知らない道路標識

公開日: 異世界に行った話

山道(フリー写真)

小学2年生の頃、仲の良かったタケシと一緒に、虫採りに学校の裏山へ行った。

その山は俺達の遊び場で、隅から隅まで知っている。まあ、山と言うより、中規模の雑木林のような感じだ。

突然タケシが、

「赤い蝶がいた!」

と言い走り出した。俺もすぐにその後を追う。

夢中で走って、息が切れた頃にタケシが立ち止まった。

「タケちゃん。どうした? 逃げられちゃった?」

「ああ、逃げられた。凄く大きな蝶だったぜ!」

その後も赤い蝶を探して歩いたが、とうとう見つからなかった。

日も暮れ始め、そろそろ帰ろうかということになり、帰り道を歩き始めた。

その山では『夕日に向かって歩く』という掟がある。

夕日に向かって歩けば道路に出られるからだ。

もし迷子になっても、夕日に向かって歩けば絶対に道路に出るという地形になっていた。

しかし、その時の俺達にはそんな掟は不要だった。

この山は知り尽くしている。だから迷子になって夕日を頼りにすることなんて有り得ない。

俺達はゲームの話をしながら歩いていた。

「あれ? 何これ?」

どういう訳か、通行止めの標識が立っている。道路なんて無い山の中にだ。

その時は道路標識がどういうものか知らない。今までこんな物は絶対になかった。

「何だろ? 道、間違ったかな?」

「そんな訳ないよ」

「でも、こんな道知らないぜ」

「…確かに見たこと無いね。迷子?」

「ちょっと、戻ってみよう」

危機感の欠片も無く、後戻りしてみる。

しかし、戻れど戻れど知らない風景。こんなことは有り得ない。

「え~!ここどこ?」

タケシが泣きそうになっていた。俺もこんな所は来たことがない。

取り敢えず、夕日の方向に歩き始めた。それがここの掟だ。

段々と日が暮れてきた。

夕日に向かって歩くと、すぐに道路に出た。

そのままタケシと別れ、俺の家まであと500メートルくらいの場所まで歩くと、後ろからタケシが物凄い勢いで走って来た。

話を聞くと、タケシの家で葬式が行われているらしい。

驚いて家に帰れず俺を追い掛けて来たと言う。

タケシにせがまれ、俺も一緒にタケシの家に行った。

本当に葬式が行われていた。

亡くなったのはタケシのお兄さんだった。

しかしタケシの家の前には誰もいない。鍵も掛かっていて、家に入れない。

泣きじゃくるタケシを連れて、取り敢えず俺の家に連れて来た。

「ただいまー」

と家のドアを開けるなり、オヤジが飛んで来た。

キョトンとしている俺を見るなり、平手打ちが飛んで来た。

そのまま家の中に連れて行かれ、散々に怒られた。

どうやら俺とタケシは、2日間行方不明になっていたらしい。

事情を話しても信じてもらえなかった。タケシの家で葬式などなかったと言われた。

それから一ヶ月は外に遊びに行けなかった。

ようやく謹慎処分が解けた後、タケシと山に行ったが、あの道路標識はなかった。

関連記事

ワームホールの出現

私が二十歳になって初めての選挙の時のことだから9年程前の話です。その日の朝、初めての選挙で投票に行ったんです。投票所が私の母校の小学校の体育館で、そこに入るのは卒業式以…

ドア(フリー写真)

見知らぬ場所

子供の頃の体験談を一つ書いてみる。幼稚園くらいの話だけど、今も鮮明に覚えている。祖父の家が結構近くて頻繁に家族で通っていたのだけど、祖父の家は関東で、田舎でもなければ…

アクァッホ(長編)

多分信じてもらえることはないだろうから、そういう創作物として見てくれれば幸い。まず交流に使った方法はチャネリング(日本でいうところの口寄せの術)。たまたま適当にネット漁…

謎の駅と老人の地図

俺は5年前、大学1年の時に重い精神病を患った。最初は何となくやる気が起きないことから始まったんだが、そのうち大学の構内とか、人込みの中とかで、俺の悪口が聞こえるようになったんだ…

時間停止

小学生の時の話。昼休みの校庭で、10秒ほど周囲が1/10秒シャッターで写真を撮ったように止まったことがあった。単に止まったのというのは少し違う。慣性の法則を無視してピタ…

住宅街(フリー素材)

入れ替わった兄

小学校に上がる前だと思う。ある朝、目を覚ますと隣で寝ている兄以外、家の中に人の気配が無かった。家中を見て回るが、誰も居ない。不安になって兄を起こそうと声を掛け、…

ダム

迷い込んだ農家

以前付き合っていた霊感の強い女性から聞いた話。「これまで色んな霊体験してきて、洒落にならんくらい怖い目にあったことってないの?」と尋ねたら教えてくれた。俺が聞き伝えでこ…

団地(フリー写真)

ずれた世界

母がまだ幼い頃、ある団地に住んでいた時の話。一番上の姉(伯母)と母が外で遊ぼうと階段を降りて行くと、一階の団地の入口に見知らぬおばさんが居た。その団地には、郵便受けが…

異世界村(長編)

自分の体験した少し現実味のない話です。自分自身、この事は今まで誰にもしたことがないし、これからも話すつもりはありません。それにこの書き込み以降、僕が他人と話ができる状況…

トンネル

帰らない友人

うちの近くに、背の高い草が茫々に生い茂った空き地がある。陽の光が当たり難いだけでなく、元から妙に薄暗いため、非常に不気味な場所だ。そんな場所は、やはり小中学生には格好の…