父親の不思議な体験

c4b300a7

うちの父親の話。幼少の頃から不思議な体験が多いらしい。

不思議な体験 – 其の一

60歳近いけど昔から魚釣りが趣味で、小さい頃に兄と幅50メートルくらいの川に釣りに出掛けたらしい。

兄の竿に魚がヒットしたんだけど、やたらに引きが強い。

格闘し続けて頭が岸まで寄った時に、魚の体の全貌が見えるほど水面まで魚が上がってきた。

その魚を見ると、川幅が50メートルはあるのに魚はくの字に体を歪めていて、川幅より長い。

びっくりして糸を切ったそうだ。

不思議な体験 – 其の二

父(私から見て祖父)と釣りに行った帰り、一本道なのになかなか家に着かない。

家まで徒歩20分くらいの距離なのに、2時間以上歩いても着かない。

当時は街頭もあまりなく暗い道だったので、周りの状況もあまり掴めない。

「おかしい」と父が言うと、祖父が「これがたぶんいかんのだ!」と魚籠の魚を全て捨てたそうだ。

そうしたら程なくして家に到着。

狐に化かされたと言っていた。

不思議な体験 – 其の三

暗くなりかけた頃、釣りに行く途中の堤防を歩いていたら松の大木が倒れていた。

父は文句を言いながら苦労して自転車を持ち上げて通ったらしい。

小一時間ほどして全く釣れないので引き上げる事にした。

帰り道には大木は跡形も無くなっていたが、その後に何かぬるぬるしたものが広がっていたそうだ。

それを追っていくと川まで続いている。

「今思うと蛇が引きずった跡みたいだったなあ…」

と言っていた。

不思議な体験 – 其の四

最新の話では川の上流まで鮎釣りに出かけた時、熱中し過ぎて気付けば夜の22時を回っていたらしい。

釣り道具を車へ積み込み帰ろうとしたところ、何やらごそごそ動く影が車の側に居る。

『動物かな、野生動物なら車のライトで逃げていくだろう』

と考えたらしく、車のライトを点灯したところ、動物ではなく草むしりをしているような動作をする人間だった。

しかも見た感じかなり高齢のお婆ちゃん。

『こんな夜に何をしてるんだろう』と思い、声を掛けようとして車の窓を開けたらしいんだ。

そしたら、振り返ったお婆ちゃんの顔に、ゴルフボールより少し大きい位の目玉が付いていたらしい。よく見るグロ画像みたいな感じで。

滅茶苦茶恐くなって車で逃げたみたい。

「他の車見るまで安心できなかったよ、あはは(笑)」と言っていた。

ひな祭り(フリー写真)

三つ折れ人形

私の実家に、着物の袖が少し焦げ、右の髪が少し短い、一体の日本人形があった。 桐塑で出来た顔には、ちゃんとガラスの目が嵌め込まれていた。 その上に、丁寧に胡粉の塗られた唇のぽ…

鏡の中の話

鏡の中の話だ。 小さい頃、俺はいつも鏡に向かって話し掛けていたという。 もちろん、俺自身にはハッキリとした記憶は無いが、親戚が集まるような場面になると、決まって誰かがその話…

公園

代弁者

今年の秋頃かな。二条城の周りを走っていた時の話です。 トイレがあるんですけどね、そこに三つほど腰掛けやすい石があるんです。 そこで走った後の興奮を抑えるために、ぼんやりと座…

田舎の風景(フリー素材)

垣根さん

中学生の頃の話。 当時は夏休みになると父方の祖父母の家に泊まりに行くのが恒例になっていた。 と言っても自分の家から祖父母の家までは自転車で20分もかからないような距離。 …

桜の木の神様

今は暑いからご無沙汰しているけど、土日になるとよく近所の公園に行く。 住宅地のど真ん中にある、鉄棒とブランコと砂場しかない小さな公園。 子供が遊んでいることは滅多にない。と…

不敬な釣り人の顛末(宮大工11)

とある休日、久しぶりにオオカミ様の社へと参りに出かけた。 途中、酒を買い求めて車を走らせる。 渓流釣りの解禁直後とあって、道には地元・県外ナンバーの四駆が沢山停まっている。…

スパイラル

遺伝

子供たちを連れて実家に遊びに行った時のこと。 普段から穏やかな母と明るい父と、同居の妹一家と、みんなで楽しく話していた。 途中で母が「そうだ、○○(長男)にいい本を見つけた…

ドアを開けるな

アパートに一人暮らしの女子大学生Sさん。 大晦日の夜、大掃除も終えて年越しテレビを見ていた。 携帯電話が鳴った。いたずら好きの友人Tからだ。 T「今バイト終わったから…

薄暗い校舎の廊下(フリー写真)

入れ替わった鬼

あまりにも不思議で、背筋が寒くなった話。 当時、中学3年生だった私。師匠というあだ名の女の子と仲が良くて、よく一緒に騒いでいた。 あれは確か冬の雨の日のことだった。 …

男の子のシルエット(フリー素材)

消えて行く同級生

小学校から仲の良かったAとBと自分。 高校からは学校が分かれたのだが、お互い実家は近所だったので偶に町中で会ったりしていた。 ※ しかし私が県外の専門学校へ入学し、Bが市内の…