幽霊が見える祖母の話

公開日: ほんのり怖い話 | 心霊体験

お婆さんの腕(フリー写真)

俺の婆ちゃんの話。

婆ちゃんは不思議な人で、昔から俺だけに、

「お婆ちゃんは幽霊が見えるとよ。誰にも言っちゃいかんけんね」

と言っていた。

実際に俺が霊体験をした訳ではないが、婆ちゃんの話は印象に残っている。

婆ちゃんが幽霊が見えるようになったのは結構大人になってからで、15歳の時だったらしい。

婆ちゃんはもともと福岡に住んでいて、福岡大空襲の後に見えるようになったそうだ。

空襲が終わった後、周りは一面の焼け野原。

婆ちゃんの両親も亡くなって、これからどうしようと途方に暮れていた時、一人の大怪我した男の人を見つけたそうだ。

急いで近付いたけれども、どう考えても生きていられるような傷ではなかった。

両腕は吹っ飛んで脳みそははみ出ているのに、

「痛い、痛いー、おとうさーん、お母さーん」

とずっと泣き叫んでいた。

婆ちゃんは体を掴もうとするが何故か掴めない。話しかけても反応しない。

そのうち婆ちゃんも怖くなり、走って逃げたらしい。

その日から婆ちゃんは幽霊が見え始めたと言っていた。

外を見れば、体中から血を噴出してのた打ち回っている人や、焼け爛れた体でひたすら助けを求める人、頭が無いのに動いている人。

最初は地獄だったと言っていた。

空襲が終わった後、どうにか親戚に身を寄せることが決まっても、幽霊は見え続けたらしい。

でもそれは絶対言えなかった。幽霊が見えるなんて言ったら頭がどうかしていると思われる時代だったらしい。

ただ婆ちゃんもなかなか強い女で、段々幽霊も見慣れてきたらしい。

足が無かろうが頭が吹っ飛んでいようが、あまり怖くなくなったそうだ。

婆ちゃんいわく、幽霊というのは知らん振りすればあまり関わってこないらしい。

下手に近付く方が危ないのだと、初めて見た頭が吹っ飛んでいる人にも相当長い間付きまとわれたらしい。

そんなある日、大分町並みもまともになってきた頃、婆ちゃんは一人の知り合いの男の子を見つけたそうだ。

その子は近所に住んでいた子で、よく遊んであげていた。

でも、本当は死んでいるはずの男の子だった。

両腕が無くなっていて痛々しい姿で、婆ちゃんを見ると

「お姉ちゃーん!!」

と大きな声で叫んだ後、にっこり笑って呼んでいたらしい。

でも幽霊の怖さを知り始めた婆ちゃんは、知らん振りし続けたそうだ。

それでもそこを通る度、絶対返事をしない婆ちゃんに向かって

「お姉ちゃーん」

と叫び続けたらしい。

「幽霊が見えるようになって随分経つけど、あの子はまだあそこに居るんだろうね」

と、婆ちゃんは寂しそうに俺に言った。

犬(フリー写真)

愛犬の不思議な話

小学生の頃、ムギという名前の茶色い雑種犬を飼っていた。 家の前をウロウロしていたのを父が拾ったのだ。その時は既に成犬だった。 鼻の周りが薄っすらと白い毛に覆われていたので、…

廃墟でサバゲー

夏の終わりの頃の話。 その日は会社の夏休み最終日ということもあり、仲の良い8人を集め地元の廃墟でサバゲーをすることにしたんだ。 午前中に集まって、とことんゲームをしようと決…

星を見る少女

夜、アパートに住んでいる青年がふと外を見ると、向かいのアパートのベランダに人がいる。 背格好からすると少女だろうか。少女はどうやら、空を見上げているらしかった。 なんとなく…

いつもの男性

オカルトではないかもしれませんが実体験話を一つ。 数年前に大学を卒業して某証券会社に就職しまして、福岡に赴任していた時の話です。 会社の借り上げのマンションが市の中心部にあ…

手(フリー写真)

死者の夢

俺の友人Aは、小さい頃から長い休みになると毎回父方の田舎に一人で帰省していた。 Aが中学2年生の時、数日前から体調を崩して寝込んでいた爺ちゃんが、Aと叔母さん(A父の姉)にこん…

峠

イキバタ

友人は「俺って社会不適合者だよね!」と笑いながらタバコを吸う。 現在高校生やり直し中の通称「イキバタ」さん。行き当たりばったりを略しての渾名らしい。 俺はもう卒業したのだが…

白い日傘

今から3年ぐらい前の話になります。 僕は内装工事関係の仕事をしているのですが、その会社の社長と僕と同僚の計4人で仕事が暇になると、よくスキーに行ってました。 僕達の会社は名…

変なタクシー

昨日、ひどく恐ろしい体験をしました。 便宜上昨日と言いましたが、実際は日付が変わって本日の午前1時過ぎのこと。 残業のため終電で帰ってきた私は、家の近くまで走っているバスが…

高校の修学旅行で泊まった宿が海沿いの部屋だったんだ。 6人部屋で、消灯過ぎても遊ぶじゃん。 そしたら寝落ちした奴の枕元に女が居んの。枕元でジーっと寝落ちした奴の顔見てた。 …

差し込む光(フリー写真)

井戸の女性

伯父に聞いた戦時中の話です。 実家は長崎にあるのですが、伯父は原爆が投下された時には少し離れた市の親戚の家に居たので無事でした。 戦争が終わり、暫くして実家に戻ると、家の裏…