紅葉狩り

maxresdefault

俺が大学時代の20年以上前の話。

友達がワンボックスの車を買って貰ったとかで、仲の良い女の子達も誘って紅葉狩りに行ったんだ。

山奥で湖があって山道を歩くような所なんだけど、結構有名な所だったみたいで、丸太で階段とか手すりが作ってあって整備されてて歩きやすいし、気温も丁度良くて本当に気持ち良かった。

しばらく歩くと黄色と黒のロープが厳重に張られてて通行止めになってるところがあった。

コース的にそっちにも行けてしまうけど、こっちに来ちゃだめですよーって物理的に行けないように止めてあるんだけど、ロープがくくってある木をちょっと登ると越えられそうな、運動神経あれば行ける感じ。

紅葉にも飽き始めてたので、俺はその先に敢えて行ってみることにした。

運動神経には自信があって、女の子にも良いところを見せたかった。

周りの反対を押し切って、あまり深入りしないからと言い、ロープを越えて入って行ったんだ。

そしたら案外すぐ崖になってて、落ちたら30~40メートル下の湖に落ちちゃうよっていう、火曜サスペンスに出てきそうな場所だった。

まあ、確かに危ないけどなんもないんだなと思い周りを見渡してたら、崖ぷちの木の根元に写真立てが崖側に向けて置いてあるのを見つけたんだ。

崖側に周りこんで見てみると、普通の家族写真で笑顔で父親、母親、子供3人で写ってた。

まさかと思って周りを見たけど生花もお線香もない。しかし、写真立ては無造作に捨てられてる訳でもなさそうだった。

ちょっと気味が悪くなって、すぐに友達の元に引き返した。

みんな一応何かあったのかって聞いてくれたから、

「崖があって、写真があって、花が置いてあった」

と悪戯心から少し話を膨らませて答えた。

これは非常に不味かった。女の子達は呪われるんじゃないかと言い出して泣き出しそうなほど怖がった。

まあまあ別に悪いことしたわけじゃないんだしとか言って、残りのコースを歩いて車に戻ったんだ。

そしたら、最初に車に乗り込んだ女の子が大絶叫。

すぐさま車の中を見ると後ろの座席に写真立てが置いてあるんだよ。

背筋が凍りついた。完璧に覚えてないからわからないけど、崖にあったのと同じ物のようだった。

連鎖的に他の女の子達も悲鳴を上げて阿鼻叫喚の地獄絵図。男共も茫然自失状態。

なんとか車の持ち主の友達が「うちの親戚の写真だわ。ごめん。ごめん」と訂正を入れて勇敢にも写真立てをトランクにしまった。

強引すぎるフォローだが、その場は治まって、なんとか無事帰宅。

次の日に、彼と会ったが、昨日の話は殆どしなかった。

写真立てがどうしても気になったので聞いてみたが、トランクはおろか車の中のどこにもなかったらしい。

その日、彼が撮りまくってたインスタントカメラの写真が卒業しても配られることがなかったことを考えると、俺よりももっと凄まじい物を見たのかもしれない。

一軒家(フリー素材)

呪いの部屋

以前、井戸の底のミニハウスと、学生時代の女友達Bに棲みついているモノの話を書いた者です。 またこれの続きの話が新しく舞い込んで来ました。 ※ 以下はこれまでの状況説明になりま…

夜の山(フリー写真)

奇妙な祠と女の子

高校2年生の頃の実体験を書きます。 夏休み中のある日、俺と友人A、B、Cは、唐突にキャンプに行こうと思い付いた。 そして以前、渓流釣り好きのCの親戚から聞いた、キャンプに最…

7人ミサキ

私は四国の田舎の村出身ですので、幼小中と同じ地区の子供が集まり、殆ど面子が変わることはありません。 これは20年近く前、私が中学生だった頃聞いた話で、事件の1年後くらいに本人に確…

リョウメンスクナ

俺、建築関係の仕事やってんだけれども、先日、岩手県のとある古いお寺を解体することになったんだわ。今は利用者もないお寺ね。 それでお寺ぶっ壊してると、同僚が俺を呼ぶのね。「ちょっと…

車に乗った白い霊

私が学生の時に、実際に体験した話です。 その当時付き合っていたある女友達は、ちょっと不思議な人でした。 弟さんが亡くなっているんですが、彼女の家に遊びに行くと、どこからかマ…

田舎の夕焼け(フリー素材)

辰眼童(シマナオ)さま

もう8年前になるかな…。 当時はまだ高校生で、夏休みの時期でした。 6年ぶりに遠くに住んでる祖父母に会うと父が言いました。 俺は夏休みもそろそろ終わりで、遊ぶ金も使い…

抽象模様(フリー画像)

ヤドリギ

あまり怖くなかったらすまん。ちょっと気になることが立て続けにあったんで聞いて欲しいんだ。 自分は子供の頃からオカルトの類が大好きでな、図書館などで読んでいたのは、いつも日本の民話…

夜の住宅街(フリー素材)

屋根の上の女

今年の夏の体験。 私の家は山の上の方にある。 夜、喉が渇いたので飲み物を買おうと、500メートルほど坂を下った所にあるコンビニへ行くため自転車に乗った。 私の家からコ…

父親の不思議な体験

うちの父親の話。幼少の頃から不思議な体験が多いらしい。 ※ 不思議な体験 - 其の一 60歳近いけど昔から魚釣りが趣味で、小さい頃に兄と幅50メートルくらいの川に釣りに出掛け…

不気味なタクシー運転手

Fさん(女性・29歳)が深夜勤務の帰り、タクシーを拾った。 ドアが開き、Fさんはタクシーに乗り込んだが、その運転手は何も言わず、ただ黙ってFさんの顔をじっと見ていた。 ちょ…