電話受信のバイト

a328ab1b

数年前、まだ大学生の頃に電話受信のバイトをしていた。

クレームなども偶にあるけど、基本受信だから殆どは流れ作業ね。

通信教育の会社なので一番多いのは解約かな。あとは教材の発送に関する問い合わせとか…。

俺達バイトの電話は、会社の人がモニタリング出来るようになっていて、もし電話が長引いていたりするとチェックが入るのね。

俺は職場に居て長いのとそこそこ成績も良かったから、バイトを始めて3年目の大学3年の頃には、バイトの中で一番偉いチームリーダー的存在になっていて、モニタリングの権限も与えられていた。

その日、女の子の電話が20分を超えていた。

女の子の方を首伸ばして見ると、ヘッドセットのイヤホン部分に耳を当てながら、凄く真剣な顔をして頷いている。

何か面倒なクレームが入ったかなと思いその子の電話をモニタリングしたら、男の子からの電話で、とにかく泣きじゃくりながら、

『…で、いじめるんです、ほんとです。

煙草を身体に当てたり、お湯をかけられたして痛いです。

でも、誰かにいったらもっと怒られるのでいえません。

先生にもいえません。

今は寝てます。助けてください』

みたいなことを言っている。

顧客番号を入力していないのもあってこちらでは何も判らないから、女の子が頷きながら一生懸命名前や住所を聞き出そうとしているのだけど、殆どパニック状態で小声で泣き叫んでいる状態。

話の内容がマジで深刻になってきたので、これはまずいなと思い上司に相談しようとしたら『うわぁぁぁー!』と男の子が甲高く泣き叫び、慌ててヘッドセットを戻した。

そしたら、叫ぶような声と物を叩く声が何度か聞こえた後、鼻息がふーふーしている女の人(多分お母さん)が出て、

『私が何をしようと勝手でしょ!!

私のモノなんだから!!!!あぁ!?

電話はなかったことにしてちょうだい!

ふー…この子は私が殺しておきます』ガチャ。

それで電話が切れた。マジで怖かったよ…。

ちなみに、女の子は次の日に退職届を持って来た。

後悔

今日ここで、私が9年前から苦しめられ続けている後悔と恐怖の記憶を、この話を見た人にほんの少しづつ、持って行ってもらえれば良いなと思い、ここにこうして書かせてもらいます。 実際に何…

ガソリンスタンド

ある若い男がガソリンスタンドに行った。 車の窓拭きをしてくれている店員が、凄い顔で車の中を睨んでくる。 クレジットカードで会計をしたら、このカードは不正だから降りろといわれ…

お葬式

数年前、深夜の0時頃に、その頃付き合ってたSから電話が掛かってきた。 切羽詰まったような声と口調で、話の内容がいまいち理解出来ない。 外にいるみたいなので、取り敢えず家まで…

くねくね

これは小さい頃、秋田にある祖母の実家に帰省した時のことである。 年に一度、お盆にしか訪れる事のない祖母の家に着いた僕は、大はしゃぎで兄と外に遊びに行った。やっぱり都会とは空気が違…

呪いの連鎖(長編)

呪いって本当にあると思うだろうか。 俺は心霊現象とかの類は、まったく気に留める人間じゃない。だから、呪いなんか端から信じていない。呪いが存在するなら、俺自身この世にはもう居ないは…

警察官(フリー写真)

首が無い警官

私はある離島の駐在所に勤務しております。 この駐在所に来る前は、派出所に勤務しておりました。 田舎に住む事になりましたが、私は不運だったと思っていません。 職住接近…

新宿地下道

3ヶ月程前の出来事。新宿の某百貨店の地下道を通って某大型書店へ通じる地下道があるのだが、その道を歩いていた時の事。 通路に入って暫らく歩いていると、床と壁の間くらいのところに人間…

割れたスイカ

あれは10年くらい前の暑い夏の日でした。 俺は仕事で車を運転していて、それまで順調に流れていたのに急に渋滞し始めた。 『くそー、なんだよ…』 渋滞しているけど、ゆっく…

生き延びた男

これは本当にあった事件の話で、ある精神病院に隔離された事件の生存者の話です。 なので細部が本当なのか狂人の戯言なのかは分かりません。 しかし事件そのものは実際に起こり、北海…

小屋の二階

俺がまだ大学生だった頃、サークルの仲間と旅行に行った。 メンバーの殆どが貧乏学生だったので、友達に聞いた安い民宿で泊まることにした。 民宿のすぐ隣に古い小屋みたいな建物が建…