電話受信のバイト

a328ab1b

数年前、まだ大学生の頃に電話受信のバイトをしていた。

クレームなども偶にあるけど、基本受信だから殆どは流れ作業ね。

通信教育の会社なので一番多いのは解約かな。あとは教材の発送に関する問い合わせとか…。

俺達バイトの電話は、会社の人がモニタリング出来るようになっていて、もし電話が長引いていたりするとチェックが入るのね。

俺は職場に居て長いのとそこそこ成績も良かったから、バイトを始めて3年目の大学3年の頃には、バイトの中で一番偉いチームリーダー的存在になっていて、モニタリングの権限も与えられていた。

その日、女の子の電話が20分を超えていた。

女の子の方を首伸ばして見ると、ヘッドセットのイヤホン部分に耳を当てながら、凄く真剣な顔をして頷いている。

何か面倒なクレームが入ったかなと思いその子の電話をモニタリングしたら、男の子からの電話で、とにかく泣きじゃくりながら、

『…で、いじめるんです、ほんとです。

煙草を身体に当てたり、お湯をかけられたして痛いです。

でも、誰かにいったらもっと怒られるのでいえません。

先生にもいえません。

今は寝てます。助けてください』

みたいなことを言っている。

顧客番号を入力していないのもあってこちらでは何も判らないから、女の子が頷きながら一生懸命名前や住所を聞き出そうとしているのだけど、殆どパニック状態で小声で泣き叫んでいる状態。

話の内容がマジで深刻になってきたので、これはまずいなと思い上司に相談しようとしたら『うわぁぁぁー!』と男の子が甲高く泣き叫び、慌ててヘッドセットを戻した。

そしたら、叫ぶような声と物を叩く声が何度か聞こえた後、鼻息がふーふーしている女の人(多分お母さん)が出て、

『私が何をしようと勝手でしょ!!

私のモノなんだから!!!!あぁ!?

電話はなかったことにしてちょうだい!

ふー…この子は私が殺しておきます』ガチャ。

それで電話が切れた。マジで怖かったよ…。

ちなみに、女の子は次の日に退職届を持って来た。

関連記事

盗んだ傘

心霊話じゃないけど…ある大学でずっと前に起きた話。A君は大学の野球部のレギュラー投手でした。体格は良く、身長は180cmを超える大柄な青年です。テストの時期が迫…

田舎の夕焼け(フリー素材)

辰眼童(シマナオ)さま

もう8年前になるかな…。当時はまだ高校生で、夏休みの時期でした。6年ぶりに遠くに住んでる祖父母に会うと父が言いました。俺は夏休みもそろそろ終わりで、遊ぶ金も使い…

アパート

早く早く

かなり昔、私が小学校2、3年の頃の事です。当時家族でアパートに住んでいたのですが、隣に新婚さん夫婦が引越して来ました。彼等は二人とも小学校の教師という事で、とても優しく…

マイナスドライバー

そんなに怖くないのですが聞いてください。私がまだ4~6歳の頃の話です。当時、私の家には風呂が無く、よく母親と銭湯に行っていました。まだ小さかったので、母と女湯に…

ポコさん

私の住んでいた家の近くの公園には、いつもポコさんという大道芸人みたいなおじさんが週に3回来ていた。顔は白粉か何かで白く塗り、眉毛は太く塗り、ピエロの様な格好でいつもニコニコして…

胸騒ぎ

小学校のころ、塾の先生に聞いた話です。その先生は現役の大学生で、その大学の友人に妙な体質の人がいたそうです。仮にその友人Aさんとしますが、彼はごくたまにものすごく胸騒ぎ…

木造アパート(フリー写真)

猿ジイ

私が小学生の頃に体験した話。当時は通学路の途中に、子供達から『猿ジイ』と呼ばれている変なお爺さんが住んでいた。年中寝間着姿で、登校中の小学生の後ろをブツブツ言いながら、…

介護の闇

家には痴呆になった祖母がいる。父方の祖母だが、痴呆になる前も後も母とは仲が良く、まめに面倒を見ている。これは年末の深夜の話。祖母の部屋から、何やらぼそぼそと呟く…

一軒家(フリー素材)

呪いの部屋

以前、井戸の底のミニハウスと、学生時代の女友達Bに棲みついているモノの話を書いた者です。またこれの続きの話が新しく舞い込んで来ました。 ※ 以下はこれまでの状況説明になりま…

六甲山ハイウェイの死神

私には「霊感」という物が全く無く、またそういった類の物も信じてはおりませんでした。「見える」という友人から霊の話を聞いていても、自分に見えないと存在が解らないし、また友人が私を…