなものが掛かって見…

飲み屋街(フリー素材)

常連客

学生時代、叔父が経営する小さな小料理屋(居酒屋)で手伝いをしていた。常連客の中に、70代のMさんという真っ白な頭の爺様が居た。ほぼ毎日、開店時間の16時から24時くらい…

病室(フリー素材)

絵日記

この前、夜遅くの深夜にハッっと起きてしまいました。なんでいきなり起きちゃったんだろう…と思っていると、部屋の隅に何かの気配を感じました。眼を凝らして見てみると、それは…

結婚式の席(フリー写真)

前彼の祝福

学生時代、彼氏を事故で亡くした。私はそのことを引きずり、「もう新しい彼氏も結婚もいらない」と荒み、誘いも蹴り、告白も断り、おひとりさまの老後を設計していたのだ…