10円おじさん

c0129599_11104886

10年程前に会った10円おじさんの話をします。

当時、高校を卒業したばかりで、仲間とカラオケに行きました。

一両や二両しかない電車の通る無人駅の傍にある小さなカラオケ店です。

土曜なので深夜2時に閉店なのですが、酒を飲んで気持ち悪くなったので、外に出て無人駅の明かりの下で酔いを冷ましていました。

すると、突然赤い作業服のおじさんがよろよろと近寄って来て、

「す、すまないが10円玉貸してくれ、たのむ、今すぐだ早く」

ああ、何か急用で電話するんだなと思い、財布の中を探すとあいにく小銭がありません。

『携帯電話もそこそこに普及しているこの時代に10円で公衆電話…?』と疑問に思いました。

「ちょっと、友人に聞いてきますので、そこで待ってて下さい」

と言った時、変なことに気が付きました。

おじさんが着ているのは赤い作業服ではなく白い作業服で、胸からズボンにかけて赤いペンキだか血のようなもので染まっているのです。

よく見ると血です。しかも濡れている。

仰天した私は、

「あの、この怪我は…? 救急車を呼んだ方が…?」と尋ねると、

「いや、これは何でもない。あんたに関係ない。早く10円玉を…」と言います。

そのぼたぼたと作業服から落ちる赤い滴で、これは普通ではないと感じました。

それより何とも言えない不気味な感じもしたので、その場から逃げたくも思い、カラオケ店の友人に助けを求めようと数メートル先のカラオケの明かりを見ると、ちょうどそこから出てくる友人達がいました。

彼らはこちらを見て指を差して「いた!何~? 何言ってるの」と言いながら笑っています。

「ちょっと大変だ!早く来て!!10円玉ない? 電話をしたい人がいる。お店でもいい!!」

友人達は近付いて来て普通に談笑しています。

「ねえ? この人を救急車で連れて行かないと!!連絡をしたいようだし、大怪我してるし」

友人達は不思議そうに、

「ん? 誰? どこにいるの?」

「どこって、ずっとここで今さっきまで話してたんだけど…」

周りを見渡すとどこにもいません。

「店から見た時からあんた一人しかおらんかったよ。大声出してて」

胸から腰まで血の付いた作業服を着たおじさんだと説明しても、二人とも「あんたは一人でここに立って大声を出してた」と言うのです。

変だ…。友人達は気味悪がるし。

ただ、あんな大怪我をしているのに、一瞬にしてどこに行ってしまったんだろう…。

あまりに不可解な出来事に、その日は結局訳が解らないまま帰宅しました。

それから数ヶ月後、おじさんの夢を2回ほど見ました。

「10円玉を…」「10円玉…」

赤いおじさんはあの作業服で「10円玉」を連呼していました。

よく解らないので、翌日10円玉を10枚と塩を持って駅の外に置き、逃げるように無人駅を後にしました。

この先には死亡事故が起きた遮断機のない踏み切りもありますし。

関連記事

オカムロさん

うちは母方の血筋が強い親戚は兄を含めて霊感が強いんだが、自分は父方の血が強いのかあまりない。それで霊感が無いもんだから、怖い話特集とかの雑誌を、枕元に置いて寝る前に読むとか平気…

ミンキーモモ

10年程前の話です。当時学生だった私は、友人とドライブに出かけました。昼間にも関わらず「横須賀の心霊スポットを見に行こう」というものでした。場所は、ご存知の方はマニアと呼ばれる…

中古のナビ

8年くらい前の体験を書いてみるよ。中古車屋で店長をやってるダチがいるんだけど、そいつから中古のナビを安く買ったんだ。ちゃんと名の知れたメーカーの、後付けでダッシュボード…

古民家(フリー写真)

木彫りの仏様

母方の祖母が倒れたという電話があり、家族で帰省した時の話です。祖母は倒れた日の数日後、うちに遊びに来る予定でした(遠方に住んでいるため滅多に来ません)。その遊びに来るこ…

相乗り

僕が小学の低学年の時に、親におつかいを頼まれました。おつかいを済ませて、オートロック式の自宅マンションの暗証番号を押し扉を開けて、エレベーターホールに向かい、エレベーターが降り…

天井(フリー素材)

十時坊主

ある日、バイト先に群馬生まれの男が入って来た。そこでの俺は勤務年数が長かったので、入って来るバイトに仕事の振り分けや作業指導などの仕切りをやっていた。仕事を共にして行く…

公園(フリー背景素材)

七人の神様

結婚してすぐ夫の転勤で北海道へ引っ越した。知り合いも居らず、気持ちが沈んだ状態でいたある日のこと。何となく友達の言っていた話を思い出し、それを反芻しながら道を歩いてい…

自首した理由

俺の親戚に元刑務官って人がいる。その人が言うには、刑務官の仕事って受刑者を監視する事じゃなくて、受刑者に人の温かみを教えるのが本当の仕事らしい。そんな叔父は時間があれば…

髪寄りの法

祖父が子供の頃に体験した話。祖父は子供の頃、T県の山深い村落で暮らしていた。村の住人の殆どが林業を営んでおり、山は彼らの親と同じであった。そんな村にも地主が存在しており…

俺神様

俺の両親は、俺を孕んだ時と産まれる時の夜に、光が腹に入っていくような神秘的な夢を見たことで「あんたには何か力がある」と信じこんでいて、家族で何か悩み事がある時には、俺が最終決定をして、…