愛犬との最期のお別れ

犬(フリー画像)

私が飼っていた犬(やむこ・あだ名)の話です。

中学生の頃、父の知り合いの家で生まれたのを見に行き、とても可愛かったので即連れて帰りました。

学校から帰ると毎日散歩に連れ出していました。

そして私が探して欲しいばかりに隠れんぼなどをして、犬を困らせていました。

次の年に、可愛い子犬を四匹産みました。

その内の一匹は誰にも貰われず、うちで育てることになりました。

そんなこんなで大学卒業まで、すっと二匹と一緒に居ました。

私が大学院に進学するために実家を離れ家を出た一ヵ月後、やむこは糖尿病で目が見えなくなりました。

インシュリン注射をしてあげたかったのですが、何せ学生で生活費も無く、なけなしのバイト代を掻き集めて病院に連れて行ってもらう毎日でした。

私に出来ることは、ちょくちょく実家に帰って目が見えなくなったやむこの世話をすることぐらいでした。

実家の玄関までに用水路が掛かった橋があって、やむこは目が見えなくなってから、散歩の度にそこを通るのがとても怖かったようです。

私が居る時は、いつも抱っこして通っていました。

その年の12月のある晩、私は実家に向かうフェリーの中でやむこの夢を見ました。

畳の部屋に私のジャンパーが置いてあり、それを捲るとやむこがお座りしていて、ニコニコしながら尻尾を振っているのです。若い頃の、元気な姿で。

私が「どうしたのー? ここまで遠かったでしょ?」と言って手を差し伸べ、頭を撫でるとニコニコしていました。

その日の晩はとても疲れていたのに寝苦しく、また冬だというのに体が熱く、寝付いたのは明け方でした。

目が覚めて一日が何事も無く過ぎ、夜になって実家に明日帰ると電話をすると、やむこが朝、起きたら冷たくなっていたと母から告げられました。

私は号泣しました。次の日に実家へ帰り、やむこが居なくなった場所にぽつんと一匹残された子供の犬を撫でながら、後二日頑張ってくれたら…と、泣きに泣きました。

しかし子供の犬を撫でていると、やむこが「私は子犬を残したわ。だから○○ちゃん泣かないで」と言っているような気がして堪りませんでした。

実際、子犬の存在は私の大きな心の支えです(もうおばあちゃん犬ですが)。

やむこは最期に私にお別れを言いに来てくれたような気がしてなりません。

やむこは12月生まれだったので、誕生日に神様が糖尿病の苦しみから解放してくれたのかもしれません。

やむこ。良い思い出をありがとう。ずっと忘れないよ。

関連記事

妖狐哀歌(宮大工10)

オオカミ様が代わられてから数年が経った。俺も仕事を覚え数多くの現場をこなし、自分でも辛うじて一人前の仲間入りを果たす事が出来たと実感するようになった。また、兄弟子たちも…

リアルな夢

二年ほど前に遡ります。私は父が経営する土建屋で事務をしています。今は兄が実質の社長ですが、やはり父の威光には敵いません。そんな父の趣味が発端と思われる出来事です…

モデルカー(フリー写真)

形見分け

俺はとある物のコレクターなのだが、コレクター友達であるAがある時突然、余命宣告を受けるような大病に罹ってしまった。もう手の施しようがないレベルで、元気に動いているのが不思議な状…

歪みが発生している場所

確か小学2年の頃の話。クラスで仲の良い友人が、「すごい場所があるんだよ!今日行こうぜ!」と言うので付いて行った。そいつは普段から「宇宙人を見た」などと言…

紅葉(フリー素材)

幻の宴

旅行先で急に予定が変更になり、日本海沿いのとある歴史の古い町に一泊することになった。その時に体験した話。 ※ 日が暮れてから最初に目に入った旅館に入ったんだけど、シーズンオフのせい…

巨木(フリー写真)

巨木への道

この話は、俺が以前旅先で経験した事実に基づいて書かせて戴く。N県の温泉へ車で2泊3日の旅行へ出かけた時の話。移動の途中で『森の巨人たち100選』と書かれた標識が突如現れ…

家族っぽい何か

先週の事なんだけど、小三の俺の弟が体験した話。弟はその日、学校が終わって一度家に帰ってから、仲の良い友達と一緒に近くの公園で遊ぶことにした。夕方になってかくれんぼをして…

切り株(フリー写真)

植物の気持ち

先日、次男坊と二人で、河原に蕗の薹を摘みに行きました。まだ少し時期が早かった事もあり、思うように収穫が無いまま、結構な距離を歩く羽目になってしまいました。視線を常に地べ…

雪景色(フリー素材)

もどり雪

一月の終わり、山守りのハルさんは、山の見廻りを終えて山を下っていた。左側の谷から、強烈な北風に舞い上がった粉雪が吹き付けてくる。ちょっとした吹雪のような、『もどり雪』だ…

無人駅

見知らぬ駅

今でも忘れられない、とても怖くて不思議な体験。1年と半年ほど前になるでしょうか、私がまだOLをしていた時の話です。毎日毎日、会社でのデスクワークに疲れて、帰りの電車では…