十和田湖の竜神様

公開日: 不思議な体験

十和田湖(フリー写真)

十和田湖をご存知ですか?

十和田湖周辺は大きなオオクワガタが採れる事で有名で、初夏にワクワクしながら一人、自炊車泊旅行に向かった。

湖はとても透明度が高く、暑かったから湖に飛び込んだ。

かなり深い湖底を見た時はパニックになって溺れるところだったが、足元に大きな丸太みたいなものが現れ、俺を浮かせて浅瀬まで運んでくれた。

大きな蛇が反射する湖面から見えた時は鳥肌が立った。

近くの漁師さんに、

「ネッシーのような噂を十和田湖で聞いたりりしますか?」

と聞いたら、湖でクネクネした灰色の竜神様が、五月にワカサギの群れを追い掛けるのを見た人もいるらしい。

続けて、

「竜神様は見た人間の一番嫌いな奴を殺すんだ」

と言われ、色々あって恨んでいた母親を考えたら泣きたくなり、助けてと願いまくっていた。

ちなみに一泊もせずに帰った嫌な旅行だった。

連休明け、会社へ行く朝に母親が倒れたという連絡が来た。

あの出来事のせいだと思い、すぐ田舎に帰省した。

昔からガンの治療をしていた母親の治療費が馬鹿にならず、結婚も諦め死にたいと願っていた時もあった。

母親が苦しんでる姿を見た時、どうせ生きる意味が無い俺の命をあげて生きて欲しいと願っていた。

8時間後、何やら慌ただしい声が病室から聞こえた。

医者が『あれ?』と不思議な顔をしている。

母親は治療室へ運ばれた。

2時間ほど経つと医者が来て、

「お母様の転移したガンが小さくなっている」

と言う。

「お母様のガンがどんどん小さくなっているんです。こんな事は初めてです」

2週間後に母親のガンが小さくなり、最終的に無くなると言う有り得ない事が起こり退院した。

母は今も元気で、春にはフキノトウのバッケ味噌を送ってくれたり、嫁の家族が開業医で保険はこれが良いなど教えてくれて、昔のように苦しい思いは無くなった。

竜神様を見た人間は一番嫌いな者を殺す。

それを聞いた時は恐ろしいと思ったが、俺を救ってくれた。

今思えば、十和田湖へ旅行に行く切っ掛けは、夢でその湖の上を飛んで感動したからだ。

長野の人間を十和田湖の竜神様が救ってくれた意味は判らないけど、俺が手掛けた遊覧船が今年、十和田湖で入水する。

関連記事

帰り道

足が欲しい

大学時代、一つ上の先輩から聞いた話。小学4年生の頃、学校からの帰り道にいつも脇道から出てくる中年の男性がいた。しかも常に彼女がその脇道を通りかかる時に出てきて、ぼんやり…

友子が二人

一人で繁華街を歩いていると、ガラス張りのカフェ店内の窓際席に一人でいる友子を見つけた。友子の携帯に電話して驚かせようとしたが、友子は電話に気付かない。じっと座り、目を左…

山(フリー写真)

一つ目のおじちゃん

子供の頃、家族で山に行ったことがある。山に着いたのはまだ朝方で、霧が辺りを覆っていた。僕は親の言い付けを守らず、一人で山中に歩き入り、当然のように迷子になってしまった。…

明け方(フリー写真)

顔の見えない母親

あれはまだ自分が4歳の頃、明け方の4時ぐらいの出来事。明け方と言ってもまだ辺りは暗く、周りはぼんやりとしか見えない。ふと気付くと俺はベッドの上に立たされていて、母親に怒…

ドア(フリー写真)

隠れたドア

中学生の時、腕を骨折して通院している時期があった。ある日、病院内でジュースを買おうと、通路の行き止まりにある自販機まで行くと、二つあった自販機の横の壁にドアがあることに気付いた…

セブンイレブン

未来のお店

俺が6歳の頃の話。当時の俺は悪戯好きで、よく親に怒られていた。怒られたら泣きながら「こんな家出てってやるー」と言って家出し、夕御飯には帰って来るということがよくあった。…

んーーーー

現在も住んでいる自宅での話。今私が住んでいる場所は特にいわくも無く、昔から我が家系が住んでいる土地なので、この家に住んでいれば恐怖体験は自分には起こらないと思っていました。 …

女の誘い(宮大工8)

お伊勢参りの翌年、梅が開き始める頃。山の奥にあるお稲荷様の神主さんから、お社の修繕依頼が入った。そう、弟弟子の一人が憑かれたあのお稲荷様の社だ。親方に呼ばれ、 …

私はアリス

信じてもらえないかも知れない。でも当人が一番混乱してるんだ。ちょっと長くなるけど聞いてくれないか。家に帰ったら母親が風邪で寝込んでいた。甲斐甲斐しく世話をする俺。まあ、…

霧島駅

実際にその駅には降りていないし、一瞬の出来事だったから気の迷いかもしれないけど書いてみようと思う。体験したのは一昨日の夜で、田舎の方に向かう列車の中だった。田舎と言って…