身代わり

公開日: 心霊ちょっと良い話

零戦(フリー写真)

今年大往生した母方の祖父ちゃんは、零戦乗りだった。

戦中予科上がりだけど特乙や特丙よりも前に出たので、それなりに操縦士の中でもエリート意識はあったらしく、飛行時間をよく自慢していた。

こちらから聞けば積極的に当時の話を聞かせてくれた。

その中で印象に残っている話を一つ。

1944年、祖父ちゃんは台湾海軍航空隊に所属していて、台湾に住んでいた。

本土から呼ばれて宿舎に空きが無かったので、基地近くの台湾人の人の家に下宿していた。

その家には台湾人の老夫婦が住んでいて、いつもとても良くしてくれるので、小さな頃に母親を亡くしていた祖父ちゃんも嬉しかったらしい。

それで奥さんの方を「台湾のお母さん」と呼び、親孝行の真似事などもしていたらしい。

ある夏の暑い盛り、いつも元気なお母さんが寝込むようになった。

祖父ちゃんも心配し、薬を工面して渡していたりしたらしいのだが、なかなか回復しない。

ある日、枕元に座っていたら、お母さんがこんなことを言った。

「実は飛曹(祖父ちゃんは他の人から○○飛曹と呼ばれていた)さんが撃ち落されて戦死する夢を見たことがあった。

夢見が悪いだけかとも思ったが、もし正夢だったら大変だ。折角できた息子が死んでしまう。

なので神様にお願いしたら、代わりが要ると言われたので、私と代えてもらうようよくよく頼んだ。

私はもうすぐ死ぬが、これで飛曹さんは大丈夫だ」

祖父ちゃんは、きっと病気で気弱になったのだろうと思って、

「大丈夫ですよ」

と答えたそうだ。

旦那さんに聞いてみると、

「『敵を沢山撃墜できますように』のようなお願いの方が軍人さんらしいが、うちの神様は『敵を殺したい』のような悪いお願いはしてはいけない」

と答えた。

それから10月の台湾沖航空戦。台湾海軍航空隊も米軍迎撃のために出撃。

結果は知っての通り壊滅だ。祖父ちゃんの同期も殆どが未帰還になった。

祖父ちゃんも撃墜されたが、機が火を噴かず落ちて、幸運にも着水脱出。

とは言え、島影も見えない海のど真ん中にプカプカと浮かんでる状態だ。

このまま漂流して死ぬのかと思っていると、何と台湾から出漁していた漁船が通りかかったので、

「日本人だ!助けてくれー!」

と叫び、引き上げてもらい無事生還。

下宿に帰ってみると、お母さんは亡くなっていた。

旦那さんに尋ねると、ちょうど祖父ちゃんが出撃して飛んでいる時に亡くなったそうだ。

何の神様に祈ったのかは判らない。

関連記事

教室と黒板(フリー写真)

最後の宿題

俺の友達は、昔風に言えばヤンキーだった。高校もろくに行かず、友達と遊び回っていたそうだ。先生達は皆サジを投げていたそうだが、友達の担任の教師だけはそうではなかった。 …

空(フリー写真)

爺さんの教え

学生の時、爺さんが末期癌でこの世を去った。悲しかった。ただ、葬式では泣かなかった。泣けなかった。「人前で泣くな」が爺さんの教えだったから。 ※ 数日後、母か…

雑炊

妻の愛

ようやく笑い飛ばせるようになったんで、俺の死んだ嫁さんの話でも書こうか。嫁は交通事故で死んだ。ドラマみたいな話なんだが、風邪で寝込んでいた俺が夜になって「みかんの缶詰食…

赤ちゃんの手(フリー写真)

亡くなったはずの両親

私が12歳の時、両親が他界した。私には三つ年下の弟が居たのだが、それぞれ別々の親戚に引き取られた。一ヶ月も経たないうちに親戚の私に対する態度は冷たくなり、私は高校進学を…

戦闘機(フリー写真)

護衛機

爺ちゃんから聞いた話。俺の爺ちゃんは戦争中、爆撃機で司令官を運ぶパイロットだった。もちろん護衛に戦闘機を引き連れてだけど。戦争で戦友が次々死んで行く中で、爺ち…

千羽鶴(フリー写真)

お見舞い

俺は中学と高校の時、寮に入っていた。その時の出来事。その寮では夜に自習時間というのがあり、自習は自習棟という、宿泊棟とは別の建物で行われていた。ある日、Tという後輩が自…

三宅太鼓(フリー写真)

三宅木遣り太鼓

八月初旬。夜中に我が家の次男坊(15歳)がリビングでいきなり歌い出し、私も主人も長男(17歳)もびっくりして飛び起きました。主人が「コラ!夜中だぞ!!」と言い、電気を点…

消防車の玩具(フリー写真)

おもちゃの消防車

この話を知っている方も多いかと思いますが、投稿します。これは毎日新聞の記者さんが実際に聞き、掲載したお話です。ある日の雨の降る夜、会社から家路を急いでいたAさんが、田…

体温計(フリー写真)

太いお姉ちゃん

去年の話なのだが、5歳の娘が急に高熱を出し、慌てて近くの病院へ連れて行った。そして風邪と診断され、処方された薬を3日間飲ませていたが、症状は一向に良くならず。『ひょっと…

愛猫の最後の挨拶

うちの両親が体験した話。もう20年も前の夏のことです。私達兄弟が夏休みを利用して祖父母の家に泊まりに行っていた夜、当時とても可愛がっていた猫がいつまで経っても帰ってこな…