龍神様の掛け軸

公開日: 不思議な体験 | 怖い話

20121006_165245_HDR

実家にある掛け軸の話。

いつ誰が買ってきたのかも定かでない、床の間に飾ってある龍神様の描かれた小ぶりの掛け軸。

聞けば祖母が嫁いできた頃には既にあったと言うから、既に70年以上前のもの。

この掛け軸に悪さをすれば良くない事が起こる。

私が5歳位の時の話。

お盆という事もあって、従兄弟が家に泊まりに来た。

同い年の男の子で結構な暴れ者。龍神様の掛け軸に向かって物を投げ始めた。

うちの家族やその子の母親は「それは一応神様なんだから悪さをするな」みたいなことを言うんだけど、従兄弟は言う事を聞かずに掛け軸に物をぶつけていた。

その夜、その男の子が大泣きして、その声で家族全員目が覚めた。

「手がぁ…!手がぁ…!」と言って泣いている。

見ると、その子の右手がパンパンに腫れてた。

その腫れ方というのがちょっと変わっていて、薄手のビニール手袋に水をパンパンに入れると、手の平の所に水が溜まって風船みたいになるんだけど、まさにそんな腫れ方だった。

救急で病院に行って見てもらったら、右手に水が大量に溜まってた。

案の定「ほら、言わんこっちゃない!悪さするからだ!」ってなったんだけど、その翌年、更に暴れ者になった男の子はあろう事かその掛け軸をわざと蹴っ飛ばした。

「祟りなんてねーよ!やれるならやってみろよ!」という言葉付きで。

そしたら今度は次の日に何も無いところですっ転んで、その拍子に右足の骨とあばら骨を折った。

どうやら龍神様、相当ご立腹だったらしい。

関連記事

お通夜の日

おじいちゃんのお通夜の日の話です当時高2の俺は、別に手伝う事も無かったので、準備が終わるまで自分の部屋で音楽を聴きながらまったりとしてたんです。それでちょっと眠くなって…

ドライブイン

奇妙なドライブイン

この話はオカルトや怪談に入るものなのか少し微妙なところなのだが、個人的には非常に怖かった体験です。それと、もう何ヶ月も前の事なので会話はうろ覚えの部分が多く、『当時こんな感じだ…

心霊写真

心霊写真といっても色々とある。光や顔が写り込んでいるもの。体の一部が消えているもの。体が変色しているもの…。これらの写真はプロのカメラマンから見ると、レ…

糸と縫い針(フリー写真)

祖母の糸切りばさみ

20年程前の話。田舎で祖母が亡くなった時のこと。母方の実家は地元では名士で、医者でも教師でもないのに、祖父は周りから先生と呼ばれていた。そういう人なので、あちこちに愛人…

スローになる空間

友達の家に手応えのある変な空間がありました。何もないところで手をふると、そこだけスローになる。それは空中に留まっており、撫で回してみるとバスケットボールぐらいの大きさ。…

旧東海道・関宿の町並み(フリー写真)

布団から聞こえる声

この話は母から聞いた話で、その母も祖母から聞いた話だと言っておりました。北海道のB町の近くの話。戦前か戦後、この辺りの話だそうです。 ※ この頃は物資が少なく、布団を買うに…

自衛隊での体験談

ちょっと専門用語が多いので分かり難いかもしれない。高校卒業後すぐに自衛隊に入隊した俺だったんだが、7月の後期教育のある日、駐屯地にある小さい資料館の掃除があったんだ。班…

山祭り

久しぶりに休みが取れた。たった2日だけど、携帯で探される事も多分ないだろう。ボーナスも出た事だし、母に何か美味いものでも食わせてやろう。そう思って、京都・貴船の旅館へ電…

犬(フリー素材)

犬の気持ち

俺が生まれる前に親父が体験した話。親父がまだ若かった頃、家では犬を飼っていた。散歩は親父の仕事で、毎日決まった時間に決まったルートを通っていたそうだ。犬は決まっ…

帰り道

足が欲しい

大学時代、一つ上の先輩から聞いた話。小学4年生の頃、学校からの帰り道にいつも脇道から出てくる中年の男性がいた。しかも常に彼女がその脇道を通りかかる時に出てきて、ぼんやり…