繰り返し見る夢

公開日: 不思議な体験 | 怖い話

990x700_8788_Blue_Clouds_2d_abstract_dream_cloiuds_surrealism_children_picture_image_digital_art

夢に関する不思議な話を。

同じ家や場所を繰り返し夢に見ることはあるだろうか。

別に続きものという訳ではなく、ホラーであったり日常的であったりと、関連性は無いけど舞台がいつもそこという夢。

大抵は昔住んでいた家だとか、友人や親戚の家だったりとか、或いは全く覚えがない場所だが、よく夢に見るということがある。

学校でそんな話をしていて、友人が教えてくれた話。

彼は昔からよく夢に見る場所があった。洋風のそこら辺に普通にある住宅で2階建てだと言う。

いつから見るようになったのかは覚えていないが、中学に入った時には既に『ああ、またか』と思えるくらいの頻度だった。

彼にはとても仲の良い友人Kがいた。

家が近所で母親同士も仲が良かったため、お互いの家を行き来して毎日のように遊んでいた。

好きな漫画もゲームで使うキャラも一緒。成績も同じくらいで、身長体重も変わらない。

中学1年の時にいつも通り遊んでいると、夢の話になった。

「いつも同じ家の夢を見るんだよ」

食いついてきたKも同じような体験をすることがあるらしい。

メモ用紙に家の間取りを書いて説明すると、Kも同じだと言った。

色々話している内に、全く同じ家のように感じた。

奇妙な偶然に好奇心が刺激され、お互いの夢の話をすることが多くなった。

家は割と広くて4〜5人の家族が住めそうな所。

だけど二人とも1階の角部屋だけは入ったことがない。

中学という微妙な年齢のこともあって、どちらが先にあの部屋に入るか競争しようということになった。

その頃から悪夢が続くようになった。

家の中で包丁を持った殺人鬼に追い回されたり、姿の見えない幽霊に追いかけられたり、例の部屋に近づくことは出来なかった。

最初は「俺たち前世で兄弟だったんじゃね?」と盛り上がっていたが、次第に夢の話はしなくなった。

彼曰く、あまりに似すぎている自分たちが正直気味が悪くなったと。

顔は似ている訳ではないけど、本人達にしか解らないシンパシーのような物があるんだと。

それは彼も同じだったようで、高校は別の所を選んだ。

でも仲の良い親友であることには変わりなく、電話で話したりはしていた。

部活や進路を決めるような時には、お互い別々にしようと暗黙の了解があった。

大学に進む頃には、違う生活環境で次第に疎遠になっていた。

冬休みに実家に帰省すると、久しぶりにKから年賀状が届いていた。

年賀状にはペットの犬の写真。

『ああ、チョコまだ生きてるんだ』と懐かしかった。

印刷の「あけましておめでとう」の下に小さく書かれたKの筆跡。

「あの部屋に呼ばれた。俺が先に行くぜ」

その言葉に血の気が引いた。

数日前に見た夢で、彼も部屋に呼ばれたのだ。

変わらず一定周期であの夢は見ていたが、その時はなんだか雰囲気が違った。

誰も居ない家の中を歩いていると、なんとなく『ああ、今ならそこに行けるな』という気分になったと言う。

ただ彼は行けなかった。

行こうとした時に携帯が鳴って起こされた。

学校が始まって暫く経った頃に母から電話があった。

Kが行方不明になったらしい。

一人暮らしをしていたアパートから忽然と姿が見えなくなったと。

何か知らないかとKの親が聞きにきたと言うのだ。

もちろん夢の話など出来る訳もなく、知らないと言うしかなかった。

それから半年以上が経ったが、まだKは見つからない。

疎遠になってはいたが、とても寂しくて仕方がないと落ち込んでいた。

先を越されたと悔しい気持ちもあるそうだ。

たいして怖くもない話かもしれないけど、正直俺はぞっとした。

俺もまた同じように毎度夢に見る家がある。

夢で見たことを他人に話してはいけないと祖母が言っていた。

それまでなんとなく言いつけを守っていたけど、そういうことかと納得した。

関連記事

無限ループするトンネルと祭り

休日の夕方に友人連れ3人で、温泉宿に向かう山道を車で走っていた。車の持主が運転、もう一人は後部座席、俺が地図を見ていた。地図上では一本道で、トンネルを3つ通らないといけ…

そこを右

あるカップルが車で夜の山道を走っていた。しかし、しばらく走っていると道に迷ってしまった。カーナビもない車なので運転席の男は慌てたが、そのとき助手席で寝ていたと思った助手…

小さな鍾乳洞

少し昔……と言っても15年以上前の話になる。俺の地元には小さな鍾乳洞がある。田んぼと山しかないド田舎だったので、町としても鍾乳洞を利用して観光ビジネスを興そうとしたらし…

ネットワーク

むこうがわ

Aという男がいた。世間からの評判は良い彼だったが、他人に言えない秘密があった。それはネットを渡り歩いては、グロ映像等の猟奇系のウェブサイトを覗き見るという趣味だった。よ…

ジュース(フリー写真)

ワンタ

幼稚園に入る少し前くらいだっただろうか。子供の頃に、毎日のように一緒に遊んでくれた不思議な動物がいた。大きさは、自分よりも大きかったから、犬のゴールデンレトリバーぐらい…

携帯電話(フリー素材)

携帯にまつわる話

俺の携帯の番号は「080-xxxx-xxxx」という『080』から始まる番号です。でも、機種変してすぐは「090-xxxx-xxxx」だと思っていて、彼女にもその『090』から…

森(フリー写真)

森の中の人

俺は中学の時、死のうと思っていた。凄い虐めに遭っていて、教師も見て見ぬ振り。両親共に不倫していて俺に興味なし。身体中に痣があり、その日は顔もボコボコで、もう息をするのも辛かった…

お婆ちゃんの手(フリー写真)

連れて行かれる

私が小学生の頃の話です。小さい頃にお世話になった近所のお婆ちゃんが倒れて、寝たきりになってしまいました。一人暮らしで、親族も居なかったようです。当時、よく古い遊…

動物霊

動物霊をご存知だろうか。その名の通り動物の霊なのだが、民間伝承でもよく知られているものは狐狸の類であろう。これらに限らず、特に畜産や水産に関わる動物への信仰は強く、墓や…

スローになる空間

友達の家に手応えのある変な空間がありました。何もないところで手をふると、そこだけスローになる。それは空中に留まっており、撫で回してみるとバスケットボールぐらいの大きさ。…