身代わり

公開日: 心霊ちょっと良い話

零戦(フリー写真)

今年大往生した母方の祖父ちゃんは、零戦乗りだった。

戦中予科上がりだけど特乙や特丙よりも前に出たので、それなりに操縦士の中でもエリート意識はあったらしく、飛行時間をよく自慢していた。

こちらから聞けば積極的に当時の話を聞かせてくれた。

その中で印象に残っている話を一つ。

1944年、祖父ちゃんは台湾海軍航空隊に所属していて、台湾に住んでいた。

本土から呼ばれて宿舎に空きが無かったので、基地近くの台湾人の人の家に下宿していた。

その家には台湾人の老夫婦が住んでいて、いつもとても良くしてくれるので、小さな頃に母親を亡くしていた祖父ちゃんも嬉しかったらしい。

それで奥さんの方を「台湾のお母さん」と呼び、親孝行の真似事などもしていたらしい。

ある夏の暑い盛り、いつも元気なお母さんが寝込むようになった。

祖父ちゃんも心配し、薬を工面して渡していたりしたらしいのだが、なかなか回復しない。

ある日、枕元に座っていたら、お母さんがこんなことを言った。

「実は飛曹(祖父ちゃんは他の人から○○飛曹と呼ばれていた)さんが撃ち落されて戦死する夢を見たことがあった。

夢見が悪いだけかとも思ったが、もし正夢だったら大変だ。折角できた息子が死んでしまう。

なので神様にお願いしたら、代わりが要ると言われたので、私と代えてもらうようよくよく頼んだ。

私はもうすぐ死ぬが、これで飛曹さんは大丈夫だ」

祖父ちゃんは、きっと病気で気弱になったのだろうと思って、

「大丈夫ですよ」

と答えたそうだ。

旦那さんに聞いてみると、

「『敵を沢山撃墜できますように』のようなお願いの方が軍人さんらしいが、うちの神様は『敵を殺したい』のような悪いお願いはしてはいけない」

と答えた。

それから10月の台湾沖航空戦。台湾海軍航空隊も米軍迎撃のために出撃。

結果は知っての通り壊滅だ。祖父ちゃんの同期も殆どが未帰還になった。

祖父ちゃんも撃墜されたが、機が火を噴かず落ちて、幸運にも着水脱出。

とは言え、島影も見えない海のど真ん中にプカプカと浮かんでる状態だ。

このまま漂流して死ぬのかと思っていると、何と台湾から出漁していた漁船が通りかかったので、

「日本人だ!助けてくれー!」

と叫び、引き上げてもらい無事生還。

下宿に帰ってみると、お母さんは亡くなっていた。

旦那さんに尋ねると、ちょうど祖父ちゃんが出撃して飛んでいる時に亡くなったそうだ。

何の神様に祈ったのかは判らない。

体温計(フリー写真)

太いお姉ちゃん

去年の話なのだが、5歳の娘が急に高熱を出し、慌てて近くの病院へ連れて行った。 そして風邪と診断され、処方された薬を3日間飲ませていたが、症状は一向に良くならず。 『ひょっと…

千羽鶴(フリー写真)

お見舞い

俺は中学と高校の時、寮に入っていた。その時の出来事。 その寮では夜に自習時間というのがあり、自習は自習棟という、宿泊棟とは別の建物で行われていた。 ある日、Tという後輩が自…

夫婦の手(フリー写真)

あの世とこの世

若くして亡くなった夫は、美術的な才能のある人でした。 でも息子は小学生の頃から図画の授業は全然ダメ。 その点は父親に似なかったんですね。顔も似ていません。 性格はよ…

夜の海(フリー素材)

ばあちゃんのまじない

部活の合宿で、他の学校の奴も相部屋で寝ていた時の事。 ある奴が急に魘され、布団の上でのた打ち回り始めた。起こそうとしても全然起きない。そのまま魘され続ける。 起きている奴等…

母の手(フリー写真)

お袋の笑み

誰が言ったか忘れたが、男が涙を見せて良いのは、財布を落とした時と母親が死んだ時だけだそうだ。 そんな訳で、人前では殆ど泣いたことの無い俺が生涯で一番泣いたのは、お袋が死んだ時だっ…

犬(フリー写真)

愛犬の不思議な話

小学生の頃、ムギという名前の茶色い雑種犬を飼っていた。 家の前をウロウロしていたのを父が拾ったのだ。その時は既に成犬だった。 鼻の周りが薄っすらと白い毛に覆われていたので、…

四つ葉のクローバー(フリー素材)

おじさんの予言

あれは11年前、某ビール会社の販促員のパートをしている時に、ある酒屋に伺った時のことです。 二回目にその酒屋へ訪問の際、お店の娘さんに 「あなたに膜のようなものが掛かって見…

カップル(フリー素材)

恋人との思い出

怖いと言うより、私にとっては切ない話になります…。 私が高校生の時、友達のKとゲーセンでレースゲームの対戦をして遊んでいました(4人対戦の筐体)。 その時、隣に二人の女の子…

民宿の一室(フリー写真)

あの時の約束

長野県Y郡の旅館に泊まった時の話。 スキー場に近い割に静かなその温泉地がすっかり気に入り、僕は一ヶ月以上もそこに泊まったんです。 その時、宿の女将さんから聞いた話をします。…

猫の親子(フリー写真)

魔法の絆創膏

俺がまだ幼稚園生だった頃の話。 転んで引っ掻き傷を作って泣いていたら、同じクラスのミヤちゃんという女の子に絆創膏を貰ったんだ。 金属の箱に入ったもので、5枚くらいあった。 …