幽霊が見える祖母の話

公開日: ほんのり怖い話 | 心霊体験

お婆さんの腕(フリー写真)

俺の婆ちゃんの話。

婆ちゃんは不思議な人で、昔から俺だけに、

「お婆ちゃんは幽霊が見えるとよ。誰にも言っちゃいかんけんね」

と言っていた。

実際に俺が霊体験をした訳ではないが、婆ちゃんの話は印象に残っている。

婆ちゃんが幽霊が見えるようになったのは結構大人になってからで、15歳の時だったらしい。

婆ちゃんはもともと福岡に住んでいて、福岡大空襲の後に見えるようになったそうだ。

空襲が終わった後、周りは一面の焼け野原。

婆ちゃんの両親も亡くなって、これからどうしようと途方に暮れていた時、一人の大怪我した男の人を見つけたそうだ。

急いで近付いたけれども、どう考えても生きていられるような傷ではなかった。

両腕は吹っ飛んで脳みそははみ出ているのに、

「痛い、痛いー、おとうさーん、お母さーん」

とずっと泣き叫んでいた。

婆ちゃんは体を掴もうとするが何故か掴めない。話しかけても反応しない。

そのうち婆ちゃんも怖くなり、走って逃げたらしい。

その日から婆ちゃんは幽霊が見え始めたと言っていた。

外を見れば、体中から血を噴出してのた打ち回っている人や、焼け爛れた体でひたすら助けを求める人、頭が無いのに動いている人。

最初は地獄だったと言っていた。

空襲が終わった後、どうにか親戚に身を寄せることが決まっても、幽霊は見え続けたらしい。

でもそれは絶対言えなかった。幽霊が見えるなんて言ったら頭がどうかしていると思われる時代だったらしい。

ただ婆ちゃんもなかなか強い女で、段々幽霊も見慣れてきたらしい。

足が無かろうが頭が吹っ飛んでいようが、あまり怖くなくなったそうだ。

婆ちゃんいわく、幽霊というのは知らん振りすればあまり関わってこないらしい。

下手に近付く方が危ないのだと、初めて見た頭が吹っ飛んでいる人にも相当長い間付きまとわれたらしい。

そんなある日、大分町並みもまともになってきた頃、婆ちゃんは一人の知り合いの男の子を見つけたそうだ。

その子は近所に住んでいた子で、よく遊んであげていた。

でも、本当は死んでいるはずの男の子だった。

両腕が無くなっていて痛々しい姿で、婆ちゃんを見ると

「お姉ちゃーん!!」

と大きな声で叫んだ後、にっこり笑って呼んでいたらしい。

でも幽霊の怖さを知り始めた婆ちゃんは、知らん振りし続けたそうだ。

それでもそこを通る度、絶対返事をしない婆ちゃんに向かって

「お姉ちゃーん」

と叫び続けたらしい。

「幽霊が見えるようになって随分経つけど、あの子はまだあそこに居るんだろうね」

と、婆ちゃんは寂しそうに俺に言った。

マスク(フリーイラスト)

空白の友人

偶に記憶の空白が訪れる。 正確に言うと、「気付いたらいつの間にか数時間が経過していた。そして、ついさっきまで自分が何をしていたのかが判らない」というものなんだけど。 まあ、…

ヨット(フリー写真)

赤い目

親父が酒の席で怖い話となると毎回話す体験談を一つ。 今から25年程前、親父が30代前半の頃の話。 ※ 親父はヨットが趣味なのだが、当時はまだ自分のヨットを持っておら…

ワンピースを着た綺麗な女性

以前、遠距離恋愛をしていた。彼女は関西、俺は東京に住んでいた。 9月の三連休、知人に車を借りて彼女に会いに行くことになった。 会社での仕事を終えて、夜の23時くらいに東京を…

犬(フリー画像)

愛犬との最期のお別れ

私が飼っていた犬(やむこ・あだ名)の話です。 中学生の頃、父の知り合いの家で生まれたのを見に行き、とても可愛かったので即連れて帰りました。 学校から帰ると毎日散歩に連れ出し…

タクシー(フリー写真)

契約書の拇印

俺の親父の話を書きます。 親父はタクシーの運転手をしています。 夜中2時を過ぎた頃だったそうです。40代くらいの一人の男性が病院から乗って来ました。 行き先は違う近…

枕(フリー写真)

ひとりおしゃべり

「ひとりおしゃべり」というものをご存知でしょうか。 降霊術の一つだそうで、椅子を二つ用意して片方に座り、もう一つの空いた椅子に向かっておしゃべりを続けると霊が出るというものです…

ファミレスのバイト

ファミレスでの俺のシフトは、普段は週3日で17時~22時と日曜の昼間。 肝試し帰りの客の一人が、憑いて来た霊らしきものを勝手に店に置いて行った後での出来事。 ※ マネージャー…

自動ドアが認識しない人間

大学二年の夏休みに入る少し前からだったかな…。 コンビニやらスーパーやらの入り口、とにかく全ての自動ドアが俺に反応しなくなった事があった。 それまでは普通に入ることの出来て…

峠の道

道連れ

夏のある日、二組のカップルが海水浴に出かけました。 仮にA君、A君の彼女、B君、B君の彼女とします。 A君はバイクを持っていたので一人で乗り、B君は車を持っていたので残りの…

狐(フリー画像)

狐の加護を受ける家系

自分の家には、呪いと言うよりは加護みたいなものがあるらしい。 その内容は、何故か取引相手や仕事仲間が事故に遭わなくなったり、病気が治ったり出世したり、良縁に恵まれたりするというも…