飼い猫

公開日: 怖い話

cat

色々あるけど、子供の頃の話。7歳だった自分は母と一緒の部屋で毎晩寝ていた。

ある晩、ふと布団を捲りあげたら鬼のような形相の人のようなものが2つ。

びっくりして布団から這い出て電気をつけ、布団を覗いたけど当然なにもなく…怖いながらもその日は寝てしまった。

翌日、同じ時間帯にふと窓に目をやったら女の子が怖い顔をしてこちらを睨んでいた。

身体が動かない…女の子は窓にべったり張り付いていてどんどん顔が恐ろしい形相に。

頭が真っ白になった頃、飼い猫が部屋に入ってきて窓枠に飛び乗った。

その瞬間、体が動くようになりそのまま就寝。

しばらくは何もなかったものの、今度は夢の中に女の子と男の子が手に刃物を持って現れた。

2人の前で固まる自分。

「お前なんか産まれなければよかったんだ!」と叫ばれながら振り下ろされる刃物。

「もうダメだ!」

と思った瞬間、また飼い猫が女の子の顔に飛びかかり、男の子を威嚇した。

勢いで飛び起きたら、私をじっと見つめる飼い猫がそこにいた。

こういう話を信じない両親だから今まで起こった事はなにも言わなかったけど、流石に話をした。

そしたら、母は2回残念ながら流産してしまった経験があり、もし産まれていれば私のお姉さんと弟だったそうだ。

2人の供養も特にしていなかったそうで、私の話を聞いた翌日急いでお寺に相談し、供養をしてもらいました。それ以来、女の子と男の子は見かけなくなりました。

経験した中で凄く怖かったし、親以外は話したことなかったけど、守ってくれた猫の命日にふと思い出して書いてみました。

読んでくださってありがとうございました。

関連記事

てめぇじゃねぇ!

ある夜のことでした。 会社員のAさんは残業で遅くなったのでタクシーを拾いました。 タクシーの中では、運転手さんと色々な話で盛り上がっていました。 そして、タクシーは山…

叔母のCTスキャン

俺の叔母は脳腫瘍をこじらせて鬼籍に入った。 無論悲しかったが、それ以上に恐ろしい死に方だったのだと、今にしてみれば思う。 入院してから早いうちに脳腫瘍だという診断は受けてい…

登校する小学生(フリー写真)

モウキカナイデネ

この話を誰かに話す時、 「確かにその話、滅茶苦茶怖いけど、本当かよ?」 と言われる事がある。 霊が出て来るような話の方が、余程現実味があるからだ。 これは俺が実…

鬼になった武士

文政十二年(1829年)、6月8日のこと。遠野南部藩からの命令で、この町で山狩りが行われた。 これは館野武石衛門という猟師がリーダーとなり、辺り一帯の村や町に住む武士や町人、農民…

おおいさんの話

おおいさんってのが何者なのか分からんけど、俺の地元のコンビニバイトの間ではかなり有名。 おおいさんと名乗った客が来たら目を合わせるなという先輩からの指示を受けたのだが、俺はそれを…

母からの手紙

息子が高校に入学してすぐ、母がいなくなった。 「母さんは父さんとお前を捨てたんだ」 父が言うには、母には数年前から外に恋人がいたそうだ。 落ち込んでいる父の姿を見て、…

椅子(フリー写真)

三頭身

小さいながら夫婦で防犯設備の株式会社を立ち上げて8期程経ち、地方銀行の大型融資も審査が通って順調に利益を伸ばしている中で、専務取締役を任せていた嫁が事故死した。 それからは仕事に…

ユーカリの木(フリー写真)

当世話

俺の実家のある地区では『当世話(とうぜわ)』と呼ばれるシステムがあり、それに当たった家は一年間、地区の管理を任される。 今年はその当世話がうちで、祭事に使う御社の掃除を夏に一度し…

変な長靴

俺は大学生時代、田舎寄りの場所にアパートを借りて一人暮らしをしていた。 大学が地方で、更に学校自体が山の中にあるような所だから交通の便は悪くて、毎日自転車で20分くらいかけて山を…

無人駅

見知らぬ駅

今でも忘れられない、とても怖くて不思議な体験。 1年と半年ほど前になるでしょうか、私がまだOLをしていた時の話です。 毎日毎日、会社でのデスクワークに疲れて、帰りの電車では…