もう一つの顔

公開日: 不思議な体験 | 怖い話

face_study_by_art_by_doc-d610d4e

学生時代の友人のM美の話をしようと思う。

その日、私はM美が一人暮らしをしているアパートへ遊びに行った。

私は絨毯に横になりながら、M美はベッドに腰掛けてのんびりくつろいでいたが、ふとベッドの下に目線をやると、人の鼻のようなものが見えた。

はじめは泥棒だと思い、息が止まりそうになった。しかし、どうも様子がおかしい。その顔はどんどん私の方に顔を近づけてきた。

私は恐怖でいっぱいになり、この部屋から早く出なきゃと思った。私はM美に何気なく一緒にコンビ二へ行こうと誘った。

M美は不思議そうな顔をしていたが、どうにか二人で家を出た。明るいコンビニで、私はM美にベッドで見たものの話をした。

まずベッドの下に鼻が見えて、だんだん人の顔が見えてきたこと。そして、その目をつむっているような顔が、M美の顔だったこと…。

それを聞いたM美は真っ青な顔をして、もうあの部屋には戻れないと泣き出した。私はとりあえずM美を落ち着かせて、近くの居酒屋に入った。

M美は恐怖から逃れたい様子で、焼酎を何杯も飲んでいた。店を出る前にM美がトイレへ行きたいと言い出し、トイレの前で彼女を待っていた時だった。

中から水を流す音が聞こえたあと、扉にぶつかったようなドンという音が聞こえた。

どうも様子がおかしかったので「M美、どうしたの?」とドアを叩いたが、声はしない。

急いで店員に伝えて鍵を開けてもらうと、M美はぐったり壁にもたれかかって虚ろな目をしている。

私は驚いて、すぐに救急車を呼んでもらった。救急隊員が駆けつけたが、助け出されたM美はすでに脈がなく、運ばれた病院先で息を引き取った。

死因はお酒の飲み過ぎによる急性の心臓麻痺とのことだった。

しかし、飲み過ぎが原因ではないと私は思う。

M美には話さなかったのだが、居酒屋に入る時、暗がりの向こうにベッドの下で見たあの眠ったようなM美の顔を私は見たのだ。私たちの後をつけてきたのだ。

私は今でも思っている。

あの顔は、トイレで一人になったM美の前に現れたのだと。

関連記事

人面犬

9月頃、旅行で東北のある県に行った。ついでに遠い親戚に顔を出す事になった。 結構な田舎で従姉妹夫婦と子供、旦那の両親が同居してて俺は初見で挨拶したりしてた。 お父さんが熱帯…

おはじき(フリー写真)

狐が迎えに来る

『一夜物語』という携帯ゲームを知っていますか? そのゲームのオープニングで狐の話が出るのです。 あの話を制作者が知っているかどうかは別にして、実は非常によく似た話がありま…

行軍

爺ちゃんの従軍時代の話

子供の頃に爺ちゃんに聞いた話を一つ。 私の爺ちゃんは若い時、軍属として中国大陸を北へ南へと鉄砲とばらした速射砲を持って動き回ってました。 当時の行軍の話を聞くと、本当に辛か…

車のテールランプ(フリー写真)

白装束の女性

初めて変な経験をしたのが5歳の頃。もう30年以上前の話をしてみる。 父親は離婚のため居らず、六畳一間のアパートに母親と二人暮らしだった。 風呂が無く、毎晩近所の銭湯に行って…

ドッペルゲンガー

弟のドッペルゲンガーを2回見た。 1回目は自分が3歳の時。 実家は庭を挟んで本宅と離れがあるんだが、庭の本宅寄りの場所で遊んでて、そこから家の中が見る事が出来た。 居間で母が…

三号室の住民

その店はある地方都市の風俗街の中にあったので、出勤前の風俗嬢や風俗店の従業員の客が多かった。 かなり人気のある店だったが、その理由は「出前」にあった。 店の辺りには風俗店の…

不思議なお姉さん

小学2年生のころの話。小さいときに母ちゃんが死んで、親父に育てられてた。 父子家庭が原因か内向的な性格で、小学校でもひどいいじめにあってた。 1年生のころからずっといじめ続…

民宿の部屋

白無垢の花嫁

私が小学校低学年の頃、夏休みには家族で田舎を訪れることが恒例でした。 そこには、私たちが毎回宿泊する古びた民宿がありました。 各部屋の入り口は襖で、玄関はすりガラスの引き…

最強の守護霊

僕の知り合いに御祓いの仕事をしている人がいる。 知り合いというか、最寄り駅の近くの立ち飲みで出会ったおばさん。 それが今から数えて7年前くらいかなと思う。 引っ越して…

白いソアラ

群馬県の国道沿いにある中古車販売店に、白いソアラが数万円という破格の安値で展示されていた。 有名な高級車の一つであるソアラがこの価格で手に入るとなれば、当然誰かが買っていきその車…