飼い猫

公開日: 怖い話

cat

色々あるけど、子供の頃の話。7歳だった自分は母と一緒の部屋で毎晩寝ていた。

ある晩、ふと布団を捲りあげたら鬼のような形相の人のようなものが2つ。

びっくりして布団から這い出て電気をつけ、布団を覗いたけど当然なにもなく…怖いながらもその日は寝てしまった。

翌日、同じ時間帯にふと窓に目をやったら女の子が怖い顔をしてこちらを睨んでいた。

身体が動かない…女の子は窓にべったり張り付いていてどんどん顔が恐ろしい形相に。

頭が真っ白になった頃、飼い猫が部屋に入ってきて窓枠に飛び乗った。

その瞬間、体が動くようになりそのまま就寝。

しばらくは何もなかったものの、今度は夢の中に女の子と男の子が手に刃物を持って現れた。

2人の前で固まる自分。

「お前なんか産まれなければよかったんだ!」と叫ばれながら振り下ろされる刃物。

「もうダメだ!」

と思った瞬間、また飼い猫が女の子の顔に飛びかかり、男の子を威嚇した。

勢いで飛び起きたら、私をじっと見つめる飼い猫がそこにいた。

こういう話を信じない両親だから今まで起こった事はなにも言わなかったけど、流石に話をした。

そしたら、母は2回残念ながら流産してしまった経験があり、もし産まれていれば私のお姉さんと弟だったそうだ。

2人の供養も特にしていなかったそうで、私の話を聞いた翌日急いでお寺に相談し、供養をしてもらいました。それ以来、女の子と男の子は見かけなくなりました。

経験した中で凄く怖かったし、親以外は話したことなかったけど、守ってくれた猫の命日にふと思い出して書いてみました。

読んでくださってありがとうございました。

電脳に棲む神

大学時代の友人の話。そいつは結構なオタクで、今でも某SNSにガチオタな話題をバンバン日記に書くようなSE。この前、たまたま新宿で会って「ちょっと茶でも飲もうや」というこ…

そこを右

あるカップルが車で夜の山道を走っていた。しかし、しばらく走っていると道に迷ってしまった。カーナビもない車なので運転席の男は慌てたが、そのとき助手席で寝ていたと思った助手…

お屋敷(フリー写真)

お屋敷の物品回収

古い物を家主の居なくなった家から回収し、業者に売りに出す仕事をしています。一般の人から依頼があって回収する事もあるし、解体業者からお呼びが掛かって現場へ出向く事もあります。 …

白いソアラ

群馬県の国道沿いにある中古車販売店に、白いソアラが数万円という破格の安値で展示されていた。有名な高級車の一つであるソアラがこの価格で手に入るとなれば、当然誰かが買っていきその車…

小学校の廊下

←ココ

この間、小学校の同窓会があった。その時に当然の如く話題に上がった、俺たちの間では有名な事件の話を一つ。 ※ 俺が通っていた小学校は少し変わっていて、3階建ての校舎のうち、最上階の3…

テレアポのバイト

ちょっと前にテレアポのバイトをしていた時なんだけど。インカム着けて通話しつつも、お互いの内容がなんとなく聞こえるくらい小さな事務所だった。そこでバイト仲間の一人が妙なこ…

障子の穴

自分がまだ小学校高学年の頃の話。当時の自分の部屋は畳と障子の和室で、布団を敷いて寝る生活だった。ある晩、高熱を出して寝込んでいた自分は、真夜中にふと目が覚めた。寝込んで…

工事現場(フリー写真)

マンホールの男

昔、警備会社の夜勤をやっていた時の話。多くは国道の道路工事の現場で、車通りの多い道で騒がしい音の中働いていた。ある日、珍しく裏道の仕事が回って来た。その細い裏道…

『さかな』と『みぎ』

その日、友達と近所の公園で待ち合わせをしていた。CDを何枚か借りる約束だった。季節は今くらいの冬の時期。夕方16時過ぎで、もう薄暗くなりかけだったのを覚えている。約束の…

おにいさん祭り

生まれは都市圏だけど、まだ緑が多かった頃なので遊び場には事欠かなかった。家の近くに大きな空き地があって、毎年盆踊りをそこでやっていたのを覚えてる。その空き地が潰されて大きな工場…