幽霊が見える祖母の話

公開日: ほんのり怖い話 | 心霊体験

お婆さんの腕(フリー写真)

俺の婆ちゃんの話。

婆ちゃんは不思議な人で、昔から俺だけに、

「お婆ちゃんは幽霊が見えるとよ。誰にも言っちゃいかんけんね」

と言っていた。

実際に俺が霊体験をした訳ではないが、婆ちゃんの話は印象に残っている。

婆ちゃんが幽霊が見えるようになったのは結構大人になってからで、15歳の時だったらしい。

婆ちゃんはもともと福岡に住んでいて、福岡大空襲の後に見えるようになったそうだ。

空襲が終わった後、周りは一面の焼け野原。

婆ちゃんの両親も亡くなって、これからどうしようと途方に暮れていた時、一人の大怪我した男の人を見つけたそうだ。

急いで近付いたけれども、どう考えても生きていられるような傷ではなかった。

両腕は吹っ飛んで脳みそははみ出ているのに、

「痛い、痛いー、おとうさーん、お母さーん」

とずっと泣き叫んでいた。

婆ちゃんは体を掴もうとするが何故か掴めない。話しかけても反応しない。

そのうち婆ちゃんも怖くなり、走って逃げたらしい。

その日から婆ちゃんは幽霊が見え始めたと言っていた。

外を見れば、体中から血を噴出してのた打ち回っている人や、焼け爛れた体でひたすら助けを求める人、頭が無いのに動いている人。

最初は地獄だったと言っていた。

空襲が終わった後、どうにか親戚に身を寄せることが決まっても、幽霊は見え続けたらしい。

でもそれは絶対言えなかった。幽霊が見えるなんて言ったら頭がどうかしていると思われる時代だったらしい。

ただ婆ちゃんもなかなか強い女で、段々幽霊も見慣れてきたらしい。

足が無かろうが頭が吹っ飛んでいようが、あまり怖くなくなったそうだ。

婆ちゃんいわく、幽霊というのは知らん振りすればあまり関わってこないらしい。

下手に近付く方が危ないのだと、初めて見た頭が吹っ飛んでいる人にも相当長い間付きまとわれたらしい。

そんなある日、大分町並みもまともになってきた頃、婆ちゃんは一人の知り合いの男の子を見つけたそうだ。

その子は近所に住んでいた子で、よく遊んであげていた。

でも、本当は死んでいるはずの男の子だった。

両腕が無くなっていて痛々しい姿で、婆ちゃんを見ると

「お姉ちゃーん!!」

と大きな声で叫んだ後、にっこり笑って呼んでいたらしい。

でも幽霊の怖さを知り始めた婆ちゃんは、知らん振りし続けたそうだ。

それでもそこを通る度、絶対返事をしない婆ちゃんに向かって

「お姉ちゃーん」

と叫び続けたらしい。

「幽霊が見えるようになって随分経つけど、あの子はまだあそこに居るんだろうね」

と、婆ちゃんは寂しそうに俺に言った。

長袖の下に

小学校の時に転校してきた奴で、少し変わった奴がいた。 家はやや貧乏そうで、親父さんがいないみたいだった。 お袋さんは2、3回見たことがあるけど優しそうで普通に明るい人だった…

狐(フリー画像)

狐の加護を受ける家系

自分の家には、呪いと言うよりは加護みたいなものがあるらしい。 その内容は、何故か取引相手や仕事仲間が事故に遭わなくなったり、病気が治ったり出世したり、良縁に恵まれたりするというも…

旅館(フリー素材)

お気遣い

私は趣味で写真を撮っています。 主に風景ばかりで、休みが取れた時は各地を回っているのですが、その時に宿泊した民宿での体験です。 ※ その日、九州の方に行っていたのですが、天候…

旅館の求人

丁度2年くらい前のことです。旅行に行きたいのでバイトを探してた時の事です。 暑い日が続いていて、汗をかきながら求人を捲っては電話してました。 ところが、何故かどこもかしこも…

尾崎豊さん

私の部屋にはよく夜中に霊が来ます。その時は必ず透けて見えます。 たまに映画のスクリーンのようにその霊にまつわるだろう景色も一緒に見えるのですが、何年か前にある男の人が現れました。…

お婆さんの手(フリー写真)

差し出された手

これはある寝苦しい晩に体験した出来事です。 その日、猛暑と仕事で疲れていた私は、いつもより早目の21時頃に、子供と一緒に就寝することにしました。 疲れていたのですぐ寝入るこ…

後悔

今日ここで、私が9年前から苦しめられ続けている後悔と恐怖の記憶を、この話を見た人にほんの少しづつ、持って行ってもらえれば良いなと思い、ここにこうして書かせてもらいます。 実際に何…

マスク(フリーイラスト)

空白の友人

偶に記憶の空白が訪れる。 正確に言うと、「気付いたらいつの間にか数時間が経過していた。そして、ついさっきまで自分が何をしていたのかが判らない」というものなんだけど。 まあ、…

訪ねて来た友人

俺が幼少時に体験した話を一つ。 多分、俺が10歳くらいの時だと思う。 家族5人で飯を食っているときに電話がかかってきた。 最初母さんが出たんだけど、すぐに父さんに電話…

材木(フリー写真)

合いの手

俺の親父が若い時分に、山から材木を切り出す仕事をしていた頃の話。 飯場と呼ばれる山の中の宿舎で、他の作業員と寝起きを共にする仕事だったそうだ。 その中に民謡のとても上手い…