九尾の狐

公開日: 世界の謎 | 怖い話

B6E5C8F8A5EDA5B4

日本には狐の怪談が沢山残っている。その中で最も有名なのは「九尾の狐」ではないだろうか。

「九尾の狐」で有名なのは「白面金毛九尾の狐」三国随一の大妖怪と言われる程の実力。

古代中国で王后を喰い殺し王后に化け、酒池肉林などの暴政を働いたが、太公望に処刑された。

しかし、その時に体が三つに分散したと言われている。

次に九尾は少女に化け日本にやって来る。来日した時は何もしておらず、それから約380年後に宮中に仕え鳥羽上皇と契りを結ぶ。

その契りにて病を発した鳥羽上皇を調べた陰陽師(晴明・泰成・泰親)によって 正体がばれ、白面金毛の姿で逃亡するはめになる。

その後、各地で暴行をし続け、上皇の軍勢により殺されるのだが、心臓を貫かれた直後巨大な毒石に姿を変えてしまう(この毒石は観光名所として有名。いわゆる「殺生石」である)。

そして室町時代、玄翁和尚により破壊され全国各地に飛散したのだ、という。

これが伝承されている話であるが…気になることが一つ。

残りの二匹は何処へ行ったのか。

もしかしたら、未だにどこかから世界を操っているのかもしれない…。

関連記事

有名な家

もうかれこれ10年前の話。当時、まだ自分は9歳だった。諸事情で祖母と二人暮らしをしていたが、小学生半ばの頃に母親とも一緒に暮らすことになった。それまで祖母とは小さな漁師…

巫女さん(伊勢神宮)(フリー写真)

巫女さんのバイト

姉の体験談。近所の神社が祭りのために臨時で巫女のバイトを募集していた。姉はそれに応募し、見事採用された。主な仕事は祭りの時期の接客であったが、祭りの後も土日だけ…

ハサミ

ハサミ女

近所に「ハサミ女」と呼ばれる頭のおかしい女がいた。30歳前後で、髪は長くボサボサ、いつも何かを呟きながら笑っている、この手の人間の雛形的な存在。呼び名の通り常に裁ちバサ…

肝試し

高2の夏休み。霊の存在を否定していた友達が、出ると評判の廃屋に1晩1人で泊まることに。昼間、下見をしてあまりにも汚いので寝袋を用意。晩飯の後、廃屋の前で別れたのがそいつを見た最…

扉(フリー写真)

会社の開かずの間

うちの会社には、開かずの間がある。嘘みたいな本当の話で、確かにある。会社は3階建て。その3階の端に資材倉庫があり、その倉庫の奥に扉が設置されている。新人の頃、資…

世界中の地球滅亡予言

1999年にノストラダムスの大予言が外れた事が有名ではあるが、今まで世界中で地球・人類が滅亡するといった類の終末予言が幾つも提唱されてきた。しかし、その殆どは尽く外れてきた。戦…

ケネディーの妹

米国政治史に燦然と輝くケネディー家であるが、ジョン・F・ケネディ大統領の暗殺に続き、弟のロバート・ケネディも大統領候補指名選中に暗殺されたことを始めとして、その家族は皆決して幸せな人生…

ウェンディゴ憑き

ウェンディゴは、カナダ南部からアメリカ北端のインディアンたちに伝わる精霊の呼び名。地方によって多くの呼び名がある。若しくは、北アメリカのオジブワ族やアルゴンキン語族系インディア…

蛍(フリー写真)

赤ちゃんの声

何年前だったかは今はもう覚えていません。でも当時は凄く暑くて、扇風機を点けっ放しで寝ていたので、夏であることは確かだったと思います。熱帯夜というやつですね。暑いと本当に…

東京五輪

ナレーションの声

小学5年生の頃、アメリカでワールドカップが開催された。だからという訳ではないけど、幼馴染のNとよく近所の公園でサッカーをしていた。ある日、「たまには別の公園でやろう」と…