プログラマーの残業

office_night

元同僚のプログラマーから聞いた話なんですが、彼女(A子とします)が以前勤めていた会社での体験です。

A子が転職する間際のことだったそうなんですが、退職間際になっても残案件が山積みだったので、やむなく残業、残業、また残業状態になっていたんだそうです。

その日も残業で、A子は事務所のフロアにたった一人残って仕事していました。

あまり治安の良くない地域にある事務所だったので、他の社員が退社した後、A子は事務所の扉はすべて内側からロックしました。

ビルの入り口のセキュリティも一応あるのですが、A子は正直言って一人での深夜残業が初めてで、防犯の面から言って、心細かったんだそうです。

薄暗い部分があると気味が悪いので、フロア全部に照明を点け、ブラインドも付いていないガラス窓にはがらんとした室内が映っていたそうです。

A子はそのとき風邪をひいていて、熱もかなりあったので、解熱剤を大量に飲み、深夜まで作業していましたが、どうにも眠気がさしてきたので、時間がかかる処理がはじまったのを幸い、仮眠を取ろうとしたそうです。

冬のさなかだったので暖房が効いていても肌寒く、ジャケットを被って机につっぷしたA子がうとうととしかけた時です。

A子の真後ろを誰かが通ったんだそうです。

その会社は、ソフト会社の例に漏れず、事務所の床下には配線のためのスペースが取ってあります。

特にA子の席の真後ろは床材の質が悪いのか、人が通ると他の部分より大きくたわむので、昼休みに熟睡していても、人が後ろを通ると目が覚めるくらい感じるんだそうです。

実際、私が彼女の寝込みを脅かそうと忍び寄っても、すぐに気付かれていました。

それで、A子はぼーっとしながら「ああ、誰か通ったなぁ」と思ったんです。その瞬間だけは。

でも、次の瞬間、A子は自分が一人で残業していたのに気付いたんです。

思わず跳ね起きようとしたとき、A子は自分が金縛りに遭っていることに気付いたんです。

しかも、その気配はA子の真後ろからのしかかるように感じられたんだそうです。

「もし生身の人間だったら、息がかかるのが感じられるくらいに近寄ってるような感じ」と言っていました。

潔癖症気味のA子には、そこまで近寄られる気配がまた気持ち悪かったそうです。

そして、何だか溝川のヘドロみたいな臭いがしたそうです。

A子は突っ伏したまま、どうにも身動きできず、冷汗がだらだら流れてきて泣きそうになりながら「これは夢、気のせい」ってひたすら気を紛らわそうとしたんだとか。

薬も効いていたし、熱もあったし、疲れもあったから、A子自身も半信半疑というか「怖い」「気のせい」「幽霊かも」「気のせいだ」ってひたすら自問自答してたんですね。

しばらくして動けることに気付いて、顔中冷汗でびっしょりになったA子が恐る恐る振り返ってみると…やっぱり事務所内には誰もいなかったんだそうです。

で、なんとか気を取り直して作業を続けようとしたんですが、どうにも我慢できなくって、なんとか施錠だけはして、近くにある終夜営業の居酒屋に転がり込んだんです。

とにかく、人が居るところでないと安心できないという感じだったんだそうです。

何故かと言うと、作業を続けようとして振り返ったディスプレイには、処理終了のメッセージも表示されていたんですが、一面に手の跡がべたべたと付いていたんです。

それも何だかよく分からない茶色とか緑のぬるぬるしたものが付いていて、それがさっきのヘドロと同じ臭いだったんだとか。

ちなみに、私も半年後にその会社を結婚退職しました。

今だから言えますが、A子が退職した頃って、ちょうど事務所が引っ越したばかりのときだったんです。

会社の経費削減の一環で引っ越したんですが、事務所の家賃がすごく安い割に、前の事務所よりも広いフロアが借りられるということで引っ越したんだとか。

駅から少し遠くなったということはあるんですが、それも大して気にならない程度だったし、最寄り駅は前の事務所の駅よりも栄えてる駅だったので、社員は割と引越しを歓迎してました。

でも、よく考えたら変ですよね…。そんな悪くない環境なのに、前の事務所の家賃の半額くらいだって言うんですもんね…。

一体どんないわく因縁があったのか知らないですが、A子の体験は気のせいとばかりも言えないと思います。

私もそのディスプレイの掃除を手伝いましたから…。

関連記事

いまじょさん

地方に伝わる因習や呪い系の話を一つ。ちなみにガチで実話です。数年前、大学生の頃、同じゼミにに奄美大島出身のやつがいた。ゼミ合宿の時にそいつと俺と何人かで酒飲みながら怪談なんかを…

死刑執行

A受刑者は、大量殺人を犯し、死刑が確定していた。それから数年。今日は、A受刑者の死刑執行日である。目隠しをしたA受刑者は、絞殺台に立たされる。「ガゴン!…

廊下(フリー背景素材)

赤いクレヨン

とある夫婦が、非常に安い価格で一軒家を買った。駅から近くに建っていてなかなか広いので、何一つ不満は無かった。しかし一つだけ不思議な点があった。それは、何故かいつ…

零の開発中に起きた怪奇現象

これまでホラーゲーム『零』シリーズは、絶対お祓いをしないというディレクターの柴田の信念がありました。本当に恐いことが起こるゲームとしては、逆にお祓いをしては恐怖を逃すことになる…

ユキオ

小学校の頃、俺のクラスの転校生にユキオという奴がいた。その名の通り、肌が白くハーフみたいでナヨっとした感じの男だった。ユキオには両親がいなくて、祖父母と暮らしているようだった。…

戦時中の軍隊(フリー写真)

川岸の戦友

怖いというか、怖い思いをして来た爺ちゃんの、あまり怖くない話。俺の死んだ爺ちゃんが、戦争中に体験した話だ。爺ちゃんは南の方で米英軍と戦っていたそうだが、運悪く敵さんが多…

雑炊

妻の愛

ようやく笑い飛ばせるようになったんで、俺の死んだ嫁さんの話でも書こうか。嫁は交通事故で死んだ。ドラマみたいな話なんだが、風邪で寝込んでいた俺が夜になって「みかんの缶詰食…

更衣室のドアノブ

私は初等教育学科で勉強していて、この科は文字通り小学校教諭を目指す人たちが専攻しています。授業の中には『学校給食』やら『体育』やらといったものもあって、私は体育が苦手でした。 …

爺ちゃんとの秘密

俺は物心ついた時から霊感が強かったらしく、話せるようになってからは、いつも他の人には見えない者と遊んだりしていた。正直生きている者とこの世の者ではないものとの区別が全くつかなか…

瀬泊まり

小学校の頃、キャンプで夜の肝試しの前に先生がしてくれた怪談。先生は釣りが好きで、土日などよく暗い内に瀬渡しの船に乗り、瀬に降り立って明るくなり始める早朝から釣りをしていたそうな…