幽霊が見える祖母の話

公開日: ほんのり怖い話 | 心霊体験

お婆さんの腕(フリー写真)

俺の婆ちゃんの話。

婆ちゃんは不思議な人で、昔から俺だけに、

「お婆ちゃんは幽霊が見えるとよ。誰にも言っちゃいかんけんね」

と言っていた。

実際に俺が霊体験をした訳ではないが、婆ちゃんの話は印象に残っている。

婆ちゃんが幽霊が見えるようになったのは結構大人になってからで、15歳の時だったらしい。

婆ちゃんはもともと福岡に住んでいて、福岡大空襲の後に見えるようになったそうだ。

空襲が終わった後、周りは一面の焼け野原。

婆ちゃんの両親も亡くなって、これからどうしようと途方に暮れていた時、一人の大怪我した男の人を見つけたそうだ。

急いで近付いたけれども、どう考えても生きていられるような傷ではなかった。

両腕は吹っ飛んで脳みそははみ出ているのに、

「痛い、痛いー、おとうさーん、お母さーん」

とずっと泣き叫んでいた。

婆ちゃんは体を掴もうとするが何故か掴めない。話しかけても反応しない。

そのうち婆ちゃんも怖くなり、走って逃げたらしい。

その日から婆ちゃんは幽霊が見え始めたと言っていた。

外を見れば、体中から血を噴出してのた打ち回っている人や、焼け爛れた体でひたすら助けを求める人、頭が無いのに動いている人。

最初は地獄だったと言っていた。

空襲が終わった後、どうにか親戚に身を寄せることが決まっても、幽霊は見え続けたらしい。

でもそれは絶対言えなかった。幽霊が見えるなんて言ったら頭がどうかしていると思われる時代だったらしい。

ただ婆ちゃんもなかなか強い女で、段々幽霊も見慣れてきたらしい。

足が無かろうが頭が吹っ飛んでいようが、あまり怖くなくなったそうだ。

婆ちゃんいわく、幽霊というのは知らん振りすればあまり関わってこないらしい。

下手に近付く方が危ないのだと、初めて見た頭が吹っ飛んでいる人にも相当長い間付きまとわれたらしい。

そんなある日、大分町並みもまともになってきた頃、婆ちゃんは一人の知り合いの男の子を見つけたそうだ。

その子は近所に住んでいた子で、よく遊んであげていた。

でも、本当は死んでいるはずの男の子だった。

両腕が無くなっていて痛々しい姿で、婆ちゃんを見ると

「お姉ちゃーん!!」

と大きな声で叫んだ後、にっこり笑って呼んでいたらしい。

でも幽霊の怖さを知り始めた婆ちゃんは、知らん振りし続けたそうだ。

それでもそこを通る度、絶対返事をしない婆ちゃんに向かって

「お姉ちゃーん」

と叫び続けたらしい。

「幽霊が見えるようになって随分経つけど、あの子はまだあそこに居るんだろうね」

と、婆ちゃんは寂しそうに俺に言った。

呪われた土地

俺の親友の話をしたいと思う。小4の頃にそいつ(以下H)の親が二階建ての大きな家を建てた。建設業を営むHの父親が建てた立派な外観のその家は、当時団地住まいだった俺にとって…

夜の病院(フリー背景素材)

深夜病棟の見廻り

3年程前の話です。私は地方の総合病院で看護師をしていました。準夜勤で消灯の準備をしていた時のことです。消灯の前には病室だけでなく、病棟全体を見廻る決まりでした。…

ザキか?

ザキか? ザキなのか?実話です。小学生の時、友達の先輩に、ザキを使える人がいたらしいです。本人も怖くて封印しているそうなんですが、その友達が夕方先輩の家に遊びに行った時…

中身はミンチ

Nさんは、鋼材関係の専門の現場作業員だ。会社勤めではないが、色々と資格を持っているおかげで、大手企業の下請けや手伝いをやっている。人集めを任されることもあるが、そんな時…

母からの手紙

息子が高校に入学してすぐ、母がいなくなった。「母さんは父さんとお前を捨てたんだ」父が言うには、母には数年前から外に恋人がいたそうだ。落ち込んでいる父の姿を見て、…

立ち入り禁止の波止場

友達の怖い話。仮にK君としよう。彼は沖縄出身で、若い頃は結構やんちゃなやつ。「本当におばけなんかいるのか? じゃあ、試してみよう」なんて言うやつだった。例えば夜…

星を見る少女

夜、アパートに住んでいる青年がふと外を見ると、向かいのアパートのベランダに人がいる。背格好からすると少女だろうか。少女はどうやら、空を見上げているらしかった。なんとなく…

ペンタブレット(フリー写真)

アシスタントの現場で

4年程前、某マイナー系の雑誌でそこそこに人気のあった漫画家さんの所へ、3日間という契約でアシスタントをしに行った時の話です。引っ越したばかりの、狭いながらも新築で清潔そうなマン…

寮

オッサン管理人

ホラー映画を観たり怖い話を聞いたりするのは大好きだけど、自分がそういう体験をするのは絶対嫌だと言う友人から聞いた話です。 ※ 10年くらい前の話。当時、友人は会社の社員寮や…

今日でお別れかな

もう10年以上前の話だが、とある県の24時間サウナで意気投合した男の話。結婚を考えていた女性がいた。ある日の晩、一緒に繁華街で遅い晩飯を済ませ軽く呑んだ後、彼女をタクシ…