10円おじさん

c0129599_11104886

10年程前に会った10円おじさんの話をします。

当時、高校を卒業したばかりで、仲間とカラオケに行きました。

一両や二両しかない電車の通る無人駅の傍にある小さなカラオケ店です。

土曜なので深夜2時に閉店なのですが、酒を飲んで気持ち悪くなったので、外に出て無人駅の明かりの下で酔いを冷ましていました。

すると、突然赤い作業服のおじさんがよろよろと近寄って来て、

「す、すまないが10円玉貸してくれ、たのむ、今すぐだ早く」

ああ、何か急用で電話するんだなと思い、財布の中を探すとあいにく小銭がありません。

『携帯電話もそこそこに普及しているこの時代に10円で公衆電話…?』と疑問に思いました。

「ちょっと、友人に聞いてきますので、そこで待ってて下さい」

と言った時、変なことに気が付きました。

おじさんが着ているのは赤い作業服ではなく白い作業服で、胸からズボンにかけて赤いペンキだか血のようなもので染まっているのです。

よく見ると血です。しかも濡れている。

仰天した私は、

「あの、この怪我は…? 救急車を呼んだ方が…?」と尋ねると、

「いや、これは何でもない。あんたに関係ない。早く10円玉を…」と言います。

そのぼたぼたと作業服から落ちる赤い滴で、これは普通ではないと感じました。

それより何とも言えない不気味な感じもしたので、その場から逃げたくも思い、カラオケ店の友人に助けを求めようと数メートル先のカラオケの明かりを見ると、ちょうどそこから出てくる友人達がいました。

彼らはこちらを見て指を差して「いた!何~? 何言ってるの」と言いながら笑っています。

「ちょっと大変だ!早く来て!!10円玉ない? 電話をしたい人がいる。お店でもいい!!」

友人達は近付いて来て普通に談笑しています。

「ねえ? この人を救急車で連れて行かないと!!連絡をしたいようだし、大怪我してるし」

友人達は不思議そうに、

「ん? 誰? どこにいるの?」

「どこって、ずっとここで今さっきまで話してたんだけど…」

周りを見渡すとどこにもいません。

「店から見た時からあんた一人しかおらんかったよ。大声出してて」

胸から腰まで血の付いた作業服を着たおじさんだと説明しても、二人とも「あんたは一人でここに立って大声を出してた」と言うのです。

変だ…。友人達は気味悪がるし。

ただ、あんな大怪我をしているのに、一瞬にしてどこに行ってしまったんだろう…。

あまりに不可解な出来事に、その日は結局訳が解らないまま帰宅しました。

それから数ヶ月後、おじさんの夢を2回ほど見ました。

「10円玉を…」「10円玉…」

赤いおじさんはあの作業服で「10円玉」を連呼していました。

よく解らないので、翌日10円玉を10枚と塩を持って駅の外に置き、逃げるように無人駅を後にしました。

この先には死亡事故が起きた遮断機のない踏み切りもありますし。

窓(フリー写真)

霊道

私は山奥の田舎に住んでいるのですが、子供の頃に体験した話をしたいと思います。 小学生も低学年の頃は親と一緒に寝るのが当たり前ですが、高学年になってくると、やはり自分の部屋が欲しく…

ハコマワシ(長編)

半年くらい前、怖い体験をした。心霊現象ではないが、かなり気持ち悪い体験だ。長くなると思うから適当に読み流してくれても構わない。 中学生だった頃、俺のクラスに霊感少女がいた。家が神…

抽象画

息子を迎えに来ますからね

知人のおばあさんは我が強くて恐い人だけど、自分の母親の話をする時だけは顔つきが穏やかになる。その人から聞いた昔話が原因の出来事。 ※ そのおばあさんの母親(仮にAさんとする)は、お…

ドルフィンリング

ドルフィンリング

ドルフィンリングというイルカの形をした指輪が流行った大昔の話。 当時、私は小学校低学年でした。10歳年の離れた姉はいわゆる不良で、夏休みになるとほぼ毎晩不良仲間を家に連れて来ては…

目の不自由な女性

就職して田舎から出てきて、一人暮らしを始めたばかりの頃。会社の新人歓迎会で、深夜2時過ぎに帰宅中の時の話。 その当時住んでいたマンションは住宅地の中にあり、深夜だとかなり暗く、ま…

ど田舎の小学校

俺は小学1年の夏に引っ越して、ど田舎の小学校に転入した。 引っ越す前までは気ままに過ごせていたんだけど、引っ越してからはよそ者ということも含めて周囲から浮いてしまい、アウェイな生…

バンザイ

何年か前、仕事の関係でマレー方面へ行った時の話だ。 その日、仕事も一段落したので近くにある大きな公園で一休みをしていた。 公園と言っても遊具は無く、ただ異常に広い原っぱが広…

Qualeは物質に干渉する

僕は東京の杉並区に住んでいます。今は恥ずかしながらフリーターです。 昨日は友人四人と駅近くの居酒屋で飲み、ほろ酔いで自宅まで帰っていました。駅から自宅までは歩いて10分ほどです。…

戦時中の校舎

戦時中の校舎

10年前の夏休み、母と一つ上の姉と共に母方の実家に遊びに行った。 そこは集落から少し離れた山の麓にあり、隣の家まで行くのに5分は歩くような場所だった。 当時、私たち姉弟の間…

俺神様

俺の両親は、俺を孕んだ時と産まれる時の夜に、光が腹に入っていくような神秘的な夢を見たことで「あんたには何か力がある」と信じこんでいて、家族で何か悩み事がある時には、俺が最終決定をして、…