病院の老婆

hospital-dark

一年程前の話です。当時、私はとある病院で働いていました。

と言っても看護師ではなく、社会福祉士の資格を持っているので、リハビリ科の方でアセスメントやケアプランを作ったり、サービスを受ける手続きをしたり、まあデスクワークみたいなものです。

患者さん達とも勿論話しますが、多くはお年寄りの入院患者さんです。

私の仕事で一番大切なのは、監査の準備です。

主任が主にチェックをするのですが、どこの病院もそうであるように、監査の前は大抵泊まり込みで膨大な資料をチェックして補足します。

監査課の方々が来た時にすぐにでも望まれたものを見せられるように、またその方々が見やすいように整理しておくのです。

私も今までの資料を見直したり、事前監査資料というものや事前評価なるものを監査課から貰うので、それを埋めたりしなければならないのですが、当然それに加えて毎日の仕事もあります。

仕方がないので残ってする羽目になります。

その日も、今までのように居残ってPCの前に座っていました。

リハビリ室には私一人。主任は帰ってしまっていました。

私は元々ビビリなので「大丈夫、ナースステーションには夜勤の看護師さんたちも居るし」と自分に言い聞かせ、必死で仕事をしていました。

よくある話ですが、病院での不思議な体験はしょっちゅうあったのです。

静まり返った部屋で仕事をしていると、私のタイピングの音に交ざって微かに「キイ…」という音が聞こえました。

振り返っても誰も居ません。

私は怖くなって、

「…もう帰ろうかな、明日朝早く来てしようかな…」

と声に出して言いました。

急いでPCの電源を切って、荷物をまとめて立ち上がり、背後のドアの方へ振り返ろうとした時に、自分の右側が目に入ってきました。

そこにはリハビリ道具が色々置いてあり、シルバーカーの前に一人の小さなおばあちゃんが立っていました。

徘徊などはよくあることですが、ドアを開けた形跡は無いし、入院患者にこんなおばあちゃんが居た覚えもありません。

新しい方なら、私達リハビリ関係者には通達があるはずです。

一瞬で物凄い悪寒を感じ、固まってしまった私の方へ、その老女は近付いて来ました。

そして私の腰に手を回して抱きつきました。

私を濁った目でじっと見上げ、ゆっくりと口を大きく開けました。

「おぎゃあ!おぎゃあ!おぎゃあ!おぎゃあああああああ!!!」

赤ん坊のような泣き声が響き渡りました

それからどれくらいの時間が経ったか分かりませんが、私は思い切り名前を呼ばれ、肩を強く叩かれました。

「Оさん!? Оさん!!」

ハッとして振り返ると、3階の看護師長が立っていました。

なんでも、リハビリ室から甲高い悲鳴が聞こえたので慌てて来てみると、私が呆けた様な顔で、凄く大きな声で叫んでいたそうです。

後ろには2人の看護師と介護師さんが居ます。

私は安心して泣き出してしまいました。

今ではあれが何だったのか、誰だったのかは判りません。

その後、結局その病院は辞めてしまいました。

ただ、その時の同僚と今でもたまに連絡を取り合うのですが、私が居た頃も日常茶飯事だった足音やナースコール、笑い声などは今でも頻繁に起こっているそうです。

これが霊感ゼロの私が体験した、数少ない恐怖体験です。

雪山(フリー写真)

鎖で封印された祠

『牛の首』という江戸時代から伝わる怪談があるが、俺の田舎にもそれに類する伝説があった。標高200メートルくらいの山があった。山と言うより、丘に近い感じだ。地元の人たちは…

少年のシルエット(フリー素材)

かっこいい除霊

高校の時、クラスに虐められている訳じゃないけどいじられ系のAという奴が居た。何と言うか、よく問題を当てられても答えられず、笑われるような感じ。でも本人はへらへら笑ってい…

不気味なカセットテープ

今から10年程前、俺が通ってた中学校はA県M市M中学校だった。恐山のある街を検索すれば判ると思う。校舎は3階建てで、職員室側と教室側に分かれてた。職員室側は1階…

やっと見つけた

俺が体験した洒落にならない夢の話。夢の中で俺は葬式の招待の手紙を受け取った。それが誰の葬式か分からないが、行ってみることにした。その家に行ってみると、俺と同じく…

介護の闇

家には痴呆になった祖母がいる。父方の祖母だが、痴呆になる前も後も母とは仲が良く、まめに面倒を見ている。これは年末の深夜の話。祖母の部屋から、何やらぼそぼそと呟く…

畑(フリー写真)

人面芋

兄夫婦の嫁さんが教えてくれた話。兄嫁(仮名・K子さん)のお父さんは、昔から農家をしている人だった。農家というのは、幼い頃からお手伝いをさせられるから大変だったと、K子さ…

版画(フリー素材)

婆ちゃんの戦時中の話

昔、婆ちゃんから聞いた戦時中の話を一つ。第二次世界大戦中、うちの婆ちゃん(サノ)が10歳の頃の話です。 ※ 婆ちゃんはお姉さんと避難のために親元を離れ、田舎の遠い親戚の家に…

夜道

散々な彼女

高校時代の彼女H美の話。H美の家は、少し長めの道路の中間ぐらいに位置していた。夜になると人影も車もまばらになる薄暗い道路だ。ある時期から、大して人通りもないその道路で事…

顔半分の笑顔

僕がまだ子供だったとき、ある晩早くに眠りに就いたことがあった。リビングルームにいる家族の声を聞きながら、僕はベッドの中から廊下の灯りをボンヤリ見つめていたんだ。すると突…

地下鉄(フリー写真)

地下鉄工事

俺の勤める会社が地下鉄工事を請け負った。工事が始まってすぐに、出て来る出て来る、もう人骨だらけ。ニュースにもなって、工事は一時中断して調査が始まったのだけど。…