父親の不思議な体験

c4b300a7

うちの父親の話。幼少の頃から不思議な体験が多いらしい。

不思議な体験 – 其の一

60歳近いけど昔から魚釣りが趣味で、小さい頃に兄と幅50メートルくらいの川に釣りに出掛けたらしい。

兄の竿に魚がヒットしたんだけど、やたらに引きが強い。

格闘し続けて頭が岸まで寄った時に、魚の体の全貌が見えるほど水面まで魚が上がってきた。

その魚を見ると、川幅が50メートルはあるのに魚はくの字に体を歪めていて、川幅より長い。

びっくりして糸を切ったそうだ。

不思議な体験 – 其の二

父(私から見て祖父)と釣りに行った帰り、一本道なのになかなか家に着かない。

家まで徒歩20分くらいの距離なのに、2時間以上歩いても着かない。

当時は街頭もあまりなく暗い道だったので、周りの状況もあまり掴めない。

「おかしい」と父が言うと、祖父が「これがたぶんいかんのだ!」と魚籠の魚を全て捨てたそうだ。

そうしたら程なくして家に到着。

狐に化かされたと言っていた。

不思議な体験 – 其の三

暗くなりかけた頃、釣りに行く途中の堤防を歩いていたら松の大木が倒れていた。

父は文句を言いながら苦労して自転車を持ち上げて通ったらしい。

小一時間ほどして全く釣れないので引き上げる事にした。

帰り道には大木は跡形も無くなっていたが、その後に何かぬるぬるしたものが広がっていたそうだ。

それを追っていくと川まで続いている。

「今思うと蛇が引きずった跡みたいだったなあ…」

と言っていた。

不思議な体験 – 其の四

最新の話では川の上流まで鮎釣りに出かけた時、熱中し過ぎて気付けば夜の22時を回っていたらしい。

釣り道具を車へ積み込み帰ろうとしたところ、何やらごそごそ動く影が車の側に居る。

『動物かな、野生動物なら車のライトで逃げていくだろう』

と考えたらしく、車のライトを点灯したところ、動物ではなく草むしりをしているような動作をする人間だった。

しかも見た感じかなり高齢のお婆ちゃん。

『こんな夜に何をしてるんだろう』と思い、声を掛けようとして車の窓を開けたらしいんだ。

そしたら、振り返ったお婆ちゃんの顔に、ゴルフボールより少し大きい位の目玉が付いていたらしい。よく見るグロ画像みたいな感じで。

滅茶苦茶恐くなって車で逃げたみたい。

「他の車見るまで安心できなかったよ、あはは(笑)」と言っていた。

かごめかごめ

この話は、実際に友人が遭遇した話で、彼もその場所はついに教えてくれませんでした。実際に人が2人死に、彼も警察にしつこく尋問されたそうです。これは私が大学時代にその友人か…

公園

代弁者

今年の秋頃かな。二条城の周りを走っていた時の話です。トイレがあるんですけどね、そこに三つほど腰掛けやすい石があるんです。そこで走った後の興奮を抑えるために、ぼんやりと座…

カフェ(フリー写真)

死相の本

『死相の本』というものをご存知ですか?自分は一度、見たことがあります。広辞苑ぐらいの厚さで、果てしなく色々な方の生前の顔と死後の顔が並んでいるだけの本。右ペー…

小学校の廊下

←ココ

この間、小学校の同窓会があった。その時に当然の如く話題に上がった、俺たちの間では有名な事件の話を一つ。 ※ 俺が通っていた小学校は少し変わっていて、3階建ての校舎のうち、最上階の3…

もう一つの顔

学生時代の友人のM美の話をしようと思う。その日、私はM美が一人暮らしをしているアパートへ遊びに行った。私は絨毯に横になりながら、M美はベッドに腰掛けてのんびりくつろいで…

だるま

女の子2人が韓国へ旅行に行った。ブティックに入り、一人の女の子が試着室に入った。だけど待てども待てども一向に試着室から出てくる気配がない。カーテンを開けるとそこには誰も…

メールの送信履歴

当時、息子がまだ1才くらいの頃。のほほんとした平日の昼間、私はテレビを見ながら息子に携帯を触らせていた。私の携帯には家族以外に親友1人と、近所のママ友くらいしか登録して…

プログラマーの残業

元同僚のプログラマーから聞いた話なんですが、彼女(A子とします)が以前勤めていた会社での体験です。A子が転職する間際のことだったそうなんですが、退職間際になっても残案件が山積み…

三号室の住民

その店はある地方都市の風俗街の中にあったので、出勤前の風俗嬢や風俗店の従業員の客が多かった。かなり人気のある店だったが、その理由は「出前」にあった。店の辺りには風俗店の…

人が溺れてる

友達から聞いた話。夏の暑い日の真夜中、仲の良い友達数人で海辺で花火をして遊んでいました。薄暗い砂浜を、花火を向け合ってわーわー言いながら走り回っていると、友達の一人がい…