ラッキーコール

疑問符

私は工務店に勤めておりまして、3年程前にある幼稚園までバスの車庫を修理に行った時の事です。

その幼稚園はお寺が経営していまして、車庫は園舎を横に抜けた本堂裏の広場にありました。

その広場は真ん中をバスが通るために何も無く、邪魔にならない端の方にコンクリートをおわん型に固めた直径3メートル位の遊具がある程度でした。

朝8時半くらいに幼稚園に到着すると車庫の側にトラックを停め、風で剥がれてしまったトタン屋根を直すべく準備を始めました。

軒先下に足場を作り、さてトラックから屋根材を持って来ようと振り返ると、遊具の所に10人程の園児が集まっています。

幼稚園や小学校で作業をしていると、物珍しさに子供たちが集まって見ているというのはよくある事です。

遊具から車庫までは距離があるので危険は無いだろうと考え、足場の上に上がった時の事です。

「らぁっきぃーーー、らぁっきぃーーー」

背後から園児たちの声が聞こえました。

舌足らずで、間延びした声です。

「らぁっきぃーーー、らぁっきぃーーー」

それは一人だけのものではありません。

その場にいる園児たち全員が声を合わせているのでしょうか。

何事だろうと振り返ると、声がピタッと止まりました。

何かの遊びなんだろうかと思いつつ、また作業に取り掛かると、また「ラッキー」の連呼が始まります。

「らぁっきぃーーー、らぁっきぃーーー」

来る途中、幼稚園の庭に犬小屋があるのが見えましたから、飼っている犬でも呼んでいるんだろうと思いました。

でも遊具の方を振り返ると、またピタッと「ラッキー」コールが止みます。

周囲を見回してみましたが、その手のものは見当たりません。

おかしな遊びがあるものだと妙な違和感を感じつつ、手元に目をやると、また園児達の「ラッキー」コールが始まります。

「らぁっきぃーーー、らぁっきぃーーー」

振り返ると、止まる。

また作業に戻ると、

「らぁっきぃーーー、らぁっきぃーーー」

また始まる。

…どうも私がそちらを向いていない間はコールを続け、振り返るのを合図にコールを止めるようなルールにでもなっているんでしょうか。

10秒おきくらいに振り返って見ると、本当にその通りになっていました。

何度も繰り返していて気が付いたのですが、振り返ると遊具の上に座り込んだ園児たちは何事も無かったかのように、思い思いにあちこちの方向に視線を飛ばしています。

しかし、誰一人としてこちらを見ていません。

まるで振り返った私から目を逸らしているみたいに。

それに気が付いて背中に寒気が走りました。

何か自分が見ていない間にだけ呪文を唱えるように繰り返される「ラッキー」コールに、私の方を見ようとしない園児達。

それに何か異質なものを感じ、振り返るのが怖くなりました。

やがて始業のチャイムが鳴り、園児たちは遊具を飛び降りて園舎へ戻って行きましたが、あの園児達の行動は一体何だったのでしょうか?

抽象画

息子を迎えに来ますからね

知人のおばあさんは我が強くて恐い人だけど、自分の母親の話をする時だけは顔つきが穏やかになる。その人から聞いた昔話が原因の出来事。 ※ そのおばあさんの母親(仮にAさんとする)は、お…

忌箱(長編)

これは高校3年の時の話。俺の住んでた地方は田舎で、遊び場がなかったんで近所の廃神社が遊び場というか、溜まり場になってたんだよね。そこへはいつも多い時は7人、少ない時は3…

オオカミ様のお堂(宮大工1)

俺が宮大工見習いをしてた時の話。大分仕事を覚えてきた時、普段は誰も居ない山奥の古神社の修繕をする仕事が入った。だが親方や兄弟子は同時期に入ってきた地元の大神社の修繕で手…

住宅街(フリー写真)

ヤクルトをくれるお婆さん

あれは俺が小学4年生の時でした。当時、俺は朝刊の新聞配達をしていました。その中の一軒に、毎朝玄関先を掃除しているお婆さんが居ました。そのお婆さんは毎朝、俺が …

山道(フリー写真)

地図に無い土地

仕事場へ行くのに便利な山道があり、そこをバイクで通っていた時の話。山道の途中に小さな集落があって、暫く行くとこんもりとした丘上になっている山があった。何気に山道からそ…

京都のお寺(フリー写真)

ミルクキャラメル

小学1年生の頃、よく自分の家のお墓があるお寺で一人遊んでいた。池の鯉を見たり、お寺に飼われていた猫のミケと遊ぶのが楽しかった。じいちゃんのお墓参りをして、周りに生えて…

並行宇宙

亡くなったはずの転校生

幼稚園の頃、同級の子が車に撥ねられて死にました。それから月日が経ち、小学校4年の時に、そいつが転校生として私のクラスにやって来たので面食らった。幼稚園の時に同級だった内…

さっきの子

今年の夏休み、大学の友達と3人で四国へ旅行に行った時の話。ナビも付いていないオンボロ車で、山中で迷ってしまい、どうにか国道に出る道を探し回っていた。辺りも薄暗くなってき…

鳥居(フリー素材)

カキタ様

俺が田舎に転校していた頃の話。俺の家庭は当時ごたごたしていてさ。それが理由で学校とか行きづらくなっちゃって。友達は「気にすんなよ、一緒に遊ぼうぜ」と言ってくれるんだけど…

ヒサルキで思い出した体験談

あれは私が小学校4年生くらいの頃だった。私が通っていた小学校は全校生徒40人弱と過疎化が進んでいる田舎の学校で、とにかく周りは山や段々畑ばかりで、コンビニなんて学校から10キロ…