もう一つの顔

公開日: 不思議な体験 | 怖い話

face_study_by_art_by_doc-d610d4e

学生時代の友人のM美の話をしようと思う。

その日、私はM美が一人暮らしをしているアパートへ遊びに行った。

私は絨毯に横になりながら、M美はベッドに腰掛けてのんびりくつろいでいたが、ふとベッドの下に目線をやると、人の鼻のようなものが見えた。

はじめは泥棒だと思い、息が止まりそうになった。しかし、どうも様子がおかしい。その顔はどんどん私の方に顔を近づけてきた。

私は恐怖でいっぱいになり、この部屋から早く出なきゃと思った。私はM美に何気なく一緒にコンビ二へ行こうと誘った。

M美は不思議そうな顔をしていたが、どうにか二人で家を出た。明るいコンビニで、私はM美にベッドで見たものの話をした。

まずベッドの下に鼻が見えて、だんだん人の顔が見えてきたこと。そして、その目をつむっているような顔が、M美の顔だったこと…。

それを聞いたM美は真っ青な顔をして、もうあの部屋には戻れないと泣き出した。私はとりあえずM美を落ち着かせて、近くの居酒屋に入った。

M美は恐怖から逃れたい様子で、焼酎を何杯も飲んでいた。店を出る前にM美がトイレへ行きたいと言い出し、トイレの前で彼女を待っていた時だった。

中から水を流す音が聞こえたあと、扉にぶつかったようなドンという音が聞こえた。

どうも様子がおかしかったので「M美、どうしたの?」とドアを叩いたが、声はしない。

急いで店員に伝えて鍵を開けてもらうと、M美はぐったり壁にもたれかかって虚ろな目をしている。

私は驚いて、すぐに救急車を呼んでもらった。救急隊員が駆けつけたが、助け出されたM美はすでに脈がなく、運ばれた病院先で息を引き取った。

死因はお酒の飲み過ぎによる急性の心臓麻痺とのことだった。

しかし、飲み過ぎが原因ではないと私は思う。

M美には話さなかったのだが、居酒屋に入る時、暗がりの向こうにベッドの下で見たあの眠ったようなM美の顔を私は見たのだ。私たちの後をつけてきたのだ。

私は今でも思っている。

あの顔は、トイレで一人になったM美の前に現れたのだと。

関連記事

光(フリー素材)

異世界に続く天井裏

俺のクラスに新しく転入生の男子が来た。彼はいつも机に突っ伏して塞ぎ込んでいて、未だに友人は一人も出来ていないようだった。きっとクラスに馴染めずに大変なんだろうと考えた俺…

介護の闇

家には痴呆になった祖母がいる。父方の祖母だが、痴呆になる前も後も母とは仲が良く、まめに面倒を見ている。これは年末の深夜の話。祖母の部屋から、何やらぼそぼそと呟く…

線路(フリー素材)

北陸の無人駅

昔、北陸の某所に出張に行った時の事。ビジネスホテルを予約して、そのホテルを基点にお得意様を回る事にした。最後の所で少し飲んで、その後ホテルに戻る事にした。 ※ ホテ…

並行宇宙

亡くなったはずの転校生

幼稚園の頃、同級の子が車に撥ねられて死にました。それから月日が経ち、小学校4年の時に、そいつが転校生として私のクラスにやって来たので面食らった。幼稚園の時に同級だった内…

ヒサルキで思い出した体験談

あれは私が小学校4年生くらいの頃だった。私が通っていた小学校は全校生徒40人弱と過疎化が進んでいる田舎の学校で、とにかく周りは山や段々畑ばかりで、コンビニなんて学校から10キロ…

鬼が舞う神社

叔父の話を一つ語らせてもらいます。幼少の頃の叔父は、手のつけられない程の悪餓鬼だったそうです。疎開先の田舎でも、畑の作物は盗み食いする、馬に乗ろうとして逃がすなど、子供…

カップル(フリー素材)

恋人との思い出

怖いと言うより、私にとっては切ない話になります…。私が高校生の時、友達のKとゲーセンでレースゲームの対戦をして遊んでいました(4人対戦の筐体)。その時、隣に二人の女の子…

縁側

猫が伝えようとした事

俺が人生で一度だけ体験した不思議な話です。俺の住んでいる所は凄い田舎。数年前にローソンが出来たけど、周りは山に囲まれているし、季節になると山葡萄が採れ、秋には庭で柿が採れるよう…

イタコ

以前、北東北の寒村に行った際にお寺のご住職夫人から聞いた話。恐山のような知名度はないんだけど、彼の地にも古くから土着のイタコがいたの。今も出稼ぎがある地だから推して知る…

存在しない駅

当時学生だった自分は大学の仲間と大学の近くの店で酒を飲んでいた。結局終電間近まで遊んでて、駅に着いたらちょうど終電の急行が出るところだったので慌てて乗った。仲間内で電車…