身代わり

公開日: 心霊ちょっと良い話

零戦(フリー写真)

今年大往生した母方の祖父ちゃんは、零戦乗りだった。

戦中予科上がりだけど特乙や特丙よりも前に出たので、それなりに操縦士の中でもエリート意識はあったらしく、飛行時間をよく自慢していた。

こちらから聞けば積極的に当時の話を聞かせてくれた。

その中で印象に残っている話を一つ。

1944年、祖父ちゃんは台湾海軍航空隊に所属していて、台湾に住んでいた。

本土から呼ばれて宿舎に空きが無かったので、基地近くの台湾人の人の家に下宿していた。

その家には台湾人の老夫婦が住んでいて、いつもとても良くしてくれるので、小さな頃に母親を亡くしていた祖父ちゃんも嬉しかったらしい。

それで奥さんの方を「台湾のお母さん」と呼び、親孝行の真似事などもしていたらしい。

ある夏の暑い盛り、いつも元気なお母さんが寝込むようになった。

祖父ちゃんも心配し、薬を工面して渡していたりしたらしいのだが、なかなか回復しない。

ある日、枕元に座っていたら、お母さんがこんなことを言った。

「実は飛曹(祖父ちゃんは他の人から○○飛曹と呼ばれていた)さんが撃ち落されて戦死する夢を見たことがあった。

夢見が悪いだけかとも思ったが、もし正夢だったら大変だ。折角できた息子が死んでしまう。

なので神様にお願いしたら、代わりが要ると言われたので、私と代えてもらうようよくよく頼んだ。

私はもうすぐ死ぬが、これで飛曹さんは大丈夫だ」

祖父ちゃんは、きっと病気で気弱になったのだろうと思って、

「大丈夫ですよ」

と答えたそうだ。

旦那さんに聞いてみると、

「『敵を沢山撃墜できますように』のようなお願いの方が軍人さんらしいが、うちの神様は『敵を殺したい』のような悪いお願いはしてはいけない」

と答えた。

それから10月の台湾沖航空戦。台湾海軍航空隊も米軍迎撃のために出撃。

結果は知っての通り壊滅だ。祖父ちゃんの同期も殆どが未帰還になった。

祖父ちゃんも撃墜されたが、機が火を噴かず落ちて、幸運にも着水脱出。

とは言え、島影も見えない海のど真ん中にプカプカと浮かんでる状態だ。

このまま漂流して死ぬのかと思っていると、何と台湾から出漁していた漁船が通りかかったので、

「日本人だ!助けてくれー!」

と叫び、引き上げてもらい無事生還。

下宿に帰ってみると、お母さんは亡くなっていた。

旦那さんに尋ねると、ちょうど祖父ちゃんが出撃して飛んでいる時に亡くなったそうだ。

何の神様に祈ったのかは判らない。

見覚えのある手

10年前の話だが、俺が尊敬している先輩の話をしようと思う。 当時、クライミングを始めて夢中になっていた俺に、先輩が最初に教えてくれた言葉だ。 「ペアで登頂中にひとりが転落し…

皺のある手(フリー写真)

青いみかん

小学2年生まで自分は感情の起伏の無い子供だったらしく、両親がとても心配し、よく児童相談所や精神科のような所へ連れて行っていた。 その時も面倒臭いとも楽しいとも思った事は一切無く、…

おばあさんの手(フリー写真)

嫁姑

10年程前、祖母が死去。死因は肺炎。寝たきりの老人の方には多いらしい。 祖母は亡くなる三年程前から痴呆が始まり、徘徊したり家中で排泄したり大声を出したり、それは大変だった。 …

携帯電話を持つ女性(フリー写真)

家族からの電話

これはある一人暮らしの女の子が、うつ病になった時に体験した不思議な話です。 その女の子は人間関係が原因で仕事を辞め、殆ど引き篭もり状態になり、毎日死にたいと思うようになっていたそ…

白い影

当時、私は精神的に荒んでいて、よく大型バイクをかっ飛ばしたりしていました。 その日もバイクで走っていたのですが、広めの幹線道路は渋滞していました。 そこで、道の左端をすり抜…

犬(フリー画像)

愛犬との最期のお別れ

私が飼っていた犬(やむこ・あだ名)の話です。 中学生の頃、父の知り合いの家で生まれたのを見に行き、とても可愛かったので即連れて帰りました。 学校から帰ると毎日散歩に連れ出し…

ビル(フリー写真)

お迎え

二ヶ月前、以前在籍していた会社の社長が亡くなった。 就職の決まらなかった私を拾ってくれて、生まれて初めての『回らない寿司』を食べさせてくれた。 癌で入院しているのは知って…

バーベキュー(フリー写真)

未来の夢

小児白血病だったK君の話です。 K君は三度目の再発でした。急速に増えて行く白血病細胞の数。 ドクターはK君のご両親に、 「化学療法のみの延命治療なら持って後3ヶ月、残…

手を繋ぐ(フリー写真)

おじいちゃんの短歌

高校の時、大好きなおじいちゃんが亡くなった。 幼い頃からずっと可愛がってくれて、いつも一緒に居てくれたおじいちゃんだった。 足を悪くし、中学の頃に入院してから数ヶ月、一度も…

糸と縫い針(フリー写真)

祖母の糸切りばさみ

20年程前の話。田舎で祖母が亡くなった時のこと。 母方の実家は地元では名士で、医者でも教師でもないのに、祖父は周りから先生と呼ばれていた。 そういう人なので、あちこちに愛人…