ひとりおしゃべり

公開日: 不思議な体験 | 心霊体験

枕(フリー写真)

「ひとりおしゃべり」というものをご存知でしょうか。

降霊術の一つだそうで、椅子を二つ用意して片方に座り、もう一つの空いた椅子に向かっておしゃべりを続けると霊が出るというものです。

これに似たことをしてしまい、本当に霊の存在を感じたある出来事を書かせていただきます。

当時、私は病院の栄養士をしていました。

始発に飛び乗って職場へ向かい、帰りは夕方なんてことがしょっちゅうで、休みもろくに取れずの肉体労働で、かなりハードな職場でした。

あまりにストレスが溜まるので、職場の同僚は20代前半で胃カメラを飲む子が殆ど。

なので、休日は寝て過ごす時が多く、友人知人と遊びに出かけることも激減して行きました。

そんなある日、ふと寂しさからか、寝る準備をして布団に入ってから一人で誰に語るでもなくおしゃべりを始めました。

その日は『明日もまた4時起きで仕事だし寝よう』と床に就きました。

翌日も仕事から帰ってあれやこれやして布団に入ってから、また誰に話すでもなく独り言を続けました。

そんなことを数日続けたある晩、また同じように喋ってから眠りに就こうと目を瞑ると、布団の左側に気配がしました。

目を開けても誰も居ない。しかし目を瞑ると誰かが見下ろしているんです。

気味が悪くて、仰向けに上を向く体勢で眠ることが出来ず、顎を思い切り引いて下を向きながら眠りに就きました。

これが一ヶ月くらい続きました。

別段、金縛りに遭う訳ではないので、一ヶ月も経てば気にならなくなってきました。

そんな時に事が起こりました。

うつらうつらしながら、いつも見下ろされているように感じる側を背にして眠っていました。

すると急に金縛りに遭い、何故か両脇に手を差し込まれる感覚がしたのです。

部屋は鍵がかかっている訳で、誰かが入り込んだ形跡もないのに、一体誰がそんなことをするのか…。

金縛りに遭ったまま気が付くと眠ってしまっていました。

結局、見下ろされている→金縛り→脇腹に手を差し込まれるという現象は引っ越すまで続きました。

あれはストレスから来た何かなのか、病院から誰かが憑いてきてしまったのか、それともおしゃべりが原因なのか。

今だに不思議で仕方がありません。

消防隊員(フリー写真)

見知らぬお婆さん

もう15年も前の話。当時、俺は小田急線の経堂に住んでいて、夜中に城山通り沿いのコンビニまで夜食を買いに行った。自転車で城山通りを走っていて、コンビニ近くのバイク屋の前を…

病院(フリー写真)

深夜病棟での心霊体験

私の兄は、神奈川県の某老人病院で看護士をしている。その病院では、夜中に誰も乗っていないエレベーターが突然動き出したりなど、如何にも病院らしい話がよくあるとの事。その兄が…

電話

ダレモイナイヨ

ある年の夏の終わり頃の事でした。私が住宅街の中にポツンとあるカフェバーで働いていた時の話です。その店はあまりお客も来ず、私と友人達の恰好の溜り場となっていました。 …

生贄様

数十年前、曾爺さんから聞いた大正末期の頃の話。私の故郷の村には生贄様という風習があった。生贄様というのは神様に捧げられる神様の事で、家畜の中から選ばれる。月曜日…

裏世界

不思議な記憶というか、今でも鮮明に覚えている記憶。小学5年生の夏休み、家の裏手にある大きなグラウンドで、夏休みの自由研究である「身近にいる昆虫リスト」を作っていた。する…

プラットフォーム(フリー素材)

プラットフォームの死神

小学生の時の事なので思い違いかもしれないけど、謎だった体験。家族と出掛けた帰り、確か夜の21時頃に、駅のホームで電車を待っていた。ホームには他にも少数の人が居て、少し離…

階段(フリー写真)

ソマコ

学生の時に体験した話。授業後にサークル仲間4人とクラブハウスでダベっていたのだが、夏だったせいかいつの間にか怪談話になっていた。ただどれもこれも有り触れた持ちネタばかり…

瀬泊まり

小学校の頃、キャンプで夜の肝試しの前に先生がしてくれた怪談。先生は釣りが好きで、土日などよく暗い内に瀬渡しの船に乗り、瀬に降り立って明るくなり始める早朝から釣りをしていたそうな…

鮒おじさん

小学校4年生の夏休みの事で、今でもよく覚えている。川と古墳の堀を繋いでいる細い用水路があって、そこで一人で鮒釣りをしてたんだ。15時頃から始めたんだけど、いつになく沢山…

人形釣った

俺は東京で働いていて家庭を持ってたんだが、2年前からちょっとキツイ病気になって、入退院を繰り返した挙句会社をクビにされた。これが主な原因なんだが、その他にもあれこれあって女房と…