繰り返し見る夢

公開日: 不思議な体験 | 怖い話

990x700_8788_Blue_Clouds_2d_abstract_dream_cloiuds_surrealism_children_picture_image_digital_art

夢に関する不思議な話を。

同じ家や場所を繰り返し夢に見ることはあるだろうか。

別に続きものという訳ではなく、ホラーであったり日常的であったりと、関連性は無いけど舞台がいつもそこという夢。

大抵は昔住んでいた家だとか、友人や親戚の家だったりとか、或いは全く覚えがない場所だが、よく夢に見るということがある。

学校でそんな話をしていて、友人が教えてくれた話。

彼は昔からよく夢に見る場所があった。洋風のそこら辺に普通にある住宅で2階建てだと言う。

いつから見るようになったのかは覚えていないが、中学に入った時には既に『ああ、またか』と思えるくらいの頻度だった。

彼にはとても仲の良い友人Kがいた。

家が近所で母親同士も仲が良かったため、お互いの家を行き来して毎日のように遊んでいた。

好きな漫画もゲームで使うキャラも一緒。成績も同じくらいで、身長体重も変わらない。

中学1年の時にいつも通り遊んでいると、夢の話になった。

「いつも同じ家の夢を見るんだよ」

食いついてきたKも同じような体験をすることがあるらしい。

メモ用紙に家の間取りを書いて説明すると、Kも同じだと言った。

色々話している内に、全く同じ家のように感じた。

奇妙な偶然に好奇心が刺激され、お互いの夢の話をすることが多くなった。

家は割と広くて4〜5人の家族が住めそうな所。

だけど二人とも1階の角部屋だけは入ったことがない。

中学という微妙な年齢のこともあって、どちらが先にあの部屋に入るか競争しようということになった。

その頃から悪夢が続くようになった。

家の中で包丁を持った殺人鬼に追い回されたり、姿の見えない幽霊に追いかけられたり、例の部屋に近づくことは出来なかった。

最初は「俺たち前世で兄弟だったんじゃね?」と盛り上がっていたが、次第に夢の話はしなくなった。

彼曰く、あまりに似すぎている自分たちが正直気味が悪くなったと。

顔は似ている訳ではないけど、本人達にしか解らないシンパシーのような物があるんだと。

それは彼も同じだったようで、高校は別の所を選んだ。

でも仲の良い親友であることには変わりなく、電話で話したりはしていた。

部活や進路を決めるような時には、お互い別々にしようと暗黙の了解があった。

大学に進む頃には、違う生活環境で次第に疎遠になっていた。

冬休みに実家に帰省すると、久しぶりにKから年賀状が届いていた。

年賀状にはペットの犬の写真。

『ああ、チョコまだ生きてるんだ』と懐かしかった。

印刷の「あけましておめでとう」の下に小さく書かれたKの筆跡。

「あの部屋に呼ばれた。俺が先に行くぜ」

その言葉に血の気が引いた。

数日前に見た夢で、彼も部屋に呼ばれたのだ。

変わらず一定周期であの夢は見ていたが、その時はなんだか雰囲気が違った。

誰も居ない家の中を歩いていると、なんとなく『ああ、今ならそこに行けるな』という気分になったと言う。

ただ彼は行けなかった。

行こうとした時に携帯が鳴って起こされた。

学校が始まって暫く経った頃に母から電話があった。

Kが行方不明になったらしい。

一人暮らしをしていたアパートから忽然と姿が見えなくなったと。

何か知らないかとKの親が聞きにきたと言うのだ。

もちろん夢の話など出来る訳もなく、知らないと言うしかなかった。

それから半年以上が経ったが、まだKは見つからない。

疎遠になってはいたが、とても寂しくて仕方がないと落ち込んでいた。

先を越されたと悔しい気持ちもあるそうだ。

たいして怖くもない話かもしれないけど、正直俺はぞっとした。

俺もまた同じように毎度夢に見る家がある。

夢で見たことを他人に話してはいけないと祖母が言っていた。

それまでなんとなく言いつけを守っていたけど、そういうことかと納得した。

抽象画

息子を迎えに来ますからね

知人のおばあさんは我が強くて恐い人だけど、自分の母親の話をする時だけは顔つきが穏やかになる。その人から聞いた昔話が原因の出来事。 ※ そのおばあさんの母親(仮にAさんとする)は、お…

担任が連れてきた女の子

小4の家庭訪問の時、担任が何故か同年代(クラスメイトではない)の女の子を連れてきた。 女の子は母親が居間の方で茶菓子を出して、終わるまで待たせたとは聞いてる。 俺と母親が「…

死を恐れる男

ある村に、死を異常に恐れる男がいた。 特に男が恐れていたのは「自分が埋葬された後に、棺の中で息を吹き返してしまうのでは?」というものであった。 その男が病気の床にあるとき、…

タクシー(フリー写真)

契約書の拇印

俺の親父の話を書きます。 親父はタクシーの運転手をしています。 夜中2時を過ぎた頃だったそうです。40代くらいの一人の男性が病院から乗って来ました。 行き先は違う近…

皺のある手(フリー写真)

青いみかん

小学2年生まで自分は感情の起伏の無い子供だったらしく、両親がとても心配し、よく児童相談所や精神科のような所へ連れて行っていた。 その時も面倒臭いとも楽しいとも思った事は一切無く、…

路地裏の子供

僕は会社で経理を担当しています。この時期は一年のうちでも最も忙しい時期で、毎日終電になってしまいます。 最寄の駅は山手線の五反田なのですが、ここはみなさんご存知のこととは思います…

三号室の住民

その店はある地方都市の風俗街の中にあったので、出勤前の風俗嬢や風俗店の従業員の客が多かった。 かなり人気のある店だったが、その理由は「出前」にあった。 店の辺りには風俗店の…

川(フリー写真)

川を流れる仏壇

現在の家に引っ越して来る前は、物凄い田舎の村に住んでいた。 周りは山に囲まれていて、大きな川も幾つもあり、殆ど外界の人が来る事は無かった。 ※ ある日、学校から帰宅すると、ち…

廃墟(フリー写真)

廃病院での肝試し

会社の先輩のIさんに聞いた話。 先輩が大学一年の時に、仲の良いサークル仲間四人で肝試しに行くことになった。 市街地から少し離れた所にある廃病院。お化けが出ると結構有名な所だ…

アパートのドアノブ(フリー写真)

開けて

大学進学のために上京した時の話です。 私は志望した大学に無事受かり、4月から新しい学校生活を送るため、田舎から上京して一人暮らしをする事になりました。 学校まで電車で20…