じじ犬との会話

犬(フリーイラスト)

ウチのじじ犬オンリーだけど、俺は夢で犬と会話できるっぽい。

じじ犬と同じ部屋で寝ていると、大抵じじ犬と喋っている気がする。

「若いの、女はまだ出来んのか?」

「うるさいよ、じーさん。去勢されとる奴に言われたかないわ」

「やかましい。お前に種無しになる辛さが分かるか」

「知らんね」

「なら教えてやるわ」

「まあ待て、落ち着けじじい」

「お、宅配便が来おったぞ」

「マジで? 起きるわ」

これが一番新しい会話。この日の会話は全部覚えていなかった。

それで起きた時、ちょうどチャイムが鳴ってクロネコの宅配が来ていた。

俺は近所の人が知っている以上に近所の事について詳しい。

じじ犬に教えてもらった事をうっかり喋って近所の人が解雇された事を暴いてしまい、エラい事になった時もあった。

俺が大学に行っている間の事も何もかも知っているし、犬だから誰も警戒しないんだろうな。

確か高校2年生の時くらいからだった気がする。じじ犬の言葉が解るようになったの。

部活から帰って来て、畳の部屋で寝ていたら声を掛けられたんだよな。

歳なのは解るけど、「若いの」と呼ばれるのはちょっとアレな気がする。

皆んな妄想だとか言うけどねー。

クビ発覚事件

以下がその切っ掛けになったじじ犬との会話。

「若いの、知っとるか」

「何が?」

「斜向いのデカイのがおるだろう」

「田中さん(仮名)か?」

「そうそう。あいつは怪しいぞ」

「何でなん?」

「あいつ、朝に家を出た後、山師野町(仮名)で見かけた」

「別にえーやん。仕事中やったかも」

「有り得ん。ここ4日ほど見てたがおかしい」

「…最近、昼飯も食わずに家を出ていると思えば、出歯亀やってたんか」

「そう言うな。お前だってワシをほっといて大学に行ってるだろう。暫くは様子見だなぁ」

それから一ヶ月くらい経った頃かな。また声を掛けられて…。

「若いの。判ったぞ」

「何よ?」

「斜向いのデカイの、仕事が失くなったようだな」

「マジで?」

「何もせずぼーっとしとる。ありゃ確実だ」

「はー。なるほど」

「お前もああなってはいかんぞ」

その日の晩、おかんとメシを食っていた時うっかり、

「田中さん、クビなったらしいなぁ」

「そうなん!? あらー、ホンマぁ~。嫌やわ~」

というような会話をしてしまい…。

その次の週くらいに、おかんが田中さん家の嫁さんに、

「ご主人お仕事失くされたらしいですなぁ? お気の毒に…何でも力になるわぁ!」

と親切心バリバリで言ったところ、嫁さんはそんな事は知らず、その日の晩は罵声と怒号が飛び交いましたとさ。

その後の投稿

結構みんな喜んでいて嬉しい私とじじ犬の話ですが、何かエピソードと言われましてもあんまり無いんですよねぇ…。

何と言うか普通にじいさまとダラダラ喋っているのとさして変わらないというのがその理由なのかな。

偶に『あー、このじじいはやっぱり犬だな』と思う事があるけど。例えば「肉が食いたい」と言われた時とか。

正直クビ発覚事件くらいしか書く事が無いんですよ。

霊が見えたりすりゃネタにはなるんですが…生憎普通の犬だし。

そもそも何で俺は毎度犬と喋っている夢を見るんかね?

でも最近、意外な発見はあったな。犬を飼っている人向け。

ほねっこ

ほねっこってあるでしょ? アレの話なんだけど。

「若いの」

「何よ?」

「毎度貰ってるメシに注文付けて悪いんだが」

「うん」

「骨が欲しい。偽物の奴は嫌だ」

「あー、ほねっこ?」

「何というか知らんが昨日食べた奴」

「あー、ほねっこだわ」

「そのほねっこな、何か悲しいから本物の方にしてもらいたいんだが」

「ほう。でもあんた、喜んで食べてたやん?」

「何か噛み付かずにはいられんというか。それでも騙された感があって空しいのだ」

「さいかー。でも俺らもそんな感じやで?」

「そうなんか? 毎度色々美味そうに食ってるように見えるが」

「いや、そういう偽モン系よくあるで。カニカマとか」

「何じゃそれは」

「カニっぽいけど魚な食べ物」

「ほー。若いの。それよく食べとるのか?」

「割とよく食うなぁ。小腹減った時とか」

「ほう。みんなそれなりに苦労を抱えてるんだなぁ。我慢する」

「苦労ってほどやあらへんけど…まあ、おかんに言うとくわ」

「よろしゅうたのむ」

だそうで、ほねっこは空しいらしいです。

出来るだけ本物の骨をあげてください。個人差はあると思うけど…。

鳥の骨はダメですよ?

関連記事

前世を詳細に語る幼児

「前世」というものの概念すらないであろう幼い子が、突然それを語り始めて親を驚かせたという話が稀にある。米国では今、オハイオ州の幼い男の子が自分の前世を語り、それが1993年に起…

犬(フリー素材)

犬の気持ち

俺が生まれる前に親父が体験した話。親父がまだ若かった頃、家では犬を飼っていた。散歩は親父の仕事で、毎日決まった時間に決まったルートを通っていたそうだ。犬は決まっ…

茶封筒

不思議な預かり物

これは大学の先輩が体験した実話。その先輩は沖縄の人で、東京の大学の受験のため上京していた時のこと。特に東京近郊に知り合いもいなかったので、都内のホテルに一人で宿泊してい…

テレビの記憶

これは昔、NHKで地方の紹介をする番組で放送されました。それは祭りとか風習とかで毎週一つの土地をクローズアップして紹介する番組だったのですが、一度ある雪深い地方が紹介された時、…

爺ちゃんとの秘密

俺は物心ついた時から霊感が強かったらしく、話せるようになってからは、いつも他の人には見えない者と遊んだりしていた。正直生きている者とこの世の者ではないものとの区別が全くつかなか…

居間のブラウン管テレビ(フリー写真)

神様の訪問

小さい時は親が共働きで、一人で留守番をする事がよくあった。特に小学校の夏休みなど、日中は大体一人で家に居た。小学4年生の夏休みの事だ。トイレに行って居間へ戻った…

新聞受けから…

これは俺が2年前の6月14日に体験した本当の話です。俺が前住んでたアパートでの出来事。その日、俺はバイトで疲れて熟睡していた。「ガタガタッ」という異様な音で俺が目を覚ま…

セブンイレブン

未来のお店

俺が6歳の頃の話。当時の俺は悪戯好きで、よく親に怒られていた。怒られたら泣きながら「こんな家出てってやるー」と言って家出し、夕御飯には帰って来るということがよくあった。…

エスカレーターの中の母娘

とあるヨーロッパの国に留学してた時の話を。まあ言葉もままならない頃、よく日本人の友達を家に呼んで飲んでたんだが。俺の家は屋根裏で、大き目の丸窓から地下鉄の出口が見える。…

呼び寄せられた仲間

僕が大学生のころ。あれは確か昭和63年12月の出来事でした。同じ高校の友達と2人で神戸三宮に出ていたら、別の高校卒業以来の友達と出くわした。 「おお、久々じゃないか」となって…