アシスタントの現場で

ペンタブレット(フリー写真)

4年程前、某マイナー系の雑誌でそこそこに人気のあった漫画家さんの所へ、3日間という契約でアシスタントをしに行った時の話です。

引っ越したばかりの、狭いながらも新築で清潔そうなマンションでした。

その漫画家先生も修羅場の割には穏やかだし、先輩のアシスタントも気さくで良い人たちで、とても気持ち良く仕事が出来ました。2日目の夜までは。

2日目の夜。皆で眠い目と脳を熱い日本茶で覚ましつつ、少し休憩していた時のことです。

誰かがその部屋に元から付いているという有線を点け、ちょっと懐かしめの歌が聴けるチャンネルに合わせました。

皆疲れているので、無言でそれを聴いていました。

すると、音が大きくなったり、雑音混じりに小さくなったり…。

「かえって気になって仕事にならないね」

と漫画家先生が消しに立ち上がった瞬間、

「てすと」

と、滑舌の良いはっきりした子供の声がしたのです。

全員が驚いて漫画家先生の方を見ましたが、先生は首を振るだけ。

「聞こえたよね?」

と誰かが言うと、

「混線したんじゃない?」

と誰かが答え、先生は有線を消し、皆で仕事に戻りました。

それから緊張の続く中、1時間ほど作業をしていると、今度は天井の方から

「てすと」

というさっきと同じ声がして、続けざまに、隣に座っていた先輩アシスタントの後ろの壁、私の足元に同じ声が…。

それでも手は離せない私たちアシスタントは、震える手を無理に押さえて、叫びたいのを我慢して仕事をしていました。

暫く間が空いて、またあの声が聞こえました。

それと同時に、先生が悲鳴を上げて飛び上がりました。

「肩に抱きついてる!」

先生は懸命に背中のモノを振り払おうとしましたが、それでもその最中に

「てすと」

という滑舌の良い子供の声が、先生の方から何度も聞こえました。

生まれて初めてそういうモノを見た私は、恥ずかしながら気絶をしてしまったようで、その後の騒動は覚えていません。

目が覚めると、他のアシスタントたちは何も無かったかのように、電話の応対をしていたり朝食を作ったりしていましたが、先生は寝室から出て来ませんでした。

ちなみに私のギャラは、ちゃんと日払いで戴きました(笑)。

ただ、その先生はその号の原稿を落としただけではなく、そのまま連載も休載から打ち切りになり、最近では見かけなくなりました。

あの先生もアシスタントの皆も、無事に過ごしていますように。

関連記事

ベランダの女

俺が小学4年生の時の実体験。俺が初めて学校をサボった時の話です。親にばれると怒られるのは目に見えていたから、学校に行くふりをして家の近くで時間を潰した。姉貴と両親が出か…

発見した遺体

数年前、森の中を歩いていたとき、とっても甘い香りを嗅いだんだ。今まで嗅いだことがないほど甘い香りで、どこから漂ってくるのか突き止めたくなった僕は、その辺りの草むらを探ってみた。…

最後の疑問

最近友人は 2ヶ月間タイに行ってきた。まあ、日本円で千円も出せば一泊できるような安宿に泊まったらしい。どこの国でもそうなのかも知れないが、やはり日本人旅行者は狙われる。…

下心

これは7年ぐらい前の話です。高校卒業後、就職して初めての一人暮らし。実家から徒歩30分程度の所で、まったく土地勘がない場所じゃなかった。一人暮らしを始めて3ヶ月…

学校(フリー写真)

霊感教師と霊感生徒

俺の母は小学校の教師をしている。霊感があり、赴任先によっては肉体的にかなりキツかったらしい。 ※ 10年前に4年生のクラスを担任した時、かなりの霊感を持つ女生徒Aと出会った…

子供の手(フリー写真)

帰って来た子供

町の外れに、ある夫婦が住んでいました。その夫婦にはまだ幼い子供が居ました。 ※ ある日の事です。外で遊んでいた子供が、泣きながら家に帰って来ました。母親が心…

中古のナビ

8年くらい前の体験を書いてみるよ。中古車屋で店長をやってるダチがいるんだけど、そいつから中古のナビを安く買ったんだ。ちゃんと名の知れたメーカーの、後付けでダッシュボード…

心霊写真

心霊写真といっても色々とある。光や顔が写り込んでいるもの。体の一部が消えているもの。体が変色しているもの…。これらの写真はプロのカメラマンから見ると、レ…

麻雀(フリー写真)

曰く付きの大学寮

今から8年前の5月のお話。当時は大学の寮に住んでいたのだけど、その寮は凄かった。古戦場の近くで、その関係のお寺が近所にあり、更に寮の隣の竹林には首塚があった。俺…

ざわつき声の正体

高校を卒業し、進学して一人暮らしを始めたばかりの頃の話。ある夜、部屋でゲームをしていると、下の方から大勢の人がざわざわと騒ぐような声が聞こえてきた。俺は『下の階の人のと…