病院の老婆

hospital-dark

一年程前の話です。当時、私はとある病院で働いていました。

と言っても看護師ではなく、社会福祉士の資格を持っているので、リハビリ科の方でアセスメントやケアプランを作ったり、サービスを受ける手続きをしたり、まあデスクワークみたいなものです。

患者さん達とも勿論話しますが、多くはお年寄りの入院患者さんです。

私の仕事で一番大切なのは、監査の準備です。

主任が主にチェックをするのですが、どこの病院もそうであるように、監査の前は大抵泊まり込みで膨大な資料をチェックして補足します。

監査課の方々が来た時にすぐにでも望まれたものを見せられるように、またその方々が見やすいように整理しておくのです。

私も今までの資料を見直したり、事前監査資料というものや事前評価なるものを監査課から貰うので、それを埋めたりしなければならないのですが、当然それに加えて毎日の仕事もあります。

仕方がないので残ってする羽目になります。

その日も、今までのように居残ってPCの前に座っていました。

リハビリ室には私一人。主任は帰ってしまっていました。

私は元々ビビリなので「大丈夫、ナースステーションには夜勤の看護師さんたちも居るし」と自分に言い聞かせ、必死で仕事をしていました。

よくある話ですが、病院での不思議な体験はしょっちゅうあったのです。

静まり返った部屋で仕事をしていると、私のタイピングの音に交ざって微かに「キイ…」という音が聞こえました。

振り返っても誰も居ません。

私は怖くなって、

「…もう帰ろうかな、明日朝早く来てしようかな…」

と声に出して言いました。

急いでPCの電源を切って、荷物をまとめて立ち上がり、背後のドアの方へ振り返ろうとした時に、自分の右側が目に入ってきました。

そこにはリハビリ道具が色々置いてあり、シルバーカーの前に一人の小さなおばあちゃんが立っていました。

徘徊などはよくあることですが、ドアを開けた形跡は無いし、入院患者にこんなおばあちゃんが居た覚えもありません。

新しい方なら、私達リハビリ関係者には通達があるはずです。

一瞬で物凄い悪寒を感じ、固まってしまった私の方へ、その老女は近付いて来ました。

そして私の腰に手を回して抱きつきました。

私を濁った目でじっと見上げ、ゆっくりと口を大きく開けました。

「おぎゃあ!おぎゃあ!おぎゃあ!おぎゃあああああああ!!!」

赤ん坊のような泣き声が響き渡りました

それからどれくらいの時間が経ったか分かりませんが、私は思い切り名前を呼ばれ、肩を強く叩かれました。

「Оさん!? Оさん!!」

ハッとして振り返ると、3階の看護師長が立っていました。

なんでも、リハビリ室から甲高い悲鳴が聞こえたので慌てて来てみると、私が呆けた様な顔で、凄く大きな声で叫んでいたそうです。

後ろには2人の看護師と介護師さんが居ます。

私は安心して泣き出してしまいました。

今ではあれが何だったのか、誰だったのかは判りません。

その後、結局その病院は辞めてしまいました。

ただ、その時の同僚と今でもたまに連絡を取り合うのですが、私が居た頃も日常茶飯事だった足音やナースコール、笑い声などは今でも頻繁に起こっているそうです。

これが霊感ゼロの私が体験した、数少ない恐怖体験です。

関連記事

バス

不可解な手の出現

都市部の朝のバスはいつも通り混雑していました。 毎日の通勤ルーチンの一部となっていたこの時間、私は特定の席を選ぶ習慣がありました。 なぜなら、運転手のすぐ後ろの席からの視…

着物女性の後姿

お礼参り

家の近所にお墓がある。そこに一人で住んでいるおばあさんが体験した話。 ある夜、そのおばあさんは布団に入って眠っていたが、人の気配を感じて起きたらしい。 だがそんなことは日…

生霊

この前、職場の同僚Aと居酒屋で飲んでいたときの話。 偶然、俺の前の職場の飲み会とカチ合った。 俺は特に問題があって辞めたわけじゃないし、前の職場の人とも仲が良かったので、合…

ゴールの写真

小学生の時に聞いた実話。 ある一人の少年がマラソン大会に出場したんだが、心臓が悪いため速く走ることが出来なかった。 最後尾になりながらも、少年は諦めずに頑張って走った。 …

青いテント(フリー写真)

青いテント

私は野生動物の写真を撮って自然誌に寄稿するという仕事をしていました。 夜間に山中の獣道でテントを張り、動物が通るのを待って撮影する。 また、赤外線センサーを用いて自動シャ…

つんぼゆすり(長編)

子供の頃、伯父がよく話してくれたことです。 僕の家は昔から東京にあったのですが、戦時中、本土空爆が始まる頃に、祖母と当時小学生の伯父の二人で、田舎の親類を頼って疎開したそうです。…

死亡事故の多い交差点

実体験を書きます。 小学2年生の頃、交差点で車に撥ねられました。 場所は小学校の通学路で、小学生の死亡事故が何度かあった交差点です。 私は歩行者信号が赤だったので下を…

コツコツ

つい先日の事なんだけど、俺は出張で松江にある某有名チェーンのビジネスホテルに泊まったんだ。 その日は取引先との接待でスナックを3件ハシゴして、へべれけ状態でホテルに入ったんだわ。…

呪われた路線

都心と多摩地区を結び、JRのドル箱といわれている中央線。 疾走してくる電車への飛び込み自殺の多発路線としても知られている。 例えば、1995年4月から11月までの8ヶ月間に…

階段(フリー写真)

ソマコ

学生の時に体験した話。 授業後にサークル仲間4人とクラブハウスでダベっていたのだが、夏だったせいかいつの間にか怪談話になっていた。 ただどれもこれも有り触れた持ちネタばかり…