花魁の襖絵

b0021594_245427

友人Mが大学生だった頃のお話です。

名古屋の大学に合格したMは、一人住まいをしようと市内で下宿を探していました。

ところが、条件が良い物件は尽く契約済みで、大学よりかなり離れたところにようやく一件見つけることができました。

とても古い木造アパートで、台所やトイレなど全て共同なのですが、家賃がとても安いため、Mは二つ返事で契約を交わしました。

引っ越しを済ませ、実際に住み始めてみるととても静かでなかなか居心地のよい部屋での生活に、Mは次第に満足するようになったそうです。

そんなある晩のこと、Mの部屋に彼女が遊びに来ました。

2人で楽しくお酒を飲んでいると、急に彼女が「帰る」と言い出しました。

部屋を出ると、彼女は

「気を悪くしないで聞いてほしいんだけど、この部屋、なにか気味が悪いわ」

とMに告げました。

彼女によると、お酒を飲んでいる間、部屋の中に嫌な気配が漂っているのをずっと感じていて、一向に酔うことができなかったというのです。

「気を付けたほうがいいよ」と言う心配そうな彼女の言葉をMは一笑に付しました。

元々その手の話を全く信用しないMは「そっちこそ気を付けて帰れよ」と、彼女を見送ってあげたそうです。

しかし、結果的にこの時の彼女の言葉は取り越し苦労でも何でもなく、その部屋はやはりおかしかったのです。

この頃から、Mは体にとてつもない疲れを覚えるようになりました。

別段アルバイトがきついという訳でもないのに、部屋に帰ると立ち上がれないぐらいに力が抜けてしまいます。

また、夜中寝ている間に、誰かが首を絞めているような感覚に襲われ、突然飛び起きたりしたこともありました。

そのせいでMは食欲も落ち、げっそりと痩せてしまいました。

きっと病気だろうと医者に診てもらいましたが、原因は分からずじまいでした。

心配した彼女は、「やはりあの部屋に原因がある」とMに引っ越しを勧めましたが、あいにくそのような費用もなく、Mは取り合おうともしませんでした。

そして、そのまま2週間ほど経ったある晩のことです。

その日、Mはバイトで大失敗をしてしまい、いつにも増してぐったりとしながら夜遅く部屋に帰り、そのまま眠ってしまいました。

真夜中、ものすごい圧迫感を感じて急に目を覚ましましたが、体は金縛りのため身動き一つ取れません。

ふと頭上の押入れの襖に目をやりました。

すると、閉まっている襖がひとりでにするする…と数センチほど開いたかと思うと、次の瞬間、ぬーっと真っ白い手がMの方へ伸びてきたそうです。

Mは心の中で『助けて…』と叫ぶと、その手はするするとまた隙間へと戻っていきました。

しかし、ほっとしたのもつかの間、今度は襖の隙間から真っ白い女の人の顔が、Mをじっと見つめているのを見てしまったそうです。

Mは一睡もできないまま、朝を迎えました。

やがて体が動くようになり、Mは部屋を飛び出しました。

そして、彼女をアパート近くのファミレスに呼び出し、「どうしようか」と2人で途方に暮れていたそうです。

ちょうどその時、少し離れた席に一人のお坊さんが座っていました。

そのお坊さんは、先程より2人のことをじっと見ていたのですが、いきなり近づいてきたかと思うと、Mに向かって「あんた、そんなものどこで拾ってきた!」と一喝したそうです。

Mが驚きながらも尋ねると、Mの背中に強い念が憑いており、このままでは大変なことになると言うのです。

Mは、今までの出来事を全て話しました。

するとお坊さんは、自分をすぐにその部屋に連れて行くようにと言ったそうです。

部屋に入ると、お坊さんはすぐに押入れの前に立ち止まり、しばらくの間、その前から動こうとしません。

そして突然印を切るといきなり襖を外し始め、その一枚を裏返して2人の方へ向けました。

その瞬間、Mは腰を抜かしそうになったと言います。

そこには、なんとも色鮮やかな花魁(おいらん)の絵が描かれていました。

舞を舞っているその姿はまるで生きているようで、心なしかMの方をじっと見つめているように感じたそうです。

お坊さんによれば、

「どんないきさつがあったかは私には分からないが、この絵にはとても強い怨念が込められていて、君の生気を吸って次第に実体化しつつあり、もう少しで本当に取り殺されるところだった…」

と告げたそうです。

お坊さんは、襖の花魁の絵の周りに結界を張ると、

「すぐ家主に了解を得て、明日自分の寺にこの襖絵を持ってきなさい」

と言い残し、立ち去りました。

次の日、彼女と共にお寺に赴きました。

そして、その襖絵は護摩とともに焼かれ、供養されたということです。

関連記事

兄妹(フリー写真)

視える弟

最初に気が付いたのは、私が小学4年生で、弟が小学2年生の時。 一緒にガンダムを見ていたら、普段滅多に口を開かない大人しい弟が不意に後ろを振り返り、 「聞こえない」 と…

逆拍手

1999年当時のニュース 柳原尋美さん、緊張性気胸による急性心不全ため死去。車の下敷きに。 23日にデビューを控えていた女性3人組新ユニット『カントリー娘。』のメンバー、柳…

深夜の研究室

今から数年前に卒論を書いていた頃、私は工学部の学生だったのですが、実験すら終わっておらず連日実験に明け暮れていました。 卒論の締め切りが迫り、実験の合間に卒論を書き、また実験をし…

山の上の廃病院

高校生の時の実話。 地元の中学校時代の友達2人と、近くの山に肝試しをやりに行こうという話になった。 その山はそれほど高くなく、頂上が広場になっている。そばに病院が建っており…

和室

死守り

俺のじじいは柔道五段、がっしりした体格で、土と汗の臭いのするでかい背中。日に焼けた顔。 俺がろくでもないことをする度にぶっ飛ばされた、荒れた手。 素直じゃなくて憎まれ口ばか…

達磨女

海外旅行中、ブティックの試着室に入った妻がいつまで経っても戻ってこない。 不審に思った夫が扉を開けると、そこに妻の姿はなく、持って入った服だけが落ちていた。 現地警察に通報…

アガリビト

山は怖い。何が怖いって幽霊とか野生の動物とか天候とか色々あるけど、一番怖いのは人間。 お前ら山行くと開放的になるだろ?清々しい気持ちになるだろ? あれは人としての境界を越え…

心霊スポット巡り

今から約10年くらい前の話だ。 当時俺は大学2年で、夏休みに田舎に帰省していたんだ。俺の田舎は観光地ではあったが、地元民向けの遊びスポットって少なかったんだよね。 夜に遊ぶ…

田舎の夕焼け(フリー素材)

辰眼童(シマナオ)さま

もう8年前になるかな…。 当時はまだ高校生で、夏休みの時期でした。 6年ぶりに遠くに住んでる祖父母に会うと父が言いました。 俺は夏休みもそろそろ終わりで、遊ぶ金も使い…

皺のある手(フリー写真)

祖母の日記

私は大変なおばあちゃん子で、中学になってもよく祖母の家に遊びに行っていました。 父方の祖母なのですが、父親は私が幼い頃に不慮の事故で死去していました。 祖父を早くに亡くした…