飛び降り

公開日: 心霊体験 | 怖い話

_1

大学時代の経験を一つ。

神奈川の、敷地だけは広い某大学でのこと。

講義を受けている時に、遠方の校舎の屋上から飛び降りる男を見た。

俺は窓からその光景を見ていたので、驚いて立ち上がったんだけど、声を上げようとしておかしなことに気づいた。

男が落ちた場所に死体が無い。

おかしいなと思ってもう一度屋上を見ると、また同じ男が屋上からダイブしていた。

だが地面に墜落する寸前に消えた。そして、また屋上から飛び降りる。

あとはもうエンドレスだった。

飛び降りては消え、飛び降りては消え、動画をループ再生してるみたいに延々それの繰り返し。

俺は「よく死者は死んだ時の状況を繰り返す」という話を思い出して、その男がこの世のものではないと悟った。

毎日毎日、朝も昼も夕方も、延々その自殺風景はループしていた。

さすがに何度も見てると慣れてしまうもので、俺は段々気にしなくなっていった。

もはや、その自殺風景が日常になってしまったんだ。

でも、ある日俺が食堂に向かうために友人と外を歩いてると、ふと真上から震えたような声がした。

「誰か止めて」

びっくりして上を見上げると、頭上数メートルくらいのところに、飛び降りてきた男の顔があったんだ。

一瞬で思い出したよ。俺が立っている場所が、男が墜落した場所だってこと。

気付いた時には遅かった。左肩に凄まじい衝撃を感じて、俺は気を失った。

起きた時には病院のベットで寝てた。幸い肩の脱臼と肘を骨折した程度で済んだ。

友人に聞いたところ、何もないのにいきなり俺が肩を沈ませて倒れたらしい。

頭から垂直に落ちてくる男の引き攣った半笑いみたいな顔と、肩に感じた髪の毛が擦れるような感触と衝撃を今でも覚えている。

去年、サークルの飲み会で久々に大学に行ったんだけど、男はまだ飛び降りを繰り返していたよ。

それ以来、自殺だけは絶対にしないと誓った。

関連記事

目

あの目(長編)

夏休みの少し前くらいの出来事。俺と友人のA、Bが、夏休み中にN県の山奥へキャンプへ行こうと話していると、それを聞いていた留学生2人が「一緒に連れて行って欲しい」と声をかけてきた…

高校の修学旅行で泊まった宿が海沿いの部屋だったんだ。6人部屋で、消灯過ぎても遊ぶじゃん。そしたら寝落ちした奴の枕元に女が居んの。枕元でジーっと寝落ちした奴の顔見てた。 …

日本家屋(フリー写真)

押し入れの右下

5年前の夏、祖母の家で体験した出来事です。祖母は少々偏屈で、父がいくらうちで一緒に暮そうと言っても聞かなかった。それも理由があってのことだったらしいと、後から判ったのだ…

路地裏の子供

僕は会社で経理を担当しています。この時期は一年のうちでも最も忙しい時期で、毎日終電になってしまいます。最寄の駅は山手線の五反田なのですが、ここはみなさんご存知のこととは思います…

廃ホテル(フリー写真)

心霊ロケ

某廃墟ホテルに霊能者を連れて行き、その様子をカメラに収めるという番組があった。そのホテルは昔、火災が発生し多くの人が亡くなった場所でもあり、「女性の霊を見た」「…

老婆の顔

これは私が中学生の頃の話です。朝練のために朝早く登校した私の友達が、運悪く学校の近くの川で自殺したおばあさんを見つけてしまったのです。その日はもちろん大騒ぎになり、友達…

ラウンジ

踊り続けるアバター

PlayStation Homeを始めた頃の話。あるお化け屋敷ラウンジに、いつログインしてもずっと踊り続けているアバターが2体いるんだ。仮に「ぶらきゅー」さんと「はぴぴ」さんと…

廊下(フリー背景素材)

赤いクレヨン

とある夫婦が、非常に安い価格で一軒家を買った。駅から近くに建っていてなかなか広いので、何一つ不満は無かった。しかし一つだけ不思議な点があった。それは、何故かいつ…

飼い猫

色々あるけど、子供の頃の話。7歳だった自分は母と一緒の部屋で毎晩寝ていた。ある晩、ふと布団を捲りあげたら鬼のような形相の人のようなものが2つ。びっくりして布団から這い出て電気をつけ…

高過ぎる電気代

ある新婚夫婦がマイホームを購入するため不動産屋を訪ねた。その夫婦は、少し古いが希望に合う物件を見つけることが出来た。そこは古い和風屋敷の一軒家。値段の割には良い物件。 …