先生の心当たり

公開日: 怖い話

教室(フリーイラスト素材)

小学5年生の夏休みが明けた9月1日。

始業式も終わり、久しぶりの友達との再会に『自分はどこへ行った』『何を見た』などの話に花を咲かせていると、真っ黒に日焼けした担任の先生が教室に入って来た。

「おーっ!お前らみんな真っ黒だなぁー!海にでも行ったのか?」

「うん。先生も黒いけど海に行ったの?」

「先生は、○山に行って来たんだ。だから、シャツの下は真っ白だけどな。

この夏は、色々あって大変だったんだ」

「えっ? 先生、何、何?」

「あ…いや、また今度な…」

そう言って、先生は出席を取り始めた。

それから暫くの間、妙な事が続いた。

クラスの生徒に怪我人が続出したのだ。

その数、2週間で実に18名。

それも全員右半身のどこかを骨折しているのだ。

この異常事態には、小学生と言えども『何かあるのではないか』と噂が走り、当然、学級会ではこの話が議題に挙がった。

「みんな、最近怪我が多いけれども、夏休み明けでたるんでいるんじゃないか?」

「先生!みんなは、呪いを誰かがかけたんじゃないかって言っています」

「そんな馬鹿な事を言うんじゃない」

「だって、みんな右手や右足を怪我しているんですよ」

「呪いや祟りなんて……そんな…」

こう言うと、先生は眼を閉じて黙りこくった。

「………あっ!」

そう言うと、突然先生は立ち上がり、

「心当たりがあるから、任せなさい」

と言い、学級会はそこで終わった。

その週、先生は学校を休んだ。

翌週、私たち生徒が教室に入ると、黒板の上には一枚の御札が貼ってあった。

それは先生が夏休みに行った○山にある、○山神社の御札だった。そして、

「これで大丈夫!もう怪我はしないから安心だぞー」

と一言告げると、それ以上はこの件について何も話さなかった。

それ以降、骨折や怪我をする生徒はぴたりと居なくなった。

その後、卒業してからこの話を再度先生に尋ねたが、

「いや、ちょっと、山で心当たりがあってな……」

と言って言葉を濁し、答えてはくれなかった。

20年以上後の同窓会で知った事だが、先生が登った山で、前日に滑落事故があった。

そして翌日、手足が激しく損傷した遺体を偶然通り掛かった先生が発見した。

しかし、そのまま遺体を連れて下山することは出来ない。

仕方なく先生は遺体をそのまま残して、下山後に警察に連絡したという…。

深夜のコンビニ

この話は、ある男がコンビニで深夜のアルバイトをしていた頃に起きた体験談である。 そのコンビニは、深夜になるとほとんど客が来なくなる。 俺は共にバイトをしていた大学の先輩と、…

繰り返し見る夢

夢に関する不思議な話を。 同じ家や場所を繰り返し夢に見ることはあるだろうか。 別に続きものという訳ではなく、ホラーであったり日常的であったりと、関連性は無いけど舞台がいつも…

家宝の銅鏡

僕の家には家宝と呼ばれるお宝が三つある。 一つは家系図。約400年前まで遡る家系図は巻物数十巻に及び、勿体振った桐の箱に収められている。 もう一つは刀。かなり昔にご先祖様が…

インターホン

俺が5才の頃の出来事。 実家が田舎で鍵をかける習慣がないので、玄関に入って「○○さーん!」と呼ぶのが来客の常識なんだが、インターホン鳴らしまくって「どうぞー」って言っても入ってこ…

インコ

インコのムウちゃん

2年程前から飼っているオカメインコのムウちゃんについてのブログを始めた。 始めた当初は誰も記事を見に来てくれないし、コメントも残してくれないので結構寂しかった。 でも他の人…

クシャタ様

4月の中旬頃、高校の時の男友達から電話があり、二人で飲むことになったんです。 高校の時はそれなりに仲が良かったのですが、大学に進学してからは会うこともなくなり、話すのは2年ぶりで…

霧の立ち込める山(フリー写真)

鷹ノ巣山の霧

大学2年の6月に不思議な体験をしました。 当時、私は大学の野生生物研究会に入っていました。 研究会のフィールドは奥多摩の鷹ノ巣山で、山頂付近の避難小屋を拠点にデータの収集を…

廊下(フリー背景素材)

赤いクレヨン

とある夫婦が、非常に安い価格で一軒家を買った。 駅から近くに建っていてなかなか広いので、何一つ不満は無かった。 しかし一つだけ不思議な点があった。 それは、何故かいつ…

田所君

小学生のころ同級生だった田所君(仮名)の話。 田所君とは、小学5年から6年の夏休み明けまで同じクラスだった。田所君は、かなり勉強の出来るやつだった。 学校の図書館を「根城」…

湖のボート(フリー写真)

今度は落とさないでね

ある若いカップルに子供が出来てしまい、堕ろそうか悩んだ挙げ句、産むことにした。 しかしまだ若い二人には育てることが出来ず、相談した結果、その子を殺すことにした。 二人は夜…